ブログのアクセスアップに必要な記事数は100本と言われる理由を解説

ブログ集客
  • ブログアクセスアップの方法を調べると「100記事書く」という情報が沢山出てくるけど、100記事書かないとアクセスが増えないのかな?
  • とりあえず頑張って100記事ぐらい書けばアクセスは増えるのかな?
  • 100記事書いたらどれぐらいアクセスは増えるのか知りたいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

ブログで100記事を書けばアクセスは増える【結論】

ブログで100記事書くとアクセスが増えるのは間違いないと思います。

筆者も、サイトをいくつか運営していますが、100記事以下のサイトはアクセス数が安定せず、なかなか伸びないですが、100記事以上あるサイトは1日のPV(ページビュー)数は300~500PVぐらいで安定しており、月間1万PV(ページビュー)以上の毎月安定したアクセスがあります。

100記事書くと月間1万PVをクリアできる

記事を書くジャンルによってある程度左右されますが、100記事書かなくても比較的早い段階で月間1万PVをクリアできる方もいます。

Twitter等を見ていると、「30記事で月間1万PV達成」とか、「15記事で月間1万PV達成」という書き込みを見かけることがありますが、月間1万PVを目指すのであれば、やはり100記事ぐらい書くのが一つの目安になります。

 

100記事書く3つの理由

そもそもなぜ、100記事書く必要があるのでしょうか。それは、以下3つの理由があるからです。

  • 100記事ぐらい書かないとデータが集まらないから
  • 100記事書くと良くも悪くも結果が出る
  • 文章力がアップしてくる

100記事ぐらい書かないとデータが集まらないから

ある程度の記事数があると、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールのデータが増えますので、

  • どの記事が一番アクセスが多く、どの記事が少ないのか
  • どのカテゴリの記事がアクセスが多いのか
  • どんな検索クエリでアクセスがあったのか、その順位など

といった分析がしやすくなりますが、記事数が少なければ集まるデータは少ないので、どうしても分析し難くなります。

10~30記事のデータと、100記事以上あるデータでは、100記事以上あった方が分析しやすいのは間違いありません。

100記事書くと良くも悪くも結果が出る

例えば、10記事書いたぐらいでは、「どの記事が反応が良かった」とか、「〇〇について書いた記事は全くアクセスが無かった」という事が分かり難く、どのような内容の記事を増やしたらよいのか、方向性が定まりにくいです

100記事ぐらい書くと良くも悪くも結果が出ますので、方向性を定めやすいです。

文章力がアップしてくる

元々執筆の仕事をしているというような方は別として、多くの初心者さんは文章を書く事になれていない場合が殆どです。

そのため、最初のうちは1記事書くのに結構な時間を費やす事になってしまい、思うような記事が書けないと思いますが、100記事ぐらい書くようになると、記事を書く事に慣れてくるので

  • キーワード選定
  • 文章構成(見出しの構成)の作成
  • ユーザーニーズの考察
  • 全ての構成を纏めて文章を書く

というスピードが上がり、効率的に記事を書けるようになります。

また、スピードが上がる事はもちろん、キーワード選定や文章構成の作成に慣れてくるので、自然と内部対策を施した記事が書けるようになり、その結果、検索順位が上がりやすくなります。

 

闇雲に100記事書いてもアクセスは増えない

100記事を書けばアクセスが上がるとお伝えしましたが、闇雲に100記事書いてもあまり意味がありません。もちろん、全く無駄とまでは言い切れませんが、アクセスアップの遠回りであるのは間違いないと言えます。

何も考えずに100記事書いたところでなかなかアクセスは上がりませんので、アクセスを上げるために、以下の事を念頭に置きながら記事を書く事をオススメします。

  • 常にキーワードを意識して書く
  • 一つの分野(カテゴリ)に10~20記事は書く
  • 検索流入によるアクセスが多い記事を調べる

常にキーワードを意識して書く

記事タイトルはもちろん、記事の見出しに上位表示を狙いたいキーワードを入れながら記事を書きましょう。

例えば、「ワイン 当たり年」というキーワードで上位表示を狙うなら、タイトルや見出しにキーワードを含める必要があります。

詳しい解説は以下の記事で解説していますので参考にして下さい。

一つの分野(カテゴリ)に10~20記事は書く

例えば、「ワイン」に関する記事を書くような場合、ワインに関連する記事を10~20記事ぐらい書くと良いです。

例えば、以下の内容の記事を一つの分野(カテゴリ)で10~20記事ぐらい書くと検索順位は上がりやすくなります。

  • 1,000円台でおすすめのワイン10選
  • 2,000円台でオススメのワイン15選
  • ボルドーワインとブルゴーニュワインの違い

関連する記事に内部リンクを貼る

関連する記事に内部リンクを貼る事で、ユーザーがサイト内を回遊しやすくなり、PVが増加するのはもちろん、サイトのパワーも上がり、検索順位が徐々に上がるようになりますので、ある程度分野を絞って記事を増やすとアクセスが増えやすいです。

検索エンジン経由によるアクセス流入が多い記事を調べる

キーワードを意識し、一つの分野(カテゴリ)に10~20記事ぐらい書き、カテゴリが2~3個ぐらい増えた頃には徐々にデータが集まってくるようになります。

この時、検索エンジン経由のアクセス流入が多い上位10記事を調査し、アクセス流入が多い上位10記事に内部リンクを設置します。

アクセス数の調べ方については以下の記事を参考にして下さい。

アクセスが多い記事というのは、「Googleから評価された記事」ですから、ブログアクセスの柱となる記事です。

この柱に枝分かれさせるように内部リンクを設置する事で、ユーザーもブログ内を回遊しやすくなり、その結果、全体のPV(ページビュー)数が増えるようになります。

 

まとめ

以上、ブログのアクセスアップに必要な記事数は100本と言われる理由について解説しました。

闇雲に書いても月間1万PVを達成するのは難しいですが、以下の3つを意識しながら記事を書くことで検索順位が上がりやすくなり、100記事で1万PVを達成できるようになります。

  • キーワードを意識する
  • 一つの分野(カテゴリ)に10~20記事書く
  • 検索流入によるアクセスが多い記事を調べる

アクセスアップにお悩みの方は、上記3つを意識しながら記事を書くようにしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
ブログ集客
クリエイトエクスプレス
トップへ戻る