ウェブサイトのタイトルをテキストからロゴ画像に変更しよう

WordPressはウェブサイトのタイトルをテキストではなくロゴ画像に変更できる機能が用意されています。

ロゴ画像のサイズは使用しているテーマによって異なりますが、殆どの場合で「推奨サイズ」の記載がカスタマイズ画面から確認できるようになっていますので、ロゴ画像を作成される際は、予めサイズを確認してから作成して下さい。

※「Lightning」テーマの推奨画像サイズは「280px(幅) x 60px(高さ)」となっています。

 

タイトルをテキストからロゴ画像に変更する方法

ウェブサイトのタイトルをテキストからロゴ画像に変更するには、ログイン状態でウェブサイト上部にあるツールバーから「カスタマイズ」を選択するか、

ダッシュボード>外観>カスタマイズ を選択します。

ブラウザ画面の左側にカスタマイズメニューが表示されますので「Lightningデザイン設定」をクリックします。

画像を選択をクリックします。

画像選択画面に切り替わりますので、予め用意してあるロゴ画像をアップロードします。アップロードが完了しましたらロゴ画像を選択し、「画像を選択」をクリックします。

ロゴ画像がプレビューで表示されます。

プレビューを確認し、問題無ければ「公開」ボタンをクリックします。これで、トップページに反映されます。

 

ロゴ画像について

ロゴ画像があると、ウェブサイトの見栄えがさらに良くなりますので、無いよりはあった方が良い思います。

ロゴ画像をご自分で作れる、若しくは作ってみたいという方は、ご自分で用意された方が良いですが、作るのが難しかったり、プロのデザイナーに作ってもらいたいという方は、費用を払って作って貰った方が良いと思います。

ロゴ画像を自分で作ってみたいという方にお勧めのウェブサービス

ロゴ画像を自分で作ってみたいという方は、ロゴ作成サイト(ロゴジェネレーター)を利用する事により、プロに頼まなくてもおしゃれなロゴを簡単に、しかも無料で作成することができます。

今回、サンプルで適当に作成したみたロゴ画像も下記ウェブサイトで作成しました。

DesignEvo

https://www.designevo.com/jp/

他にも色々なロゴ作成サイトがありますので、色々と試してみると良いかと思います。

参考サイト

ロゴ作成が無料のサイト24選!おしゃれなロゴジェネレーター

ロゴ画像の作成をプロにお願いしたいという方にお勧めのサイト

自分で作るのが難しかったり、プロのデザイナーにお願いしたいという方は、プロの方にお願いした方が良いと思います。

ロゴ画像をプロの方にお願いするというと、ウェブ制作会社や広告代理店等に依頼する事を想定される方がいますが、クラウドソーシングサイトを利用する事により、スピーディーかつ簡単に、ローコストでロゴ画像の作成を依頼することができます。

クラウドソーシングさいとは色々ありますが、よく利用するサイトを3つご紹介致します。

※クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と依頼を受ける人をウェブ上でマッチングするサービスの事を言います。

ロゴ作成を依頼する場合、希望するロゴのテイストや参考となるデザインを依頼画面に登録して待つだけです。登録すると、ロゴデザインの提案が集まりますので、その中から気に入ったデザインを選び、作成者に報酬を支払うという仕組みです。

ココナラ

https://coconala.com/

ロゴ作成が500円からお願いできます。ロゴ以外にも、画像加工やバナー作成、案内図の作成など、500円から依頼できるのでかなり重宝します。

ランサーズ

https://www.lancers.jp/

予算に余裕のある方は、ランサーズというクラウドソーシングサイトがあります。「ロゴ作成」をコンペ形式で募集すれば、多くのクリエーターから予算2万円で50~70提案が集まります。会社のロゴ作成、お店のロゴ制作など、様々なニーズに対応可能です。

クラウドワークス

https://crowdworks.jp/

クラウドワークスもクラウドソーシングサイトです。クラウドワークスも「ロゴ作成」をコンペ形式で募集する事により、多くのクリエーターから予算2万円で50~70提案ほど集める事が出来ます。会社のロゴ作成、お店のロゴ制作など、様々なニーズに対応可能です。

Follow me!