Google検索のペナルティを受ける原因や確認・解除方法について解説

アクセスアップ
  • Google検索のペナルティを受けるとどうなるの?
  • ペナルティの原因や調べ方や、ペナルティを受けないようにする方法を知りたいよ。
  • もしペナルティを受けたら解除方法を知りたいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

Googleペナルティとは

Googleペナルティとは、Googleが定める品質に関するガイドラインを違反しているWebサイトに課せられるペナルティのことをいいます。

Google Serch Consoleヘルプ「ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

ペナルティの内容

  • 検索結果の順位が大幅に下がる
  • インデックス削除(検索結果から消える)

Googleペナルティを受けると検索エンジン経由でのアクセスは見込めなくなるため、ビジネスでサイトを運営している方はお問い合わせ数や申し込み数の等の売上に直結するため死活問題となります。

 

Googleペナルティの原因

Googleペナルティを受ける原因は、大きく2つあります。

  • 低品質コンテンツ
  • 質の低いリンクがある

低品質コンテンツ

低品質コンテンツとは、ユーザーにとって価値のないコンテンツの事で、以下のようなページがサイトに存在すると、Googleペナルティを受けてしまいます。

  • 他サイトのコピペをしただけのコンテンツ
  • ツールで自動作成されたようなコンテンツ
  • 意味不明な文章が羅列したコンテンツ
  • 内容の薄いコンテンツ(記事の文字数が少なかったり、キーワードに対する答えが書いてない記事)

質の低いリンクがある

質の低いリンクとは、被リンクやリンク先ページの質が低い事を指し、以下に当てはまるものはGoogleペナルティを受けてしまいます。

  • 被リンクの自作・被リンクの購入
  • 質の低いサイトからの被リンク
  • リンクプログラムの参加(相互リンクツール)
  • 隠しテキスト・隠しリンク

被リンクは本来、Googleに評価してもらう上で重要な指標となるのですが、このような不自然なリンクを受けていたりするとペナルティの対象となってしまいます。

被リンクとは、外部のサイトから自分のメインサイトやブログに関連付けることをいいます。

 

Googleペナルティの種類

Googleのペナルティは「手動ペナルティ」と「自動ペナルティ」の2種類に分けられます。

  • 手動ペナルティ:Googleの担当者がサイトを直接確認した上で行うペナルティ
  • 自動ペナルティ:検索エンジンのアルゴリズムによって行われるペナルティ

 

ペナルティを受けたかどうか確認する方法

手動ペナルティを受けたかどうかを確認する方法

手動ペナルティを受けたかどうかは、以下の方法で確認できます。

  • Googleから警告メールが届く(Googleサーチコンソールに登録している必要があります)
  • Googleサーチコンソールの「手動による対策」から確認できます。

メールは見落とす事がありますので、心配な方はGoogleサーチコンソールで確認してみましょう。

自動ペナルティを受けたかどうかは自己判断

自動ペナルティを受けたかどうかを調べる方法は残念ながらありません。

Googleサーチコンソールの「手動による対策」で確認しても、「手動によるウェブスパム対策は見つかりませんでした。」というメッセージが表示されるだけで、それ以外の事は分かりません。

ですので、自動ペナルティを受けてしまったかどうかは、自己判断となります。自力でペナルティと思われる箇所を見つけ、サイトを改善しなければなりません。

 

ペナルティを受けた場合の解除方法

手動ペナルティの解除方法

手動ペナルティを受けた場合、警告メール、若しくはGoogleサーチコンソールでペナルティの内容が確認できますので、指摘を受けた場所を修正します。

解除の流れは以下の通りです。

  • Googleサーチコンソールの「手動による対策」からペナルティの内容を確認
  • ペナルティを修正後、「再審査リクエスト」から審査依頼をする
  • ペナルティの箇所が改善されたと判断されたら解除してくれる

改善していないと判断されたら再度修正して再審査リクエスト申請します。

ペナルティの解除期間
ペナルティの解除期間は、再審査リクエストを申請してから3日~8日程度で解除される場合が殆どですが、最悪、数ヶ月かかる場合もあります。

自動ペナルティの解除方法

自動ペナルティを受けたかどうかは、Googleサーチコンソールで確認できないので、手動ペナルティを受けていないのに「急激にアクセスが減ってしまった」、「検索順位が急落した」という現象が起きたら、「自動ペナルティを受けたのでは?」と疑った方が良いです。

もし、このような事が起こったら、以下の点を見直してみて下さい。

  • アフィリエイトリンクが多過ぎないかどうか
  • 悪質な被リンクを受けていないかどうか(悪意ある人が、サイトの順位を落とすために質の悪いサイトからリンクを張ることがあります。)

見直した後は何もしなくてもOK

自動ペナルティは、手動ペナルティのように再審査リクエストができません。

ですので、見直した後は待っていればGoogleのクローラーがWebサイトを確認しに来て、アルゴリズムが再処理した後、ペナルティが無いと判断されたら自動的に解除されます。

 

まとめ

以上、Google検索のペナルティを受けてしまう原因や、ペナルティの種類、ペナルティを受けてしまった場合の解除方法について解説しました。

ユーザーのためになるコンテンツを作成する事を常に意識して、アフィリエイト広告を貼り過ぎず、自作自演による被リンクで検索順位を上げようとしない限り、Googleからペナルティを受ける可能性は低いです。

ですので、ユーザーのためになる良質なコンテンツを作成し、階層構造やタイトルを最適化し、Googleから評価されやすいサイトにしながら、検索順位の上位表示を目指しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
アクセスアップ
クリエイトエクスプレス
トップへ戻る