SEOにおける検索意図の重要性と、記事の書き方について解説

アクセスアップ
  • 検索意図について知りたいけど、検索キーワードから検索意図を把握するって、具体的にどうすれば良いのかな?
  • 検索意図に沿ったコンテンツの作り方を教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

検索意図(インテント)とは

検索意図(インテント)を簡単に説明すると、以下のような意味合いになります。

検索ユーザーが「どのような状況でどのような情報を調べたいのか?」という意図のこと。
つまり、検索キーワードの裏にある検索ユーザーの気持ちや感情、意志のことです。

例えば、「江ノ島 観光」というキーワードで検索するような人はどのような人でしょうか。

恐らく「江ノ島の観光地を巡りたい」、「江ノ島の観光地を楽しみたい」という意図があって検索したのだろうと考えられます。

検索意図は一つではない

検索意図は一つではありません。検索ユーザーの分だけ意図は細かく分かれています。

例えば、「江ノ島 観光」とひとことで言っても、

  • デートコースとして江ノ島の観光地を知りたいのか?
  • ファミリーの旅行として江ノ島の観光地を知りたいのか?
  • 日帰りなのか、宿泊するのか?

では、検索意図が若干変わりますよね。

上記の他に、以下のように深堀して考えると、

  • 江ノ島周辺だけなのか?
  • 鎌倉も見て回るのか?
  • 徒歩・電車なのか、車なのか?

では、かなり印象が変わります。

このように、検索意図は検索ユーザーの数だけ細分化されますので、検索ユーザーの状況を考えた上で、ユーザーの知りたい事や悩みなどの「検索意図」を考え、答えてあげるようなコンテンツを作るとベストです。

 

検索意図を考えたコンテンツを作る重要性

検索意図を理解する事はSEOはもちろん、アフィリエイトやWeb集客においても非常に重要です。

なぜなら、検索意図が分かるようになり、ユーザーの悩みや問題を解決する事ができるコンテンツを作れるようになると、以下のような好循環が生まれやすくなるからです。

  1. ユーザーのサイト滞在時間が増える
  2. サイトの回遊率が上がる
  3. 検索順位が上昇し、さらにアクセスが増えるようになる
  4. アクセスが増えれば収益も上がるようになる

検索意図にマッチしたコンテンツを作れるようになると、ユーザーはコンテンツを読んでくれるようになるので、離脱率は下がり、滞在時間は増えます。

離脱率が低く滞在時間が多いサイトは、Google検索の評価が上がり、順位が上昇するのでアクセスアップに繋がります。

検索意図にマッチしないとユーザーは離脱する

検索意図とマッチしないコンテンツは、ユーザーに読まれなくなるので、離脱に繋がります。

ユーザーが離脱してしまえば離脱率は上昇し、サイト滞在時間が短くなりますので、Google検索の評価が下がります。

検索意図と関連しないコンテンツは上位表示が難しい

検索意図とマッチしないコンテンツは、上位表示は難しいです。このことはGoogleから公式にアナウンスされています。

この事について、モバイル時代のSEO情報ブログの運営者さんが分かりやすく解説記事を書かれていますので、参考にして下さい。「【速報】8月1日にGoogleで大きな順位変動!広範囲なコアアルゴリズムアップデートの実施を発表。順位回復の対策は?

また、アルゴリズムの言葉の意味について、「【SEO】検索アルゴリズムとは?概要から上位表示に取り組むポイントについて解説」で解説していますので併せて参考にして下さい。

検索エンジンは、検索ユーザーの検索意図にマッチする検索結果を表示するよう、常に進化し続けています。

そのため、単純に「タイトルに上位表示を狙うキーワードを入れる」というような方法でコンテンツを作成しても、上位表示を獲得するのは難しいと言えます。

 

検索意図の調べ方・リサーチ方法

検索意図の重要性は分かったけど、どうやって検索意図を考えれば良いのでしょうか。検索意図を調べる方法は3つあります。

  • 実際に検索して、上位表示されているコンテンツをチェックする
  • サジェストキーワードをチェックする
  • 共起語をチェックする

上記の通りです。順を追って解説します。

実際に検索して、上位表示されているコンテンツをチェックする

実際に検索してみて、上位表示されているコンテンツをチェックする方法です。

検索上位に表示されているコンテンツは、検索意図とマッチしている可能性が高いです。

上位表示されているコンテンツと、2ページ目、3ページ目に表示されているコンテンツを見比べると、その違いを確認できると思います。

サジェストキーワードをチェックする

Google検索のサジェストキーワードを確認することで検索意図を推察することができます。

例えば、「江ノ島 観光 コース」で検索してみると、以下のようにサジェストキーワードが表示されます。

コースに続くキーワードは、

  • 水族館
  • 半日

と表示されましたね。

という事は、「江ノ島 観光」で上位表示させたい場合は、ユーザーニーズ(水族館、半日)に応える事ができるコンテンツを作成すれば、ユーザーの検索意図とマッチします。

共起語をチェックする

共起語をチェックすることで、検索意図を予測する事ができます。

共起語とは、あるキーワードが含まれたコンテンツの中に、そのキーワードと一緒に頻繁に出てくるキーワードのことをいいます(関連語句のようなイメージです)。

試しに、「江ノ島 観光」の共起語を見てみると、以下のような共起語を抽出できました。

共起語を元にしたコンテンツ作成例

抽出した共起語をピックアップして、コンテンツを考えてみたいと思います。

例えば、

  • バス
  • 東京
  • 昼食
  • 体験

等といった共起語を使う場合、以下のようなコンテンツを作成すると、ユーザーニーズを満たすコンテンツを作るような感じです。

  • 江ノ島観光ができるおすすめのバスツアー
  • 江ノ島観光を東京から行くにはどのルートがベスト?
  • 江ノ島観光で行くべきおすすめランチ〇選!
  • 江ノ島観光で体験したいアクティビティ

上記はあくまで一例ですが、共起語をチェックする事で、検索意図を予測する事ができます。

ちなみに、以下の記事で共起語を調査できるツールを紹介していますので、参考にして下さい。

 

まとめ

以上、SEOにおける検索意図の重要性と、記事の書き方について解説しました。

検索意図を考えるのは慣れないうちは難しいと思うかもしれませんが、検索意図を満たすコンテンツとは、検索ユーザーに「この情報を探していたんだよ!」と思ってもらえるページを作ることです。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました