【ブログ初心者】アイキャッチ画像を設定する必要がある?効果と注意点を解説

ブログ集客
  • ブログにアイキャッチ画像を入れるのって何か意味があるのかな?
  • アイキャッチ画像を入れると見栄えは良くなるような印象を受けるけど、画像を選ぶのが面倒だから入れてないよ。
  • アイキャッチ画像を入れることによる効果を詳しく教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

アイキャッチ画像は入れた方が良いです【結論】

結論から言うと、ブログのアイキャッチ画像は入れた方が良いです

アイキャッチ画像を設定する事でユーザーの目に留まりやすくなりますので、興味を持ってもらいやすくなり、その結果、クリック率が上がる効果があります。

文章だけが並んでいるよりも、画像があった方が分かりやすいです。

ですので、アイキャッチ画像は入れるようにしましょう!

 

アイキャッチ画像の3つの効果

ブログにアイキャッチ画像を入れることで以下3つの効果を得られます。

  • 記事のクリック率が上がる
  • サイト滞在時間が増える
  • SNSで拡散されやすくなる

順を追って解説します。

記事のクリック率が上がる

アイキャッチ画像を設定すると、記事が目立つようになりますのでクリック率が上がります。

筆者がブログを始めたばかりの頃、アイキャッチ画像を設定していませんでしたが(手間がかかるため)、アイキャッチ画像を設定するようになってから、クリック率は増えました。

アイキャッチ画像が無いと、記事が目立たなくなりますので、クリックされ難くくなります。クリックされないという事は、「PVは増えない」という事になります。

サイト滞在時間が伸びる

アイキャッチ画像を設定する事で記事がクリックされやすくなるという事は、サイト滞在時間が伸びるという事を意味します。

アイキャッチ画像があることで、サイトに訪問したユーザーが「新着記事」や、「人気記事」、「関連記事」等をクリックしてもらう確率が上がります。

 

SNSで拡散されやすくなる

ブログにアイキャッチ画像を設定しておくと、Facebookで「いいね!」が押された時や、Twitterでシェアされた時に、ブログ記事のタイトルだけでなく画像も一緒にニュースフィードに表示されます。

テキストだけのニュースフィードはあまり目立たないですが、アイキャッチ画像があると目立ちますので見てもらいやすくなります。

こうした理由からもアイキャッチ画像は設定しておいた方が良いです。

 

アイキャッチ画像は必要だけど、最優先にしてはいけない

アイキャッチ画像を設定するのは、ブログアクセスアップの観点から必要だと思いますが、アイキャッチ画像を設定する事を最優先にしてはいけません。

アイキャッチ画像を最優先にしてしまうと、以下のようなデザイン欲が出てしまいがちです。

  • もっと見栄えの良い画像は無いか?
  • 一目で分かりやすくするために見栄え良く編集した方が良いのでは?

特に、ブログ初心者にはこういった傾向がよく見られますので、アイキャッチ画像を設定する事を最優先に考えないようにしましょう。

画像選びは想像以上に疲れるし、時間もかかる

アイキャッチに設定する画像は、「全て無料で使える!写真&画像素材サイト11選【商用利用OK】」で紹介しているような画像素材サイトで無料で取得できます。

素材サイトには膨大な数の画像素材が登録されており、この中からブログ記事に合う画像を選んでいると、それだけでもかなり疲れます。

記事を書き終わった後に画像素材を探すのであれば、あまり問題無いと思いますが、記事を書く前に画像を選んでしまうと、画像選びで脳が疲れてしまい(決断疲れ)、集中力が低下し、記事を書く事に集中し難くなります。

たかが画像選びと思うかもしれませんが、想像以上に疲れますので注意が必要です。

また、画像選びは思ったより時間がかかります。画像選びに時間を割いて、記事を書く時間が減ってしまうようでは本末転倒です。

優先するべきは「記事を書く」こと

ブログの主役は画像ではありません、記事です。

見栄えの良いアイキャッチ画像も大切ですが、最優先にする事ではありません。1記事でも多く書かなければ、検索経由のアクセスは何時まで経っても増えません。

以下の優先順位が逆転することが無いよう、気を付けましょう。

  1. 記事を書く
  2. アイキャッチ画像の選定・編集

 

まとめ

以上、ブログのアイキャッチ画像を設定する必要性と、その効果や注意点について解説しました。

アイキャッチ画像はユーザーの目に留まりやすいので、記事のクリック率が上がりやすく、SNSでシェアされやすいので、なるべくなら設定するようにしましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました