【SEO】meta descriptionとは?文字数や書き方について解説

アクセスアップ
  • meta description(メタ・ディスクリプション)って何?どんな役割があるの?
  • 設定するメリットや、どうやって設定すれば良いか知りたいよ。
  • 効果的な書き方があれば教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

meta description(メタディスクリプション)とは

「meta description(メタ・ディスクリプション)」とは、Webサイト・ページの概要を表す説明文の事をいいます。

Google検索でキーワード検索をすると、検索結果で以下のようにサイト・ページの概要文が表示されますが、この部分がmeta descriptionとなります。

Google Searchコンソールのヘルプに、meta descriptionのポイントとして次のように書かれています。

  • サイト上のすべてのページにメタ ディスクリプションが含まれるようにする。
  • それぞれのページに合った説明を作成する。
  • 明確な情報を説明に含める。
  • プログラムで説明を作成する。
  • 質の高い説明を使用する。

出典:Search Consoleヘルプ – 検索結果に効果的なタイトルとスニペットを作成する

つまり、それぞれのページに合ったページの概要を分かりやすく記載する事で、コンテンツの内容をユーザーに明確に伝える事ができるので、meta descriptionは極力設定するべき。ということになります。

 

meta descriptionのポイント

meta descriptionを設定するポイントは3つあります。

  • 検索キーワードが太字で強調される
  • meta descriptionで表示される文字数
  • 検索順位に大きく影響しないけど、クリック率は変わる

上記の通りです。

検索キーワードが太字で強調される

Google検索でキーワード検索をかけると、下図のようにmeta description内のキーワードが太字で強調表示されます。

太字で表示されることにより、ユーザーは「このサイトに自分が探している情報がある可能性が高い」と判断し、クリックして貰いやすくなります。

meta descriptionで表示される文字数

meta descriptionで表示される文字数はパソコンとスマートフォンで異なります。

  • パソコン:120文字前後
  • スマートフォン:50文字前後

デバイスによって表示される文字数が異なるため、概要文を以下のように分けることでパソコン・スマートフォン経由のアクセス両方に対応したmeta descriptionを作成することができます。

  • 前半:50文字
  • 後半:70文字

検索順位に大きく影響しないけど、クリック率は変わる

meta descriptionを最適化しても検索順位に殆ど影響しません。

ただし、最適化する事でクリック率は変わりますので、ユーザーが一目でページの概要が分かるような説明文を設定した方が良いです。

 

【WordPress】meta descriptionはどこに記載すれば良いの?

WordPressサイトでmeta descriptionを編集するには、テーマにmeta descriptionの編集機能が実装されている場合もあります。

テーマに実装されている場合は、編集画面の下部にディスクリプション編集箇所が設置されている場合が殆どです。

テーマに実装されていない場合、SEO系のプラグインを使って編集します。

SEOプラグインは以下2つのプラグインが有名です。

  • All in One SEO Pack
  • Yoast SEO

All in One SEO Packの場合

コンテンツ編集部分の下に、下図のような場所がありますので、赤枠内にページの説明文を記載する事により、meta descriptionを編集できます。

YoastSEOの場合

Yoast SEOの場合もコンテンツ編集画面の下部にあるのですが、数の矢印部分「スニペットを編集」をクリックする事で、meta descriptionを編集する事ができます。

meta descriptionを設定しない場合、検索エンジンが記事の中から自動的に抜粋表示しますので、設定しないからといって検索結果で空白になるようなことはありません。

 

meta descriptionを最適化するポイント

meta description最適化のポイントは以下の4つです。

  • それぞれのページに異なるmeta descriptionを記述する
  • デバイスによって表示される文字数が異なる(スマートフォン:50文字前後/パソコン:120文字前後)
  • 適切なキーワードを含める
  • ページの概要が一目でわかり、アクション(クリック)を起こしやすい文章。

上記を意識して、適切なmeta descriptionを設定するようにしましょう。

 

まとめ

以上、「meta description(メタディスクリプション)」の概要や、設定するメリット、WordPressで設定する方法について解説しました。

meta descriptionは検索順位に大きく影響はありませんが、クリック率に影響しますので、ユーザーがサイトの概要を一目で分かるような、そしてアクションを起こしやすい文章を設定しましょう。

クリック率が上がればPVも増えますので、コンテンツを書く度に極力設定するようにしましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました