【SEO】低品質な記事を削除してサイトの評価を上げる【判断基準も解説】

アクセスアップ
  • 価値の低い記事を削除すると、サイト全体の順位が上がるみたいだけど、ホントかな?
  • そもそも、どのような記事を消せば良いのかわからないよ。
  • 記事を削除するにあたって、判断基準があるなら教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

低品質な記事を削除すると検索順位があがる

ブログ全体の記事数は多ければ多いに越したことはありませんが、価値の低い記事は削除した方がアクセスアップに貢献しますので、価値の低い記事は削除してもOKです。

この事について、アメリカのSEOコンサルティング会社「Moz」の創設者ランド・フィッシュキン氏は、以下のように発言しています。

粗末なページを削除してランキングを上昇させた事例ならいくらでもある。公のもので十数件、表に出せないものなら数百件はある。

出典:低品質コンテンツは削除すべき? 改善すべき? ゲイリーの正論vsランドの現実【SEO記事11本まとめ】


理想は低品質記事の改善ですが、ページ数が多いような場合、全てのページを改善するのは難しい場合がありますので、そのような時は削除した方が早いと言えます。

 

記事削除における4つの判断基準


低品質な記事は削除しても良いと言っても、具体的にどのような記事が低品質な記事と判断すれば良いでしようか。

具体的には以下4つの判断基準で考えます。

  • アクセスが殆ど無い
  • 検索順位が低すぎる記事
  • 内容が微妙過ぎる記事
  • 検索クエリがない

アクセスが殆ど無い記事

アクセスが殆ど無い記事は、そもそも需要自体が無いことが考えられますので、削除しても問題無いといえます。

検索順位が低すぎる記事

検索順位が低過ぎる記事は、検索経由でのアクセスが期待できません。

順位を上げる事ができそうであれば、削除しなくても良いですが、競合が強すぎて、これ以上の順位上昇は期待できない場合、削除しても問題無いと思います。

内容が微妙過ぎる記事

客観的に記事を読んだ時、内容が微妙と思ったら、その記事は削除してもOKだと思います。

リライトできれば良いですが、リライトできなかったり、新しい記事を書いたほうが早そうであれば、削除した方が良いです。

記事を削除するのは最初のウチはかなり抵抗があると思います。

恐らく、何時間もかけて書いた記事だと思いますから、その時の事を考えると削除し難いと思います。

筆者も初めて記事を削除する時は色々考えました。

「ブログを始めたばかりの頃に書いた記事だから、今読むと恥ずかしいけど、この記事書くのに5時間ぐらいかかったな~。これを消すのか…当時費やした時間が無駄に…」というような葛藤がありました。

今は削除する事に慣れましたが、初めて記事を削除する時はかなり抵抗がありました。でも、アクセスが増えた方が良いので、内容が微妙な記事は削除してます。

検索クエリがない

検索クエリが無いと言うことは、存在していないのと同じ事です。

記事タイトルに書いたキーワードで検索されない訳ですから、ユーザーもその記事を見つけようがありません。

一般的に使われるキーワードをタイトルに入れる事ができれば削除しなくても良いですが、タイトルの変更ができないという事であれば、削除した方が良いです。

 

低品質な記事を削除したくない場合の対処法

せっかく書いた記事を削除するのは抵抗があると思いますし、削除しなくてもリライトという選択肢も残されてます。

SEO対策上、低品質な記事は削除した方が良いのだけど、消したくない場合や内部リンクで誘導して読んでもらいたい場合、以下の方法なら削除しなくて済みます。

noindexに変更する

低品質な記事をnoindexにする事で、検索エンジンにインデックスしないよう指示を出す事で、削除した時と同じ効果を得られます。

noindexの詳しい解説は「noindexとnofollowとは?違いと使う意味、SEO効果について解説」を参考にして下さい。

リライトして価値を上げる

低品質な記事をリライト(加筆修正)して価値を上げる事ができれば、削除しなくて済みますので、リライトできそうならリライトしましょう。

記事をリライトする時のポイントは以下の通りです。

  • タイトルの変更(検索クエリのあるキーワード)
  • 文字数が少なければ記事の肉付けする。
  • 見出しの修整
  • 同じような記事があれば、一つの記事に纏める

ちなみに、記事をリライトしたからといってもすぐに検索順位に反映されませんので、リライトしたら1~2カ月ぐらい、順位が上昇するか様子を見るようにしましょう。

 

まとめ

以上、低品質な記事を削除するとサイト全体の評価が上がり、SEO対策になるということについて解説しました。

おわり。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました