Web集客無料メール講座

ウェブ集客に関するメール講座を期間限定で無料購読できます。

詳細はこちら

【WordPress】GoogleサーチコンソールとBing Webマスターツールにサイトマップを登録する方法

アクセスアップ

WordPressをインスト―ルしたら、必ず設定しておきたいのがサイトマップの登録です。

「サイトを作ったばかりなので、あまり人に見られたくない」という方は、急いで登録する必要はありませんが、「人目に付くようにしたい」という方は、サイトマップすぐに登録した方が良いです。

サイトマップとは

「サイトマップ」とは、ウェブサイト全体のページ情報をリスト形式で記述したものです。サイトマップがあることで、ユーザーや検索エンジンにウェブサイト全体のページ情報をわかりやすく伝えることができます。

サイトマップの種類

サイトマップはユーザーが見る「HTMLで記述されたサイトマップ」と、検索エンジンが確認するための「XMLで記述されたサイトマップ」の2種類あります。

HTMLサイトマップ

HTMLで書かれたサイトマップは、ウェブサイト全体のページが記載されたリンク集のようなもので、ユーザーがウェブサイト全体のページ情報を確認することができます。

XMLサイトマップ

XMLサイトマップは検索エンジン向けに書かれたもので、ページを追加・更新したことを検索エンジンに知らせたり、クロールし難いページの存在を知らせる事ができますので、SEO対策として効果があります。

XMLサイトマップを登録すると効率よくインデックスされる

XMLサイトマップを作成し、「Googleサーチコンソール」や「Bing Webマスターツール」にサイトマップを登録すると、検索エンジンに自分のサイトを効率良くインデックスしてもらうことができます。

検索エンジンのクローラーはXMLサイトマップを設置していなくても、他サイトのリンクを辿ることでウェブサイトを見つけてくれますが、新しく立ち上げたサイトで他サイトからのリンクがまだ無い場合など、クローラーがそのサイトを発見できずにインデックスされない場合もあります。

そのため、XMLサイトマップを作成し、検索エンジンにクロールを促すことで、そのような状況を避けることができます。

サイトマップの作り方

XMLサイトマップを作るには下記2つの方法があります。

  • ツールで作る(「sitemap.xml Editor」等のウェブツール、Excelなど)
  • プラグインによる自動生成(「Google XML Sitemaps」、「All in One SEO Pack」、「Yoast SEO」など)

ツールで作る方法は、記事を追加・更新する度にXMLサイトマップを更新しなければならないので、正直お勧めできません。

プラグインを使えば、記事を追加・更新してもXMLサイトマップが自動的に生成されますので、プラグインの利用をおススメします。

 

XMLサイトマップを登録する流れ

XMLサイトマップを「Googleサーチコンソール」や「Bing Webマスターツール」に登録する流れは次の通りです。

  1. WordPressにプラグインをインストールする
  2. Googleサーチコンソール、MSNウェブマスターツールにサイトマップを登録する

プラグインについては、「参照 無料テーマ「Lightning」のおすすめプラグインをインストールする」というページでYoast SEOを推奨していますので、Yoast SEOをインストールしてある前提で解説していきます。

WordPressプラグイン「Yoast SEO」でXMLサイトマップ情報を取得

SEOプラグイン「Yoast SEO」は自動的にXMLサイトマップを出力する機能がありますので、追加でプラグインをインストールする必要はありません。それでは、Yoast SEOでサイトマップを取得していきます。

ダッシュボード>SEO>全般 を選択します。

Yoast SEOの「全般」設定画面が表示されますので、画面上部にある①「機能タブ」をクリックします。

機能が表示されたら、②「XML sitemap」の横にある「?(はてな)」アイコンをクリックします。「?(はてな)」アイコンをクリックすると、テキストやリンクが出現しますので、③「See the XML sitemap」をクリックします。

XML Sitemap.xmlというページが表示され、他にもいくつかのサイトマップが表示されますが、サイトマップ登録で使用するXMLサイトマップは、ブラウザのアドレスバーに記載してある「sitemap_index.xml」です。

 

Google Search Console(サーチコンソール)にサイトマップを登録

XMLサイトマップのURLを確認しましたら、GoogleサーチコンソールにXMLサイトマップ情報を追加します。下記リンクをクリックし、Googleサーチコンソールにアクセスして下さい。

Google Search Console

お持ちのGoogleアカウントでログインして下さい。

ログインすると下記画面が表示されますので、赤枠内にサイトマップを登録するウェブサイトのURLを入力し、「プロパティを追加」をクリックします。

ウェブサイトの所有権の確認

XMLサイトマップを登録する前に、ウェブサイトの所有権の確認画面が表示されます。ウェブサイトの所有権の確認方法はいくつかありますが、下記2つの方法について解説します。

  • HTMLファイルをアップロードする方法
  • YoastSEOにタグを追加する方法

HTMLファイルをアップロードする方法

下記画面が表示されたら、「このHTML確認ファイル」をクリックすると、HTMLファイルのダウンロードが始まります。

参照 【FTP】無料で使えるFTPソフト、Filezillaを使ってサーバーにファイルをアップロードする方法を解説

HTMLファイルをダウンロードしたら、サーバーにHTMLファイルをトップディレクトリにアップロードします。

トップディレクトリとは、WordPressのファイル(index.phpやwp-config.php)やフォルダ(wp-admin、wp-content、wp-includes)が設置されている場所です。

ファイルをアップロードしたら、「確認」ボタンを押すと所有権の確認が取れます。

YoastSEOにタグを追加する方法

「別の方法」というタブをクリックすると、下記4つの確認方法を選択できます。

  • HTMLタグ
  • ドメイン&プロバイダ
  • Googleアナリティクス
  • Googleタグマネージャ

今回はHTMLタグで確認する方法を解説しますので、HTMLタグを選択して下さい。

HTMLタグを選択すると、確認用のタグが発行されます。タグの下に「列を表示」という記載がありますので、ここをクリックするとタグの表示例が出現しますので、ここでタグをコピーします。

「列を表示」をクリックしてソースコード全体を表示させた方がタグをコピーしやすいです。

コピーしたら、Yoast SEOの全般設定画面に戻り、①「Webmaster Tools」タブをクリックし、②「Google verification code」の箇所にコピーしたタグを貼り付け、③「変更を保存」をクリックします。

確認タグを貼り付けたら、タグを取得した画面に戻り、画面下の「確認」をクリックします。

以上でウェブサイトの所有権の確認は完了です。

続いて「続行」をクリックします。

サイトマップの追加

それでは、XMLサイトマップ情報を追加します。画面右側にある「サイトマップ」をクリックします。

①「サイトマップの送信/テスト」をクリックするとサイトマップの入力項目が出現しますので、②XMLサイトマップ情報「sitemap_index.xml」を貼り付け、③送信をクリックします。

サイトマップ情報が送信されました。きちんと登録されたか確認するため「ページを更新」するをクリックします。

XMLサイトマップが登録された事が確認できました。

以上でGoogleサーチコンソールにXMLサイトマップを登録する作業は完了です。

登録状況を確認したい方は、「/sitemap_index.xml」をクリックして下さい。

サイトマップの確認

サイトマップインデックスの登録状況が確認できます。ファイル名を選択すると、登録状況のグラフを確認できます。試しに「/post-sitemap.xml」をクリックしてみます。

下記のように、サイトマップの登録状況を確認することができます。

以上でGoogleサーチコンソールでの作業は完了です。

 

Bing Webマスターツールにサイトマップを登録

Microsoftの検索エンジン「Bing」にページの情報を送信するため「Bing Webマスターツール」にXMLサイトマップを登録します。

下記リンクをクリックし、Bing Webマスターツールにアクセスして下さい。

Bing - Web マスター ツール
Bing Web マスター ツールにログインまたはサインアップして、あなたのサイトの検索パフォーマンスを向上しましょう。無料のレポートやツール、リソースにアクセスできます。

画面右上にある「サインイン」をクリックし、MSNアカウントでログインして下さい。

MSNアカウントの取得方法については割愛致します。

ウェブサイトの情報を追加する

ログインすると下記のような管理画面が表示されますので、①「サイトの追加」という入力項目にURLを入力し、②「追加」ボタンをクリックします。

下記ページに移動しますので、①サイトマップのURLを入力し、②「追加」ボタンをクリックします。

ウェブサイトの所有権の確認

XMLサイトマップを登録する前に、ウェブサイトの所有権の確認を求められます。

ウェブサイトの所有権の確認方法は3つありますが、下記2つの方法について解説します。

  • XMLファイルをアップロードする方法
  • YoastSEOにタグを追加する方法

XMLファイルをアップロードする方法

オプション1と記載された下に、「BingSiteAuth.xml」というリンクがありますので、ここをクリックすると確認用のXMLファイルのダウンロードが始まります。

XMLファイルをダウンロードしたら、サーバーにXMLファイルをトップディレクトリにアップロードします。

トップディレクトリとは、WordPressのファイル(index.phpやwp-config.php)やフォルダ(wp-admin、wp-content、wp-includes)が設置されている場所です。

ファイルをアップロードしたら、「確認」ボタンを押すと所有権の確認が取れます。

YoastSEOにタグを追加する方法

オプション2を見ると、確認タグが表示されていますので、確認タグをコピーします。

コピーしたら、Yoast SEOの全般設定画面に戻り、①「Webmaster Tools」タブをクリックし、②「Bing verification code」の箇所にコピーしたタグを貼り付け、③「変更を保存」をクリックします。

確認タグを貼り付けたら、確認タグを取得した画面に戻り、画面下の「確認」をクリックします。サイトマップが追加されると、下記のようにサイトマップの登録状況が表示されます。

以上でBing WebマスターツールにXMLサイトマップを登録する作業は完了です。

ウェブサイトを作ったら、必ず登録しましょう。

 

まとめ

以上、「Googleサーチコンソール」と「Bing Webマスターツール」にXMLサイトマップを登録する方法について解説しました。

登録作業は2つ合わせても10分かからない程度だと思いますので、新しくウェブサイトを開設したら、必ず登録するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
アクセスアップ
クリエイトエクスプレス