【SEO】ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いとは

アクセスアップ
  • SEO対策の情報を調べていると、ホワイトハットSEOとかブラックハットSEOとか出てくるけど、これってどんな手法なの?
  • ホワイトハットSEOとブラックハットSEO違いを詳しく教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違い

SEO手法には、ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの2つの手法があります。

両者の違いは、Googleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)」に準拠しているか、していないかという違いがあります。

  • ホワイトハットSEO → ガイドラインに準拠している
  • ブラックハットSEO → ガイドラインに準拠していない

上記の説明ではなかなかピンときませんよね。

かみ砕いて説明すると、以下のような説明になります。

  • ホワイトハットSEO → 真面目にコンテンツを積み上げて、ゆっくりと検索順位の上位を目指す
  • ブラックハットSEO → 検索エンジンを欺いて、ペナルティ覚悟で上位表示したいサイトの順位を上げる

つまり、ホワイトハットSEOはガイドラインに準拠したコンテンツを真面目積み上げ、ゆっくりと検索上位を目指す手法となります。

一方、ブラックハットSEOは検索エンジンを欺く手法なので、バレた時は大幅な順位下落や、圏外に飛ばされる(インデックス削除)リスクが常に付きまうので、中長期的にサイトを運営する事を考えているなら止めた方が良いです。

以上、ざっくりとホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いを解説しましたが、両者の違いをさらに詳しくみていきましょう。

 

ホワイトハットSEOとは

ホワイトハットSEOとは、Googleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に準拠し、ユーザーの利便性を最優先に考えてサイトを構築するSEO手法のことを言います。

つまり、ペナルティを受けるような手法を使うことなく、質の高いコンテンツを作り、上位表示を目指すSEO手法です。

Google検索のペナルティの詳しい内容は「Google検索のペナルティを受ける原因や確認・解除方法について解説」を参考にして下さい。

ホワイトハットSEOの手法

ホワイトハットSEOはGoogleのガイドラインに準拠したSEO手法です。Googleが公表しているガイドラインは以下3つありますが、これらに準拠している必要があります。

上から2つは、サイト運営者であれば、ある程度目を通しておいた方が良いと思いますが、3つ目の「検索品質ガイドライン」は全編英語で、160ページ以上ありますので、これに目を通すのは厳しいと思います。

日本語訳されたものを読みたい方は「【SEO対策】Googleが重視する「E-A-T」とは?コンテンツの評価指標について解説」で案内していますので、こちらのページに移動して下さい。

Googleのガイドラインに準拠したコンテンツとは

ガイドラインに準拠したコンテンツとは、以下のようなコンテンツの事を言います。

  • 検索意図に沿ったコンテンツ
  • オリジナリティーのあるコンテンツ
  • 情報を網羅しているコンテンツ

上記のようなコンテンツに加えて、サイト内部のメタ情報が最適化され、構造化されており、それによる自然リンクが取得されたコンテンツがGoogleの求める「ガイドラインに準拠したコンテンツ」という事になります。

この文章だけ見てしまうとめちゃくちゃハードルが高そうに思えますが、一言でまとめると「ユーザーの役に立つ記事を書きましょう」という事ですので、あまり難しく考えなくても大丈夫です。

 

ブラックハットSEOとは

ブラックハットSEOとは、Googleのウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)に準拠しない、低品質なコンテンツの検索順位を不正な手法によって順位を上げようとするSEO手法のことです。

ブラックハットSEOの手法

ブラックハットSEOの手法は、Googleのウェブマスター向けガイドラインに以下のように一覧が記載されてます。

  • コンテンツの自動生成
  • リンク プログラムへの参加
  • オリジナルのコンテンツがほとんどまたはまったく存在しないページの作成
  • クローキング
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンク
  • 誘導ページ
  • コンテンツの無断複製
  • 十分な付加価値のないアフィリエイト サイト
  • ページへのコンテンツに関係のないキーワードの詰め込み
  • フィッシングや、ウイルス、トロイの木馬、その他のマルウェアのインストールといった
  • 悪意のある動作を伴うページの作成
  • リッチ スニペット マークアップの悪用
  • Google への自動化されたクエリの送信

出典:ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン)

こうした手法を行っていると、Googleからペナルティを受ける可能性が高いので、すぐに止めた方が良いです。

ブラックハットSEOのメリット

なぜ、ペナルティを受けるリスクがあるのに、ブラックハットSEOという手法が存在するのでしょうか。それは、以下のメリットがあるからです。

コンテンツの質の善し悪しは一切無関係で上位表示を狙えるから

通常、狙ったキーワードで上位表示を狙おうと思ったら、質の良いコンテンツを沢山作り、内部リンク同士を繋げて強いサイトをコツコツ作る事で上位を狙いますが、この方法だと時間と手間がかかります。

しかし、ブラックハットSEOであれば、手間と時間をかけることなく、短期間で上位を狙う事ができます。それも、コンテンツの質が悪くてもです。

ちなみに、こうした順位を押し上げるSEO手法は、自作自演リンクによるケースが殆どです。

被リンク数は現在においても検索順位を決定する上で、重要な指標となっています。

ブラックハットSEOのデメリット

ブラックハットSEOのデメリットは、検索エンジンにバレた時の「ペナルティ」です。

ペナルティを受けて検索順位を下げられるぐらいならまだしも、インデックスを削除のペナルティを受けたら、検索エンジン経由のアクセスはゼロになりますので、実質的に存在しないのと同じことになります。

Googleの検索エンジンは日々進化していますので、不正をしてもすぐに見つけられてしまいます。

ペナルティを受けたらWebサイト構築に費やした時間は全て無駄になりますので、こうしたことからも、ホワイトハットSEOに取り組むことが合理的な判断と言えます。

 

まとめ

以上、ホワイトハットSEOとブラックハットSEOの違いについて解説しました。

ブラックハットSEOは短期的に検索順位を上げることができますが、ペナルティ受けるリスクがあります。ペナルティを受けてしまうと検索順位の大幅な低下や、最悪、圏外に飛ばされてしまいます。

ブラックハットSEOはリスクの高い手法なので、中長期的な目線でホワイトハットSEOに取り組みましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました