MailChimp(メールチンプ)でブログの新着(更新)情報を送信する方法について解説

メールチンプでブログの新着情報を送信する方法 マーケティング

MailChimpでは、ブログの新着(更新)情報を自動で送付することができます。

この機能はWordPressはもちろん、無料ブログでもRSSを出力できるシステムであれば、どのブログサービスでも利用する事ができます。

この記事では、MailChimpでブログの新着情報を自動で送付する設定方法について解説します。

メールマガジンの読者に、新着情報を自動で送付する設定の流れ

MailChimpで新着情報を自動で送信する設定の流れは以下の通りです。

  1. オーディエンスの準備
  2. キャンペーンの作成
  3. RSSフィードの設定(フィードの入力と送信時間の設定)
  4. メールマガジンのデザイン

順を追って解説していきます。

オーディエンスの準備

最初に、新着情報を送付する対象となる「オーディエンス」の準備が必要となります。

送付対象となるオーディエンスが設定してある方は、次に進んで下さい。

オーディエンスを用意していない方は「MailChimp(メールチンプ)でシナリオ分岐のステップメールを設定する手順について解説」でオーディエンスの作成手順を解説していますので、参考にして下さい。

新着情報を自動で送付する「キャンペーン」の作成

オーディエンスを準備したら、次に「Campaign(キャンペーン)」を作成します。

MailChimpでは、メールマガジンのことを「Campaign(キャンペーン)」と呼びます。

まずは、管理画面にログインします。

「MailChimp(メールチンプ)」の公式サイトはコチラ

管理画面右上に表示されている「Create Campaign」をクリックします。

ポップアップが表示されますので「Email」をクリックします。

①「Automated」を選択し、②「Featured」タブを選択し、③「Share blog updates」を選択します。

Share blog updates

①初期設定では「Campaign Name」の項目に「Share blog updates」と入力されていますが、管理しやすいよう任意の名称に変更します。

名称を変更したら、②新着情報を送付する「オーディエンス」を選択します。

終了後、③「Begin」をクリックします。

RSSフィードの設定(フィードの入力と送信時間の設定)

RSS feed and send timing

RSS feed and send timingという画面が表示されますので、ここでは「RSS」と配信時間、画像のリサイズを設定します。

  1. RSS feed URL:ブログの更新情報を出力するRSS情報を入力します。お使いのブログがWordPressであれば、ドメインの後ろに「ドメイン/feed/」と入力すればOKです。
  2. When shoule we send?:送信スケジュールを設定します。毎週火曜日の午前8時に送りたいので、次のように設定します。
    • Every week
    • Tuesday
    • 08:00AM
  3. Resize RSS feed images to fit template:RSSフィード画像をテンプレートに合わせてサイズ変更するかという事を聞かれているのでチェックを入れます。

以上入力したら、画面右下にある「Next」をクリックして次に進めます。

Who are you sending to?

ここでは、新着情報の送信先を選択します。以下3つの選択肢の中から選びます。

  • オーディエンス全員
  • セグメント・タグ
  • グループ・新しいセグメント

今回はリスト全員に送付するので「Entire audience」にチェックを入れます。

チェックを入れたら画面右下にある「Next」をクリックします。

Campaign info

「Campaign info」では、キャンペーン名、件名、送信者名、送信者アドレスなどを設定します。

  1. Campaign name:ユーザーには見えないので管理しやすい名前に変更します。
  2. Email subject:任意のメールの件名を入力します(初期設定では、RSSフィードのタイトルと投稿日時のマージタグが挿入されますが、件名が長くなるので初期設定のままで進めない方が良いと思います)。
  3. Preview text:プレビューテキストを表示させたい方は入力します(空欄でもOK)
  4. From name:メールの送信者名か、ブログタイトルを入力します。
  5. From email address:送信者アドレスを入力します。
  6. Track opens:チェックするとメールの開封率を計測できます(チェックをお勧めします)。
  7. Track clicks:チェックするとクリック率を計測できます(チェックをお勧めします)。
  8. Personalize the “To” field:登録時に名前の入力を必須にしている方はチェックをお勧めします(メールの宛先にユーザーの名前を含めることができるので、スパムフィルタを回避できます)。

一通り入力しましたら、Nextをクリックして次に進みます。

メールマガジンのデザイン

Select a template(Change template)

テンプレートを選択しますので、お好みのテンプレートを選択して下さい。今回はとりあえず「Basic」の「1Column」を選択しておきます。

テーマを選択したら、画面右下にある「Next」をクリックします。

Design(メール本文の編集)で「RSS Items」を追加

メールテンプレートが表示されますので、ブログの新着(更新)情報をメール本文に書き込みたいので、右側のブロックから「RSS Items」を選択し、編集画面左側にドラッグして追加します。

メールの作成方法は、「MailChimp(メールチンプ)でメールマガジンと登録フォームを作成する手順について解説」で詳しい手順を解説していますので、参考にして下さい。

「RSS Items」の追加後

RSS Itemsを追加すると、以下のようになります。

※RSS Itemsの上部にあった初期の英文が気になったので日本語の簡単な文章に編集しました。

この状態ですでに、ブログの新着(更新)情報が表示されるようになります。プレビューで確認してみましょう。

プレビューで確認

編集画面の上部メニューに「Preview and Test」という項目がありますので、クリックするとプルダウンメニューが開きます。

一番上にある「Enter preview mode」をクリックします。

以下のようにプレビューが表示されます。新着(更新)情報が表示されていればOKです。

問題無さそうであれば、プレビュー画面右上の「×」をクリックし、プレビューを閉じ、画面右下にある「Next」をクリックして設定の最終確認を行ったら、画面右上にある「Save and Exit」を押して設定終了です。

登録フォームの作成

ブログの新着(更新)情報の送付対象となるリストの登録フォームを作成します。

すでにフォームがあるようでしたら必要ありませんが、もし、登録フォームを作成していなければ「MailChimp(メールチンプ)でメールマガジンと登録フォームを作成する手順について解説」で作成方法を解説していますので、参考にして下さい。

 

また、以下の記事で動きのあるフォームを簡単に設置できるプラグインを紹介しています。興味がありましたらこちらもどうぞ。

 

まとめ

以上、MailChimpでブログの新着(更新)情報を自動で送付する設定方法について解説しました。

一度設定してしまえば読者さんに自動でメールを配信してくれます。

コピペしたり、配信設定を都度行う必要はありませんので、ブログの新着(更新)情報を読者さんに通知したいという方は、設定してみて下さい。

 

以下のボタンをクリックすると、MailChimpの使い方を網羅したまとめ記事に移動できます。
MailChimp(メールチンプ)の使い方マニュアル

無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

マーケティング
クリエイトエクスプレス
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました