ブログ記事を書いたらスマートフォンで表示をチェック!読みやすくする配慮は必要

ブログ集客

ブログの記事を書く時、パソコンを使って記事を書いている人が多いと思います。

スマートフォンだけで記事を書くモバイルブロガー(モブログ)もいますが、まだまだ少数派です。大多数の方がパソコンを使ってブログの記事を書いていると思います。

でも、ブログの記事を読むユーザーは、スマートフォンで閲覧している場合が少なくありません。ブログによっては、過半数を超えるユーザーがスマートフォンで閲覧しているケースもあります。

そのため、記事を書いたらパソコンでプレビューするだけでなく、スマートフォンユーザーが読みやすいように、スマートフォンで表示を確認した方が良いです。

この記事では、スマートフォンユーザー向けに見やすくする必要性やポイントについて解説します。

スマートフォンユーザー向けに見やすくする必要性

ブログの記事を読むユーザーは、パソコンよりもスマートフォンで閲覧しているケースが増加しています。

2018年5月の日本経済新聞に「ネット利用、スマホがPCを逆転 総務省調査」といった見出しの記事で、以下のように書かれていました。

総務省が25日発表した2017年の通信利用動向調査によると、個人がインターネットを利用する機器はスマートフォンが54.2%と、初めてパソコン(48.7%)を上回った。

日本経済新聞 – ネット利用、スマホがPCを逆転 総務省調査

「インターネットユーザーの過半数はスマートフォン経由でアクセスしてくる」と考えて間違いないと言えます。

スマートフォンユーザー向けに見やすくする施策が必要

スマートフォンでアクセスしてくるユーザーが多いのですから、スマートフォンユーザー向けに最適化する施策は必要です。

せっかくブログにアクセスしてくれても、記事が読み難くければ、すぐに離脱されてしまいます。

ですので、スマートフォンユーザーがストレスなく記事を読めるよう、記事を公開したら、スマートフォンではどのように表示されているのか確認し、読み難いと思う部分は修正するようにしましょう。

 

スマートフォンユーザーが見やすくなるためのポイント

スマートフォンユーザー向けに記事を見やすくするポイントは以下の4つです。

  • 一段落の文章が長くならないようにする
  • 画像の文字が小さくならないようにする
  • 表(テーブル)が縦長にならないようにする
  • 専門用語を使う場合は説明を入れたり、補足する記事へリンクする

順を追って解説していきます。

一段落の文章が長くならないようにする

一段落の文章は長くならないよう、気を付けるべきです。

「パソコンで確認したら3行ぐらいだから大丈夫」と思っても、スマートフォンで確認したら6行ぐらいになっていて、字が詰まって読み難いという事はよくある事です。

例えば、以下の記事の場合、パソコンで確認すると一段落3行です。

でも、スマートフォンで確認すると、一段落6行あります。

ギリギリ許容範囲なのかもしれませんが、人によってはこの状態で「改行が無くて読み難い」と感じる人も出てくるかもしれません。

筆者の感覚値だと5行以上あると読み難いと思ってます(7~8行超えると急激に読む気が失せます)。

画像の文字が小さくならないようにする

画像を使って説明するような時、「文字が小さくて読めない」と思われないように気を付けましょう。

以下は、このブログのMailChimpの使い方の解説記事ですが、スマートフォンでも理解できるよう、確認しながらキャプチャ画像を作ってます。

画像に文字入れする際や、ツールの使い方をスクリーンショットで解説するような際はスマートフォンでどのように表示されるのかを確認した方が良いです。

表(テーブル)が縦長にならないようにする

記事に表(テーブル)を掲載する際は、スマートフォンで確認して縦長にならないよう気をつけましょう。

基本的に、列(縦)が多いと、表(テーブル)のテキストが縦に表示されてしまう事があります。

以下の例は、きちんと表示されているパターンです。

しかし、列(縦)が増えると、列の幅が狭まってしまい、表全体が縦長になってしまいます。

縦長になると表の中にあるテキストが縦に表示されてしまい、見難くなりますので、列の多い表を掲載する時はスマホの表示に気を付けましょう。

専門用語を使う場合は説明を入れたり、補足する記事へリンクする

専門用語を使う時は、用語を使った後に解説文を入れてあげると親切だと思います。

説明が無いと、「これはどういう意味なのか?」と思ったユーザーが、検索で意味を調べようとすると思います。

パソコンなら、単語をコピペしてすぐに調べられますが、スマートフォンだと若干面倒です。

このひと手間を惜しむだけで「この筆者は配慮が足りない」と思われる事もありますので、専門用語を使ったら、解説文を用意しておくと親切だと思います。

文章を補足する記事があるならリンクを貼ってあげると親切

文章を補足するためのリンクを貼ってあげると親切です。

内部リンクを貼って内部SEO対策、効果的な貼り方・ポイントについて解説」でも書いているとおり、関連する記事は内部リンクを貼った方が良いです。

でも、もう少し記事の補足説明が必要だけど、記事を用意していない場合は、他人のブログでも良いので、「こちらの記事に詳しい事が書いてあります」といったリンクを貼ってあげると親切です。

ユーザーからすると、検索して調べる手間が省けます。

 

まとめ

以上、ブログ記事を書いたら、パソコンだけでなくスマートフォンで確認する必要性と、確認のポイントについて解説しました。

パソコンとスマートフォンでは表示が異なりますので、常にユーザー目線に立ち、スマートフォンだとどのように表示されるのか?という事を確認して、記事を公開するようにしましょう。

無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

ブログ集客
クリエイトエクスプレス
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました