WordPress(ワードプレス)をサーバーにインストールしよう

取得したドメインとレンタルサーバーをリンクさせたら、次はいよいよWordPress(ワードプレス)をレンタルサーバーにインストールします。

難しい事は何もありませんので、サクサク終わらせてしまいましょう!

WordPress(ワードプレス)のインストール方法

エックスサーバーにWordPressをインストールするには、「自動インストール」を利用するのが非常に便利です。自動インストールを利用する事により、レンタルサーバーにファイルをアップロードする事無く、インストール作業が完了します。

インストール作業は管理画面にログインして設定しますので、まず最初に、インフォパネルにアクセスして管理画面にログインします。

インフォパネルURL→ https://www.xserver.ne.jp/login_info.php

※IDとパスワードは契約時に届いたメールをご確認下さい。

インフォパネルにログインしたら、「サーバーパネル」にログインします。

サーバーパネルが表示されますので、画面下の方にある「WordPress簡単インストール」という項目をクリックします。

「WordPress簡単インストール」をクリックすると、ドメイン一覧が表示されますので、ワードプレスをインストールするドメインを選択して下さい。

ドメインを選択すると下記ページが表示されますので、右側にある「WordPressのインストール」というタブをクリックします。

「WordPressのインストール」というタブをクリックすると、入力項目が出てきますので、下記画像を参考にしながら入力して下さい。

①はWordPressをインストールするドメインです

②は空白でのままでOKです。

③にブログの名前を入力します ※後で変更できます

④ユーザ名:ログイン用のIDです。好きな英数字を入力して下さい。

⑤パスワード:7文字以上の好きな英数字を入力します。 ※後で変更できます

⑥メールアドレスを入力します。 ※後で変更できます

⑦「自動でデータベースを作成する」をチェックします。

⑧「インストール(確認)」をクリック

確認画面が表示されますので、「インストール(確定)」をクリックします。

以下の画面が出てきますので、URLからログイン画面へ。

IDとパスワードを入力すると、ブログのダッシュボードへ入ることができます。

これでブログのインストール完了です。記事を投稿すればブログを公開することができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまで作業が終了したということは、取得したドメインにアクセスすると、ウェブサイトが表示されていることだと思います。

今後は記事を書いたり、デザインを変えてみたり、プラグインで機能を追加したりと、あなただけのウェブサイトを作っていきましょう!

Follow me!

PROFILE

瀬間 隆司
瀬間 隆司WordPress講座講師
上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

はじめてのWordPressサイト作成講座:1日でできるサイト制作

初心者でも簡単にプロが作ったようなウェブサイトを作る事が出来ます。

この講座では1人1台パソコンを使用し、WordPressを使用したスマホ対応のウェブサイトを作成します。WordPressのシンプルな決まった型(デザインテーマ)を使用しますので、初心者の方でもプロが作ったようなウェブサイトを作る事ができます。