ブログ集客は記事を書く時間を時給換算するとモチベーションだだ下がりの件

ブログ集客
  • 日々、ブログを更新してるけど、全然反応が無いよ…
  • 1記事書くのに5時間以上かけて書いてるのに、ブログからの売上が殆ど発生しないよ…。
  • 試しにアドセンスを貼ってみたけど、毎日5時間ブログに費やして1ヶ月間の報酬が500円だったよ。150時間費やして500円とか切なすぎるよ。心が折れそうだよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

ブログの記事を書く時間を時給換算してもやる気が失せるだけ

ブログを始めたばかりの時期は、なかなかアクセスも増えない一方で、日々記事を記事を書くという手間ばかり発生します。

ブログで集客した経験のある方なら、「最初はアクセスも増えないし、続けているうちにアクセスが増え、ブログから売上が上がるようになる」という事が分かっているので、もくもくと続ける事とができると思います。

しかし、ブログで集客した経験の無い方はそのように考える方はかなり稀で、多くの方は「1日〇時間もかけて記事を書いて、それを1ヶ月毎日続けているのに全然集客できない!」というような事を考えてしまいがちです。

特によく見るのが、ブログに費やした時間を自給換算してしまう方です。

気持ちは分からなくも無いですが、ブログの記事を書く時間を時給換算しても、やる気が失せるだけなので止めた方が良いです。

筆者もブログで集客すると決めてから、一日何時間もかけて一つの記事を書いてましたが、集客できるまでの間は売上がゼロですから、当然、計算するまでもなく、タダ働きの状態となります。

タダ働きは辛すぎるので、試しにアドセンスを貼った事がありましたが、当時、そこから上がった売上は500円でした。

1日5時間、休みなく取り組んで1ヶ月の間に150時間は費やしたと思いますが、1カ月のアドセンス報酬は500円でした。

時給に換算すると3.3円です。
大の大人が150時間も作業時間を投入したにもかかわらず、500円しか稼げなかったのです。

控えめに言っても「絶望」という表現がピッタリだと思います。

ブログは長期的に伸びるメディア

じゃあ、今現在も時給3.3円なのか?というと、そんなことはありません。

現在の筆者の状況は、ブログ経由で以下のような売上が発生します。

  • 有料面談相談の申し込み
  • 教材販売
  • 単発の調査依頼
  • 顧問契約の依頼
  • アフィリエイト報酬
  • その他(WordPress講座、Webサイトの受託など)

記事を書くことでブログのアクセスが増え、こうした売上が発生するので、時給3.3円と言うことはありません。

また、ブログを始めた当初は1日平均5時間はブログに費やしていましたが、今現在は習熟効果もあり、ブログに費やす時間は1日3時間を切ります。

ブログ始めたての頃と比較すると、ある程度効率的に集客できていると思います。

ブログは立ち上がりこそスロースターターですが、ある程度の期間、継続して記事を書く事でアクセス数は安定し、緩やかではありますがアクセス数が伸びるようになります(ジャンルによっては飛躍的にアクセス数が増える方も少なくありません)。

スロースタートなので、短期的な目線で取り組むと「全然アクセスが増えない!」となってしまいがちですが、長期的にはアクセスは増えますし、ある程度アクセス数が安定するようになると、ある日突然アクセス数が大幅に減少するような事はあまり起こらないので、長期的には売上が安定するようになります。

時給思考は捨てよう

ブログは短期的に成果を上げることが難しいメディアなので、都度「今月は時給いくらだった」等と考えても全く意味無いです。

1年、2年と続けることでブログのアクセス数は徐々に伸び、アクセス数の伸びに比例して売上は増加します。

続ければ続けるほど、前提となる数字が大きく変わるので、売上が上がっていない段階でこまめに「時給換算したら〇円だった」などと計算しても挫折するだけで何の意味も無いです。

もし、時給換算していたら、止めるようにしましょう。心が折れるだけです。

 

ブログ集客のモチベーションを維持するコツ

筆者が実践しているブログを続けるモチベーションを維持する方法について解説します。

  • ブログをやってない人・撤退した人の意見は聞かない
  • 長期的なスパンで考える
  • アドバイスを求めるならブログで集客を継続して取り組んでる人から聞く

上記のとおりです。

ブログをやってない人・撤退した人の意見は聞かない

ブログをやってない人や、撤退した人の意見は全く参考にならないので、聞く必要は無いと思ってます。

やってない人の意見はそもそも論外として、挫折した人の意見は基本的にいう事が決まってるので、聞いても意味無いです。

それに、ブログ集客に挫折した人は数え切れないほど存在する一方で、ブログで集客を実現できている人も数え切れないほど存在します。

挫折した人というのは、そもそも間違って取り組んでいたからこそ挫折した訳ですから、そのような人の意見に耳を傾けても、全く意味ないです。

ユーザーの役に立つ内容の記事をSEOライティングで書くことで結果は出るようになります。

結果が出ないという事は、書きたい事を闇雲に書いているか、SEOライティングを無視しているかいずれかなので、やってない人や撤退した人の意見に耳を傾けないようにしましょう。時間の無駄です。

長期的なスパンで考える

短期的な目線で考えるからこそ挫折しやすくなるので、長期的なスパンで考えましょう。

ブログで集客できていないうちに時給換算すると心が折れると思いますが、「投資」という目線で考えると続けやすいです。

今の1記事に費やしている時間は、「将来への投資」と考え方を変えるだけで続けやすくなります。

実際、筆者が記事を書くときは「自分は今、将来へ投資している」と考えながら記事を書いてます。

1記事書いて公開するまで3時間ぐらいの作業時間はかかりますが、この3時間を投資することで、来年、再来年の集客に繋がると考えれば、続けやすいと思います。

実際のところ、アポを取って直接人と会って、契約できるかどうか分からないのに時間を割いて人と会うよりも、どこにも移動することなく、記事を書いて集客した方がトータルで考えれば効率的だと思います。

アドバイスを求めるならブログで集客を継続して取り組んでる人から聞く

アドバイスを求めるなら、実際にブログで集客している人から聞いた方が間違いなくプラスになると思います。

実際に集客している方は、やる気を削ぐようなネガティブな事は言わないですし、継続のコツなど、日々実践している方ならではの貴重な意見を聞く事ができるので、意見を聞くなら実際にブログで集客している人から聞いた方が良いです。

ダメな人の意見を聞いてもプラスになる事はあり得ません。実際に集客している方のプラスの意見だけを聞くようにしましょう。

 

まとめ

以上、ブログ集客は記事を書く時間を時給換算するとモチベーションだだ下がりということについて解説しました。

おわり。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました