SEO対策を学ぶことができるおすすめの書籍3冊

アクセスアップ
  • アクセスアップに興味があるからSEO対策について学びたいけど、体系的に学ぶにはどのような本を読めばいいかな?
  • SEO対策の本を探すと色々出てくるけど、どのような本を選べば良いのか分からないから、片っ端から読んでみようかな。
  • そもそも、SEOに関する情報は検索である程度調べることができるから、本なんか読まなくても良いのでは?なぜ、本を読む必要があるのか教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

SEO対策本を多く読む必要は多分ない

SEO対策に関する書籍はGoogle検索やAmazonで調べると沢山出てきますが、沢山読む必要はありません。

3冊ぐらい読めばSEO対策の殆どの事について学べます。

このことは、この記事でオススメしている本を3冊読んだ後に、他の書籍を読んでみれば分かると思います。同じような内容しか書かれていない事に気づくと思います。

沢山読んだからといって、アクセスが上がる訳ではありませんので、数を絞って読まれる事をオススメします。

SEO対策の情報はネットでも調べられるけど、体系的に学ぶなら本がベスト

SEO対策に関する情報は、ネットで検索すれば大抵の事は調べる事ができますが、それでもあえて本を読まれる事をオススメします。

本を勧める理由は3つあります。

  • 初心者は何を検索したら良いのか分からないから(専門用語など)
  • SEOについて体系的に学べるから
  • 手元に置いておけばいつでも調べる事ができるから

ネットで調べるのはもちろん良い事ですが、知識が断片的になりがちで、かえって時間がかかる場合が殆どです。

この点からも、本を読んで体系的に学んだ方が、検索で断片的に調べるよりも結局は近道になります。

 

オススメのSEO本3選

初心者の方は上から順番に読むことでSEO対策の全体像を網羅する事ができると思います。

いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版

サイトの構築例からサイト構成の考え方、業種別のサイトマップ例&キーワード例、内部リンクの構造など、分かりやすくまとまっているので、「SEOについて網羅的に学びたい」という方にピッタリの書籍だと思います。

内部対策についての細かい記載こそありませんが(内部対策はざっくりとした感じ)、キーワードについて具体的に書かれているので、サイト作成の参考になると思います。

初版は2014年に書かれた本ですが、第2版は2018年7月に出版されました。

第2版はGoogleのモバイルファーストインデックス(MFI)について書かれていますので、購入を検討される方は、初版ではなく、最新の「第2版」を購入される事をオススメします。

これからのSEO内部対策 本格講座

タイトルやmeta description、見出しの使い方など、内部対策について具体的な方法が書かれている実践的な書籍です。

「いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版」を読んだ後に、「これからのSEO内部対策」を読むと、SEO対策について網羅的に学ぶ事ができると思います。

著者の瀧内賢氏が執筆された前作、「これからはじめる SEO内部対策の教科書」も非常に素晴らしい内容でしたが、「これからのSEO内部対策」は時流に合わせてモバイルユーザーに合わせた施策も書かれています。

個人的に、内部対策はこの1冊だけ読めば、他は必要無いのでは?と思います。

成果を出し続けるための 王道SEO対策 実践講座

サイト設計からSearch Consoleによる運用管理、Googleペナルティの判定・対応や対応策など、幅広い分野を網羅しています。

また、Google検索の対策がメインですが、他の検索エンジンを対策することで、環境の変化にも柔軟に対応できる方法論となっています。

こちらの本も是非手元に置いておかれる事をオススメします。

 

まとめ

以上、SEO対策を学ぶ事ができるおすすめの書籍を3冊紹介しました。

SEO本を沢山読んだからといって、アクセス数が爆増する訳ではありませんので、3冊だけ読めばOKです。

そして本を読んだら必ず手を動かしましょう!

読む本の多さより、手数の多さが重要です。1記事でも多く記事を書きましょう!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました