MailChimp(メールチンプ)の使い方マニュアル

MailChimp(メールチンプ)の使い方マニュアル

MailChimp(メールチンプ)は無料から使える海外製の高機能メール配信システムです。

高機能メール配信システムMailChimp(メールチンプ)

無料で2,000リストまで(メール配信数は月間12,000通以内まで)利用することができ、ステップメールの配信可能シナリオ数の上限はありません。

直感的に操作できるビジュアルエディタを使って簡単におしゃれで見栄えの良いHTMLメール作成する事ができます。

他にも、高度なシナリオ分岐機能、分析機能(開封率・クリック率の測定など)や、外部ウェブアプリとの連携など、様々な機能を無料で使う事ができます。

海外製なのでインターフェースは英語

MailChimpは海外製のツールで日本語にローカライズされていないので、インターフェースは全て英語です。

ただ、インターフェースはシンプルで見やすいので、最初はとっつきにくいと感じるかもしれませんが、触っているうちに慣れますし、色々操作するのも最初だけなので、一度設定してしまえば後は殆ど同じところしか触らないと思います。

MailChimpで文字化けしたことは一度もない

「MailChimpは日本語対応していないから文字化けするのでは?」と心配される方がいますが、日本語が文字化けする事はありません。

筆者は2018年の9月から現在までMailChimpを利用していますが、メールが文字化けした事は一度もありません。

以下のメーラーやブラウザで表示テストをしましたが、文字化けした事は1度もありません。

  • Windows:Outlook、Thunderbird、Chrome(Gmail)、Edge、IE
  • Mac:Mac Mail、Safari、Chrome
  • スマートフォン:Gmail(iOS,Android)、iOS標準メールアプリ

また、お客様やパートナーから「メールが文字化けしてた」という報告は今まで1度も受けた事がありませんので、恐らく問題無いと思います。

 

MailChimp(メールチンプ)の使い方

MailChimpの使い方について解説します。

Mailchimpのリスト管理は「List」と表示されていましたが、「Audience(オーディエンス)」と名称変更しました。

名称変更に伴い、現在、MailChimpの記事の情報を少しずつ修正しております。

初期設定

まずはMailChimpを使ってメール送信する準備を行います。アカウントを開設し、送信ドメインの認証の設定を行いましょう。

認証を行わないと高確率で迷惑メール判定を受けますので、必ず設定するようにして下さい。

メール送信の方法

初期設定が終わりましたら、メールを実際に送信してみましょう。

シナリオ分岐設定、ブログ新着情報(RSS)の送信方法

リスト収集(ポップアップフォームの作成方法)

リストを増やすために、ユーザーの目に留まりやすいポップアップフォームの作成方法について解説します。

なお、通常の登録フォームの作成方法については「MailChimp(メールチンプ)でメールマガジンと登録フォームを作成する手順について解説」で解説しています。

MailChimpのポップアップフォーム作成機能

MailChimpのポップアップフォーム作成機能を使った設置方法について解説しています。

WordPressプラグインを使ったポップアップフォームの作成

WordPressのプラグインを使って、ポップアップフォームを作成する方法について解説します。

この方法は2通りの方法があり、1つ目は「2つのプラグインを掛け合わせて設定する方法」と、2つ目は「MailMunch(メールマンチ)という外部サービスのプラグインを使って設定する方法」があります。

どちらを使うかは好みの問題ですので、どちらを選択してもOKです。

2つのプラグインを掛け合わせて設定する方法
MailMunchプラグインを使って設定する方法

こちらはMailMunchに登録する事により、利用する事が出来ます(当サイトでもMailMunchを使ってます)。

リスト収集(ランディングページの作成方法)

MailChimpにはランディングページ作成機能があります。以下の記事では、ランディングページ作成機能を使ってランディングページを作る方法について解説しています。

カラフルのフォームにMailChimpのフォームを設置する方法

LPテンプレートColorful(カラフル)に搭載されているメルマガ登録フォームは、フォームが非常に大きく、ユーザーの目に留まりやすいですが、タグを編集する必要があるため、設置が若干難しいです。

一応、国内の配信システム別に設置マニュアルが用意されていますが、MailChimpのマニュアルは用意されていないので、MailChimpを使っている方がカラフルのフォームを設置するのは初心者の方には結構難しいです。

しかし、以下の記事で設置方法を解説していますので、是非参考にして下さい。

スパム登録を防止する方法

ダブルオプトイン、若しくは「reCAPTCHA」を有効にする事により、スパム登録を防止する事ができます。

 

MailChimpはマーケティングオートメーションを実現できる

MailChimpはAPI接続ができますので、WebツールをAPIで連携する事で以下のようなことを実装する事ができます。

  • Typeformのアンケートフォームに回答 → MailChimpでフォローステップメールを自動送信
  • PayPalで決済 → MailChimpでフォローステップメールを自動送信
  • infotopで決済 → Zapierで決済内容を解析 → MailChimpで購読者にフォローステップメールを自動送信
  • ECサイトで靴を購入 → MailChimpで「購入した靴と合うコーディネートをすすめる」というフォローメールを自動送信

このように、顧客の行動に合わせたメール配信を設定することができるようになりますので、マーケティングの自動化が可能となります。

ちなみに、上記の例は筆者が実際に動かしているオートメーションです。

API連携の事例

以下は実際に筆者が使っている自動化の例です。Zapierというハブサービスを使う事で自動化を実現させています。

ちなみに、Zapierがどのようなサービスなのかについて「API連携の自動化ツール「Zapier(ザピエル)」を使って面倒なルーチン作業を自動化」で解説していますので、参考にして下さい。

 

その他

ステップメールの執筆に使えるツール

MailChimp以外の配信ツール

MailChimpと他のツールを比較したい方や、似たような機能が使えるツールをお探しの方は、以下の記事で紹介していますので、参考にして下さい。

ちなみに、筆者がMailChimpの導入を決める際、最終的に以下のツールと比較してMailChimpを選択しました。

「MailChimpは管理画面が英語だから、どうしても使い難いよ…。できれば国産の配信システムを使いたいよ」という方は、以下の記事で紹介している配信ツールがオススメです。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました