Web集客無料メール講座

ウェブ集客に関するメール講座を期間限定で無料購読できます。

詳細はこちら

ブログの記事下に投稿者情報(プロフィール)を掲載できるプラグイン「VK Post Author Display」

サイトの印象を決めよう

ウェブサイトやブログで情報発信していると、「記事を書いた自分のことを少しでも知ってもらいたい」と考えたことが1度ぐらいあるのではないでしょうか。

プロフィールを表示させるウィジェットのあるWordPressテーマもありますが(「Lightningテーマ」にもプロフィールを表示させるウィジェットがあります)その多くはサイドバーやフッターに表示させる事が出来るもので、記事下に表示させる事ができない場合がほとんどです(有料テーマは対応しているものが多いです)。

記事下は記事を最後まで読んでもらった方に興味を持って貰える可能性が高い場所なので、ここにプロフィールを表示させるのは、ユーザーに記事を書いた自分の事を知ってもらえる第一歩となります。

そこで今回は、記事下に簡単にプロフィールを表示させるプラグイン「VK Post Author Display」をご紹介したいと思います。

複数人でブログを運営しているような場合にも、記事を書いた投稿者を紹介する際にも有効です。

記事の最後にプロフィールを表示できるプラグイン VK Post Author Display

「VK Post Author Display」というプラグインを使うと、記事の最後に下記のように著者のプロフィールを簡単に表示させることができます。

ちなみにこのプラグイン、このサイトでも使っている「Lightningテーマ」の開発会社が作られたもので、「Lightningテーマ」同様、無償で配布されています。ありがたいことです。

VK Post Author Displayのインストール

それでは早速、「VK Post Author Display」をインストールしたいと思います。

ダッシュボード>プラグイン>新規追加 を選択します。

プラグイン検索窓に「VK Post Author Display」と入力するとプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。インストール終了後「有効化」をクリックして、プラグインを有効化します。

 

VK Post Author Displayの設定

VK Post Author Displayを使うには、下記2点の設定が必要となります。

  • プロフィール表示に関する設定
  • プラグインの設定

順を追って解説していきます。

VK Post Author Displayの設定

記事下に表示させるプロフィールを設定します。

ダッシュボード>ユーザー>あなたのプロフィール を選択します。

プロフィール編集画面が表示されますので、ここで設定していきます。

  1. ブログ上の表示名:プロフィールに表示させたい名前を設定します。
  2. ウェブサイト:ウェブサイト・ブログのURLを入力します。
  3. 肩書:肩書を入れたい時は、ここに入力します。
  4. Twitter URL:Twitterアカウントをお持ちの方はTwitterのURLを入力します。
  5. Facebook URL:Facebookアカウントをお持ちの方はFacebookのURLを入力します。
  6. プロフィール情報:プロフィールを入力します。
  7. プロフィール写真:表示させたいプロフィール画像を設定します(Gravatarにプロフィール画像を設定している方は、プロフィール写真(VK Post Author Display)を設定しないとGravatarのプロフィール画像が表示されます)。

一通り設定すると、下記のようになります。

ちなみに、私はTwitterとFacebookしか公開していませんが、youtubeアカウントやinstagramのアカウントをしたい方は、「VK Post Author Display」にURLを入力すると下記のように表示されます。

プラグインの設定

次に、プラグイン側の設定をしていきます。

ダッシュボード>設定>VK Post Author Display を選択します。

設定画面が開きますので、設定していきます。

基本的に、初期設定のままでも問題ありません。

  1. タイトル:初期設定では「PROFILE」と表示されてますが、お好みで「プロフィール」や「このブログを書いた人」等と変更すると良いです。
  2. プロフィール写真の形状:プロフィールの写真の形を変更できます。
  3. 最新記事一覧のタイトル:初期設定では「最新の投稿」と表示されてますが、お好みで「最近書いた記事」や「New Post」等と変更すると良いです。
  4. 著者アーカイブページへのリンクを表示する:著者のアーカイブリンクを表示させるかどうか、選択できます。
  5. 著者アーカイブリンクのテキスト:著者のアーカイブリンクの名称を変更できます。
  6. 記事のサムネイル画像を表示する:記事のサムネイル画像を表示させるかさせないか、選択できます。
  7. サムネイルのカスタムサイズを使用する:これは「はい」のままにしておけばOKです。

設定後、「変更を保存」をクリックして下さい。

 

まとめ

以上、記事の最後に著者情報(プロフィール)を表示させるプラグインVK Post Author Displayをご紹介しました。

設定も簡単で非常に使いやすいプラグインです。プロフィールだけでなく著者の最新記事も表示してくれるので、PV(ページビュー)の増加も期待できます。プロフィールを表示させたい方は是非使ってみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
サイトの印象を決めよう
クリエイトエクスプレス