SEOに効果的な記事タイトルの付け方のポイントや注意点について解説

アクセスアップ
  • タイトルの付け方で検索順位が変わるって聞くけど、具体的にどうすればいいのかな?
  • 狙っているキーワードがあるけど、タイトルはどのようにつければ良いのかな?
  • タイトルの付け方のポイントや注意点などがあれば教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

記事タイトルはSEOにおいて重要です

記事タイトルはSEO対策を考える上で、非常に重要です。

タイトルが抽象的だったり、コンテンツ内容が推察できないような記事タイトルをつけると検索上位を狙うのは難しいです。

しかし、適切なタイトル名を付けることで検索の上位表示を狙いやすくなります。

ユーザーが目にするのでSEOに限らなくても重要

タイトルはSEOに限らず、ユーザーがGoogle検索でキーワード検索をした際に、一番最初に目にする部分です。

そのため、記事タイトルが抽象的だったり、コンテンツ内容が推察できないようなタイトルを付けてしまうとユーザーにクリックしてもらえません。

ユーザーは検索結果に表示されるタイトルを見て、自分が求めている情報かどうかを判断するからです。

クリック率は検索エンジンの評価対象

Googleの検索エンジンは、Webページのクリック率も評価の対象としていますので、クリック率が低ければWebページの評価が下がってしまい、検索上位を狙うのは難しくなります。

しかし、クリック率が良ければWebページの評価が上がり、上位表示を狙う事ができるようになりますので、この点からもタイトルは重要となるのです。

 

SEOに効果的なタイトルの付け方のポイント

SEOに効果的なタイトルの付け方のポイントは7つあります。

  • タイトルに上位表示させたいキーワードを含める【最重要】
  • 重要なキーワードを前(タイトル名の左)にもってくる
  • ページの内容に基づいたタイトルをつける
  • タイトルに同じキーワードを入れない
  • タイトルの文字数は32文字以内におさめる
  • キーワードの羅列ではなく文章にする
  • 同じタイトルのページは作らない

上記の通りです。順を追って解説します。

タイトルに上位表示させたいキーワードを含める【最重要】

ページのタイトルには、狙っているキーワードを必ず含める必要があります。

例えば、「引っ越し 見積もり」というキーワードで検索の上位表示を狙いたい場合、記事タイトルには「引っ越し見積もりを取るなら〇社以上がベスト!」というように、「引っ越し 見積もり」のキーワードをタイトルに必ず含めましょう。

重要なキーワードを前(タイトル名の左)にもってくる

重要なキーワードほど、タイトルの一番前に持ってくる必要があります。

例えば、「引っ越し 見積もり」というキーワードを狙うなら、以下のようにキーワードをタイトルの前の部分(タイトルの一番左)に「引っ越し 見積もり」というキーワードを入れるようにしましょう。

キーワードの具体例

  • ◯ 引っ越し見積もりを5社比較、一番安い業者はどこ?
  • ✕ 一番安い業者はどこ?引っ越し見積もりを5社比較

ページの内容に基づいたタイトルをつける

記事タイトルはページの内容に基づいたタイトル名を付ける必要があります。

例えば、「引っ越しの見積もりを…」というタイトルを付けているのに、ユーザーがクリックしたら、引っ越しの見積もりの事が全く書かれていなくて、引っ越す前の段取り方法が書かれていたら、ユーザーは知りたい情報が無いと判断してページから離脱してしまいます。

離脱率が高くなればページの評価は下がますので、ページ内容に基づいたタイトルを付けましょう

このことは、Google Serch Console(サーチコンソール)のヘルプ「検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する」にも記載されております。

タイトルに同じキーワードを入れない

タイトルに同じキーワードを重複させると、「Google品質ガイドライン違反」によるペナルティを受けてしまう可能性があります。

例えば、「引っ越しの見積もりを5社比較、一番安い引っ越し業者はどこ?実際に引っ越し業者に連絡してみた」というようなタイトルを付けた場合、「引っ越し」というキーワードが3回重複しています。

このように同じキーワードを何度も使うと、Googleから「タイトル内のキーワード重複=SEOを頑張っているサイト」と見なされてしまい、品質ガイドライン違反によるペナルティを受けてしまう可能性があります。

そうなると、検索順位を下げられてしまったり、最悪、インデックス削除という結果を招くことになりますので気を付けましょう。

何回重複したらダメと公表されている訳では無い

「〇回以上重複してはダメ」ということがGoogleが公表している訳では無いので、3回ぐらい重複しているタイトルでも上位表示されているページを見かけることはあります。

ですので、2回ぐらい重複していても大丈夫だと思いますが、極力重複させない方が良いので、タイトルを付ける時はお気を付け下さい。

タイトル重複によるペナルティの有無については、Googleサーチコンソール旧バージョンの「HTMLの改善」から確認できます。

検索での見え方>HTMLの改善

新しいサーチコンソールでは「HTMLの改善」は廃止となります。

タイトルの文字数は32文字以内におさめる

タイトルの文字数は32文字以内におさめるようにしましょう。

なぜ、32文字以内にする必要があるのかというと、Google検索で検索結果が表示される時に表示されるタイトルの文字数が32文字ぐらいだからです。

32文字を超えてしまうと、検索結果で表示されるタイトルの後半が「…」と省略されてしまい、タイトルがユーザーに伝わらなくなってしまいます。

また、キーワードの重要性が下がってしまいますので、タイトルの文字数は32文字以内に納めるようにしましょう。

キーワードの羅列ではなく文章にする

記事タイトルの文字数を32文字以内におさめた方が良いからといって、適当にキーワード羅列するのはNGです。

例えば、「引っ越し 見積もり 安い 比較 一番安い 見積もり」等というように、キーワードを羅列したタイトルを付けるのはNGです。

文章に見えなくもありませんが、このような記事タイトルのものが上位に来る例はあまり見かけません。

文章としておかしいものは検索上位に表示されませんので、タイトルは誰が読んでも理解できるよう、文章になるようにしましょう。

 

ちなみに、タイトルの文章がなかなか思いつかない場合、以下の記事で記事タイトルの付け方を紹介していますので、参考にして下さい。

同じタイトルのページは作らない

Webページに個別のタイトルがついていることで、検索エンジンはそのページがどのような内容のページなのかを個別に認識しています。

そのため、全てのページ、あるいは複数のページに同じ記事タイトルがついていると、検索エンジンはそのページが何について書かれているのかを認識できなくなります。

記事タイトルは同じタイトルをつけないようにしましょう

記事タイトルの具体例

  • 良い例
    • 引っ越しの見積もりを5社比較、一番安い業者はどこ?
    • 引っ越しの訪問見積もりでやってはいけないこと
    • 引っ越しの見積もりはネットor電話?特徴と注意点
  • 悪い例
    • 引っ越しの見積もり体験記1
    • 引っ越しの見積もり体験記2
    • 引っ越しの見積もり体験記3

 

まとめ

以上、SEOに効果的な記事タイトルの付け方や注意点について解説しました。

良い内容のコンテンツを作成しても、ユーザーに読んでもらえないと意味がありませんので、適切なタイトルを付けて、上位表示を狙いましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました