ブログ記事に目次は必要?SEO効果とユーザーの利便性が上がるので必要

アクセスアップ
  • ブログ記事に目次って必要なのかな?
  • 目次を入れることでSEO効果があるなら設置してみたいよ。
  • 目次の効果や設置方法など詳しく教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

ブログに目次があるとSEO効果はある?【結論:効果あり】

ブログに目次があるとSEO効果があるのか気になるところだと思いますが、結論からいうと、効果はあります。

これは別のブログでも検証しましたが、目次を設置するようになってからクリック率は増加しましたし、Googleサーチコンソールの画面を見ても、見出しをクリックされた形跡を確認する事ができます。

この事からも、少なからずPV増加に貢献していると思いますので、SEO効果はあると言えます。

ブログに目次を入れると、なぜSEO効果があるのか、順を追って解説していきます。

 

目次があるとユーザーの利便性が上がり、結果的にSEOに貢献する

目次を設置するとユーザーの利便性が上がります。利便性が上がる事で結果的にSEOに貢献することになります。

具体的な内容は以下の通りです。

  • 記事の内容が一目でわかる
  • 見出しに移動できる
  • 検索結果に表示される

順を追って解説していきます。

記事の内容が一目でわかる

目次があると、ユーザーは記事の内容を一目で把握する事ができます。

目次があることで「この記事には探している情報がありそうだ」という事を判断しやすくなりますので、ユーザーの利便性は高くなります。

この事について、「見出しタグを使う意味や使い方、ルールについて解説。階層構造を整えよう。」で詳しく解説していますので、参考にして下さい。

見出しに移動できる

目次はアンカーリンクになっていますので、必要な事だけを知りたいユーザーは、記事を全文読まなくても、目次をクリックする事で、必要な情報にすぐに辿り着く事ができます。

検索結果に表示される

目次は検索結果に表示されます。

例えば、Google検索で「MailChimp 迷惑メール」と検索した場合、以下のように検索結果に目次が表示されるようになります

赤枠内が目次なのですが、右端を見ると「~に移動」という表示が出現します。この目次をクリックすると、見出しに移動する事ができます。

また、以下の画像はこのブログと別に運用しているブログなのですが、目次が4つ表示されています。

このように、目次が検索結果に表示されますので、ユーザーにクリックされやすくなり、その結果PVが増えるようになります。

 

ブログに目次を設置する方法

ブログに目次を設置するのは、以下4つの方法があります。

  • プラグインを使う
  • 目次を自動生成できる機能付きのテーマを使う
  • HTMLタグを入力する(自作)
  • functions.phpをカスタマイズ

オススメは上記2つです。

プラグインを使う

「Table of Contents puls」というプラグインを使用すると、記事の目次を自動生成する事ができます。

目次の表示位置や表示内容を細かく設定できます。

目次を自動生成できる機能付きのテーマを使う

WordPressテーマの中には、目次を自動生成できる機能が付いたテーマがあります。

現在、このブログで使用している「Cocoonテーマ」は、テーマ自体に目次を自動生成する機能があります。

この記事の冒頭に目次が表示されていますが、これはCocoonテーマ固有の機能で自動生成されています。

HTMLタグを入力する

HTMLタグを入力して目次を作成する方法があります。

非常に面倒ではありますが、「プラグインを使いたくない」という方は、気合でHTMLタグを入力して目次を作成しましょう。

詳しい方法はこちらのサイトに記載してありますので、参考にして下さい。「【WORDPRESS】初心者向け プラグインなしで目次を作る方法。コードの意味も丁寧に解説しながら説明。 | WHITE MICE on the air to the moon

functions.phpをカスタマイズ

  • プラグインを使いたくない
  • テーマを変えたくない
  • タグを入力するのも面倒だから嫌だ

という方は、functions.phpをカスタマイズすることで目次を自動生成する事ができます。

詳しいカスタマイズ方法は「ワードプレスで目次をプラグインなし(functions.php)で実装する方法 – いまどきワードプレスデザイン研究所」を参考にすると良いかと思います。

 

目次構成を作るうえでの注意点

目次を見ただけで記事の内容がわかるようにする

ユーザーがパッと見た時にどのような事が書いてあるのか、ユーザーが推察することができるような目次を付けましょう。

客観的に目次を見て、内容が推察できなければ、分かりやすいように修正しましょう。

長くなり過ぎないように注意

目次が長いと人によっては読む気が失せてしまう人もいますので、あまり長くなり過ぎないよう注意しましょう。

 

まとめ

以上、目次のSEO効果について解説しました。

目次があるとSEO効果がありますし、ユーザーの利便性も高くなります。また、目次はプラグインを使えば簡単に設置できますので、記事中には目次を表示させるようにしましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました