WordPress初心者に陥りがちな「テーマ病」テーマ探しに時間を割かれ、コンテンツ制作が疎かに

WordPress

WordPress(ワードプレス)初心者に陥りがちな罠にテーマ病というものがあります(私が勝手にそう呼んでるだけなのですが…)。

テーマ病とは、サイトの見た目を気にするあまり、

  • 今のテーマよりおしゃれなテーマは無いか?
  • 今のテーマより見栄えの良いテーマは無いか?

といった感じで、テーマ探しに執心してしまう事を「テーマ病」と言ってます。

テーマを探しにハマると時間を浪費する

サイトを公開するようになると、色々な人に見られるようになります。

せっかくサイトを公開するのだから、「少しでも見栄えを良くしたい」、「おしゃれなサイトにしたい」、「スタイリッシュなサイトにしたい」と考える気持ちは理解できます。

私もそう思いますし、情報収集している時に見栄えの良いサイトを見てしまうと、「何のテーマを使っているんだろう?」と気になって、すぐに調べたりします。

2008年から色々なサイトを運営してますが、見栄えの良いテーマやおしゃれなテーマには目移りしてしまいます。

でも、見栄えを気にするようになると、テーマ探しに執心してしまい、気がつくと1~2時間とか平気で経ったりするんですよね。

サイトデザインは大事だと思うが、、、

サイトデザインは大事だと思います。

素人臭いサイトより、見栄えの良いサイトの方が、プロフェッショナル感が出るのは間違いありあません。

せっかく良いコンテンツを作っても、サイトデザインが全体的にチープだったりすると、それだけで信頼感を損ねてしまったり、ページから離脱されたりします。

なので、サイトのデザインは素人臭いデザインよりも、見栄えの良いサイトの方が良いのは間違い無いと思います。

テーマ探しにハマるとコンテンツ制作が疎かになりがち

とはいえ、テーマ探しにハマるようになってしまうと、サイト運営でも最も重要なコンテンツ制作が疎かになってしまいがちです。

コンテンツ制作を社内のスタッフや外注さん等に任せているなら、テーマ探しに時間を割いても良いと思いますが、ご自身で全て管理運営しているのであれば、テーマ探しに時間を割くのは良い事とは言えません。

テーマを探してもアクセスは増えませんし、訪問者に有益な情報を提供する事もできませんので、コンテンツがあまり増えていないうちはコンテンツ制作に力を入れた方が良いです。

最初のウチは最低限の仕様を満たしていれば十分

サイトを立ち上げてあまり経っていないうちは、そもそも殆ど人に見られないので、最低限の仕様を満たしていれば十分だと思います。

最初から広告費をガッツリかけてアクセスを流したり、フォロワー数がとてつもなく多いSNSアカウントでアプローチするとかであれば、若干話は変わってくると思いますが、そうでなければ最低限の仕様で十分だと思います。

  • レスポンシブデザイン(スマートフォン対応)
  • ユーザーが他のページを巡回しやすいレイアウト
  • お問い合わせフォームの設置
  • 顧客情報を獲得する仕組み(CTA等)

等といったところでしょうか。

テーマ探しはアクセスが増えてきてからでも遅くない

テーマ探しはコンテンツをある程度増やし、アクセスが徐々に伸びてきてからでも遅くありません。

順番が逆になってしまうと、何時まで経ってもアクセスが伸びず、集客どころではなくなってしまいます。なので、サイト立ち上げの段階でテーマ探しをするのは、ほどほどにしておいた方が良いです。

目標を設定し、達成したらテーマを探すのがベター

テーマ探しをするなら、サイトを立ち上げ当初に目標を設定し、達成してからテーマを探す。という方法がお勧めです。

例えば、以下のような目標を設定し、達成してからテーマを探すという方法がオススメです。

  • コンテンツを〇ページまで増やしたらテーマを探す
  • 月間PV(ページビュー)が1,000になったら探す

これならコンテンツ制作も疎かになりませんし、サイトを育てる事に集中しやすいです。

コンテンツが少なく、アクセスが少ないうちからテーマ探しをしているなら、少しだけ立ち止まって考えてみて下さい。

 

まとめ

テーマ探しは時間を浪費しますので、コンテンツやアクセスが少ないうちは気を付けた方が良いです。

公式テーマには見栄えの良いテーマが沢山ありますが、気軽に変更したりすると、都度、レイアウトの修正(ウィジェットポジションがテーマごとに異なるため)を余儀なくされますので、コンテンツが少ないうちは、テーマ探しに時間を費やすことが無いよう、お気を付け下さい。

 

ちなみに、以下の記事でWordPressテーマを紹介しています。

ご覧の通り、テーマの数は多いですから、テーマを選んでいるうちに時間はどんどん無くなってしまいます。見栄えが良いに越したことはありませんが、テーマ選びはほどほどにしておきましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました