スマホアプリでブログ記事を書いて執筆作業を効率化!おすすめのアプリと使い方を解説

ブログ集客
  • ブログを書く時間がなかなか取れないから、スマートフォンアプリで記事を書こうと思ってるけど、どのアプリを使えば良いのかな?
  • 効率的に記事を書けるアプリや、オススメの書き方とかがあれば教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

スマートフォンアプリでブログ記事を書いて効率化

ブログを書くまとまった時間が確保できない時は、スマホアプリを活用することで、移動中やちょっとした待ち時間・休憩時間などのスキマ時間を記事執筆の時間に充てる事ができるようになりますので、生産性がアップします。

この記事を書いている筆者も、記事の半分以上はスマホアプリで下書きをしてから、残りの半分はパソコンで清書するようにしています。

スマホアプリなら、

  • 場所の制約を受けない
  • ネタを思いついた時にすぐに書く事ができる

といったメリットがありますので、時間を有効に使えます。

スマホで記事を下書きする習慣をつけると、「記事を書く時間が無い」という問題の大部分を解消する事ができますので、記事を書くまとまった時間を確保できないという方は、スマホアプリで記事を下書きしましょう!

スマホアプリに求める条件は3つ

記事の下書きに使えるアプリは色々ありますが、効率的に記事を書くには、以下の機能があるアプリを使う事をオススメします。

  • マルチデバイス(スマホ・タブレット、パソコン等、複数のデバイスで使える)
  • オフライン環境下で使える
  • 音声入力が可能

この条件にあうスマホアプリは以下5つあります。

  • Evernote
  • Google Keep
  • Googleドキュメント
  • iPhone メモアプリ(デフォルトアプリ)
  • WorkFrowy

この中でも、筆者はGoogleドキュメントをオススメします。

オススメはGoogleドキュメント

Googleドキュメントをオススメするポイントは以下の通りです。

  • アプリに求める条件をすべて満たしている
  • 音声入力の認識精度が高い
  • 文字カウントの表示が可能
  • 見出しにジャンプできる
  • 同じウィンドウ内でGoogle検索ができる(パソコン編集時)

執筆画面がシンプルなのに高機能なので、ブログの下書きをするのに使い勝手が良いです。

他のメモアプリがあるのにGoogleドキュメントをお勧めする理由

筆者はこれまで、以下のアプリを全て使いましたが、Googleドキュメントに落ち着きました。

  • Evernote
  • Google Keep
  • Googleドキュメント
  • iPhone メモアプリ(デフォルトアプリ)
  • WorkFrowy

Googleドキュメント以外のアプリも使い勝手は悪くないのですが、一番の理由は、スマホでは音声入力に対応していても、パソコンの音声入力に対応していないのが決定的な理由です。

音声入力は使った事がある方なら分かると思いますが、執筆作業がめちゃくちゃ捗ります。

2,000文字~3,000文字ぐらいのボリュームの記事を書く時、時短にもなりますし、なにより手が疲れないので、音声入力は必須の機能だと言えます。

Googleドキュメント以外でも音声入力ができなくはないけど使い勝手は悪い

Googleドキュメント以外のアプリは、デフォルトでパソコンの音声入力に対応してません。

ただ、Windowsの音声入力機能を使う事により、音声入力ができるようになるのですが、認識精度が微妙で、しかも使い勝手がとてつもなく悪いです。なので、あまりオススメできません。

 

記事をGoogleドキュメントで下書きする時のコツ

Googleドキュメントを使って効率的に記事を書く方法を紹介します。

オススメの方法は以下の通りです。

  1. タイトル(キーワード)を決める
  2. 見出しの構成を書く
  3. 見出しにマークを付ける

タイトル(キーワード)を決める

まずはブログの記事のタイトルを決めます。

タイトルの決めるおススメの方法は、最初にキーワードを決める事です。

タイトルは後で編集する可能性がありますが、キーワードを変えるような事は殆どありません。なので、まずはキーワードを考えて、キーワードに沿ったタイトルを決めましょう。

見出しの構成を書く

タイトルを決めたら、見出しの構成を作成しましょう。

例えば、この記事であれば以下のような感じです。

  • スマートフォンアプリで記事を下書きすれば生産性アップ
  • スマホアプリに求める条件は3つ
  • オススメはGoogleドキュメント
  • 他のメモアプリがあるのにGoogleドキュメントをお勧めする理由
  • 記事をGoogleドキュメントで下書きする時のコツ
  • タイトル(キーワード)を決める
  • 見出しの構成を書く

最初に見出しを作成しておけば、後は各項目に肉付けするだけなので、記事が書きやすくなります。

なお、見出しの使い方について「見出しタグを使う意味や使い方、ルールについて解説。階層構造を整えよう。」で解説していますので、参考にして下さい。

見出しにマークをつける

見出しの構成を考えて記事を書いたら、一目で見出しと分かるように、マークを付けましょう。

マークを付けておけばWordPressに投稿する際、見出し部分が一目で分かりますので、編集しやすいようにマークを付けるようにしましょう。

見出しに付けるマークは基本的に何でも良いのですが、投稿作業を効率化するために、マークダウン記法を使って見出しにマークされるのをオススメします。

見出しはマークダウン記法を使うのがオススメ

例えば、h2タグの見出しを入れる時は、通常、以下のようにHTMLで記載する必要があります。

<h2>見出しタイトル</h2>

マークダウン記法を使うと、以下のようにタイトルの前に「#(シャープ)」を2つ並べるだけで<h2>の見出しに変換する事ができます。

##見出しタイトル

WordPressのエディタで見出しに変換するよりも楽に見出し変換ができますので、なるべくならマークダウン記法を使って見出しにマークを付けることをオススメします。

 

Googleドキュメントで下書きしたらパソコンで投稿作業をしましょう

Googleドキュメントを使って記事を下書きしたら、パソコンを使って投稿作業をしましょう。

この後の具体的な流れは以下のような感じです。

  1. タイトル・記事の校正作業
  2. 見出しの設定
  3. 内部リンクを貼る
  4. 各種投稿の設定(カテゴリ・タグ・パーマリンク・ディスクリプションなど)
  5. 画像の設定(アイキャッチ、記事中の画像など)

以上の作業が完了したら、記事を公開して完了です。

 

まとめ

以上、ブログ記事をスマートフォンアプリを使って効率的に書く方法について解説しました。

スマホアプリを使えば効率的に記事が書けるようになりますので、「記事を書く時間がなかなか取れない」とお悩みの方は、是非、この記事で紹介した方法を取り入れてみて下さい。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました