フッターにウィジェットを追加して、ユーザーに他のページをアピールしよう

WordPress

「Lightningテーマ」では、フッター部分にメニューとウィジェットを追加する事が出来ます。

フッターは、ユーザーがウェブページを最後まで閲覧した後、フッターエリアに辿り着き、気になる情報あれば目を止めます。

フッターは、ユーザーのアクションを誘導することの出来る最後の場所です。

フッターに情報が何も無ければユーザーのアクションを誘導する事ができませんが、フッターを作っておけば誘導する事が出来ます。

この記事では、「Lightningテーマ」のフッターを設置する方法について解説します。

フッターに追加できる項目

「Lightningテーマ」では、フッター部分にフッターメニューとウィジェットを追加することができます。

フッターはユーザーが最後に目にする場所となるため、空白にしておくのはもったいないです。誘導したい・アピールしたい項目を設置しておくと良いかと思います。

 

フッターメニューの設置方法

メニューの作成方法は「ナビゲーションメニューを作成し、メニュー表示を見やすくカスタマイズしよう」でも解説していますが、基本的に設置方法はほぼ同じです。

ダッシュボード>外観>メニュー を選択します。

メニューの編集画面に移動したら、「新規メニューを作成」をクリックします。

①任意のメニュー名を入れて、②「メニューを作成」をクリックします。

「footer」とでも入れておけば良いかと思います。

次に、①メニューに表示させたいページを左側から選択し、②「メニューに追加」をクリックします。

以下のようにメニューが追加されました。同じ要領でメニューに表示させたい項目をどんどん追加していきましょう。

最後に、メニューの表示位置を①「Footer Navigation」にチェックを入れ、②「メニューを保存」をクリックします。

以上でフッターメニューの設置は完了です。

 

フッターにウィジェットを追加する方法

フッターの表示管理はウィジェットで行います。
ダッシュボード>外観>ウィジェット を選択します。

ウィジェットの設定画面が表示されます。ウィジェット表示場所一覧の中に「フッターウィジェットエリア」という項目が確認できます。

この「フッターウィジェットエリア」に表示させたいウィジェットをドラッグ委する事で、フッターエリアにウィジェットを設置する事ができます。

ちなみに、「Lightningテーマ」のフッターは下記のように3分割で設置する事が出来ます。

フッターウィジェットの場所

フッターウィジェットの場所は

  • フッターウィジェットエリア1:左
  • フッターウィジェットエリア2:真ん中
  • フッターウィジェットエリア3:右

となっています。

ウィジェットエリアにウィジェットを追加する方法は「サイドバーに最新記事一覧を表示させて、ユーザーに記事を追加したことをアピールしよう」でも解説していますが、表示させたいウィジェットをドラッグするだけで簡単に追加する事が出来ます。

ウィジェットをドラッグしたらウィジェットのタイトルを入力し、「保存」をクリックします。

ページを表示すると、フッターにウィジェットが表示されている事が確認できます。この調子でどんどん追加していきましょう!

ちなみに、フッターは一つの表示エリアに何個でも追加することができ、表示する順番はドラッグするだけで簡単に変更可能です。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました