【SEO】ページの表示速度が遅いのは致命的!測定方法や改善方法について解説

アクセスアップ
  • スマートフォンで自分のサイトにアクセスすると表示に時間がかかる気がする。なぜ表示が遅いのだろう?
  • 表示が遅いとユーザーもストレスだろうし、検索順位に影響があったりするのかな?
  • 遅くなる原因の調べ方と、表示を速くする方法を教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

ページの表示速度はSEOに影響する

Webサイトやブログの表示速度はSEOに影響しますので、表示速度を改善することはSEO対策上、非常に重要なポイントです。

表示が速ければ速い程、ユーザーの満足度は向上しますし、SEOにも好影響です。

でも、表示が遅ければ遅い程、ユーザーはストレスを抱え、ページが表示される前にユーザーは離脱してしまい、SEOにも悪影響を及ぼします。

検索エンジンは表示速度を重視している

Googleは2018年7月からスマートフォン・タブレットでの検索結果の順位付けをページの表示速度を評価対象にする、「Google Speed Update」を発表しました。

以下のリンクをクリックすると、内容を確認できます。

Google Webmaster Central Blog:Google Speed Update(2018 年 7 月)

全文英語で書かれていますが、記事の内容を要約すると「ページの表示速度が検索結果に影響を及ぼす」との記載が確認できます。

表示速度を速くすれば上位表示される訳ではありません。

 

表示速度をチェックする2つの方法

Webサイト(ブログ)の表示速度は、以下いずれかの方法で簡単に調べることができます。

  • Google PageSpeed Insights
  • Googleアナリティクスの「サイトの速度」

Google PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)

Google PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)は、Googleが提供する無料ツールです。

https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

サイトにアクセスして、表示速度を調べたいサイトのURLを入力するだけで、モバイルとパソコンの測定データが表示されます。

Googleアカウントは使用しないので、アカウントを持っていない方でも利用できます。

表示されるデータは100点満点で採点され、修正が必要な項目や改善できる項目などが表示されます。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスでページの表示速度を確認することができます。

Googleアナリティクスの場合、以下2つの表示時間を測定できます。

  • サイト全体の平均読み込み時間
  • ページの読み込み時間

サイト全体の平均読み込み時間

サイト全体の平均読み込み時間を確認する方法について解説します。

Googleアナリティクスにログインします。

https://analytics.google.com/

左メニューの
行動>サイトの速度>概要 を選択すると確認できます。

ページ毎の読み込み時間

左側メニューの
行動>サイトの速度>ページ速度 を選択すると確認できます。

上記画面の右下に、緑と赤の横棒グラフのような表示があります。

サイト平均より表示が速い場合は左側に緑で表示され、表示が遅い場合は右側に赤く表示されます。

 

表示速度を改善する3つの方法

ページ表示速度を改善する代表的な3つの方法をご紹介します。

  • 画像を最適化する
  • データベースを最適化する
  • ファイルを軽量化する(gzipでファイルを圧縮する )

画像を最適化する

記事のアイキャッチや記事中で画像を使っている方が多いと思いますが、読み込みを遅くする一番の原因は画像のサイズです。

画像素材サイトでダウンロードした画像や、スマートフォンのカメラなどで撮った写真を掲載する時は、そのまま使用するのではなく、コンテンツ幅に合わせてトリミングしたり、画像のサイズを圧縮して使用するようにしましょう。

データベースを最適化する

WordPressには、記事の下書き・更新情報を保存する「リビジョン」という機能があります。

記事を書いている最中、何らかのトラブルでブラウザがダウンしても、下書きが自動保存されるので、書いた記事は保存される便利な機能ではあるのですが、記事を更新する度にリビジョンは蓄積され、データベースのサイズは徐々に肥大化していきます。

データベースのサイズが大きくなると読み込みに時間がかかり、表示速度が遅くなります。不要なリビジョンを削除することでデータベースを軽くし、読み込みを速くしましょう。

以下の記事で紹介しているプラグインを使うと、リビジョンを簡単に削除する事ができますので、参考にして下さい。

ファイルを軽量化する(gzipでファイルを圧縮する )

画像と同様、HTML・CSS・JavaScriptなどのファイルサイズを軽くすることで表示速度を改善することが出来ます。

ファイルサイズを軽くする方法は、「gzip」というファイル圧縮プログラムを使い、ファイルを圧縮します。

gzipを使ったファイル圧縮方法は、「ネット集客の歩き方 – gzip圧縮でファイルサイズを削減してWebサイトを高速化する方法」で詳しく書かれていますので、参考にして下さい。

 

まとめ

以上、Webページの表示速度の測定方法や、改善方法について解説しました。

ページの読み込みが遅いとユーザーの満足度は下がり、SEOにも悪影響を及ぼします。表示に2秒以上かかるとユーザーはストレスを感じ、離脱してしまいますので、表示が遅くならないよう、常に気を付けましょう。

無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

アクセスアップ
クリエイトエクスプレス
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました