Web集客無料メール講座

ウェブ集客に関するメール講座を期間限定で無料購読できます。

詳細はこちら

MailChimp(メールチンプ)のメールマガジン到達率を向上させるため、送信ドメインの認証(SPFレコード・DKIM)を設定する方法について解説

マーケティング

「MailChimp(メールチンプ)」のアカウントを作成して、これからメールマガジンを配信する前に、必ず設定して欲しい事が1点あります。それは、送信ドメインの認証(SPFレコード・DKIM)の設定です。

今回は、メールチンプの送信ドメインの認証方法について解説していきます。

はじめにご確認下さい

ちなみに、今回の記事は、下記の方に向けて書いております。

  • 独自ドメインでMailChimp(メールチンプ)を登録している
  • エックスサーバー上に独自ドメインを利用している

従いまして、無料メール(GmailやYahoo!メール等)で登録した方はお役に立たないと思いますので、予めご了承ください。

メールマガジンの送信元アドレスが無料メール(GmailやYahoo!メール等)で指定していると、かなりの高確率で「迷惑メール」判定を受けるため、無料メールでの運用はお勧めしていません。

 

送信ドメインの認証を行わないと、かなりの確率で迷惑メール判定を受けます

メール配信システムで配信されたメールが「迷惑メール」判定を受けてしまう要因は色々ありますが、そのうちの一つに、送信元アドレスのなりすまし判定があります。

なりすましとは、メールの送信元アドレスの情報を偽ることをいいます。なぜ、なりすまし判定を受けるのか、このサイトの例で簡単に説明しますと、メールチンプのサーバーを使ってメールを配信すると、送信元アドレスは「mcsv.net」となります(「mcsv.net」以外にもあると思いますが、代表的なアドレスをあげておきます)。

でも、このサイトのドメインは「create-express.net」です。

送信者のドメインが「create-express.net」なのに、送信元のドメインは「mcsv.net」だと、メールを受け取ったシステムは「送信元が「create-express.net」というドメインを使って、メールを偽装している可能性有り(なりすましている可能性有り)」と判定します。

送信ドメインの認証を行えばなりすまし判定を回避できる

なりすまし判定を回避するには、送信ドメインの認証が必要になります。

要は、「create-express.net」のドメインを管理している者が、「「mcsv.net」から送信されるメールは自分達が送信しているメールである」。という事を教える必要があるのです。

なりすまし判定を受けないよう送信ドメインの認証を行うことで、迷惑メール判定を受ける可能性を下げることができるのです。

ですので、メールチンプのアカウントを取得したら、必ず設定するようにしましょう。

せっかくメールマガジンを書いて送っても、迷惑メールフォルダに直行してしまったら意味がないですからね。

 

「送信ドメインの認証」の設定方法

それでは早速、送信ドメインの認証方法について、解説していきます。

メールチンプで情報を取得

まずはメールチンプにログインします。下記リンクからトップページに移動し、画面右上の「Login」をクリックして下さい。

!https://mailchimp.com/
トップページに移動する

ログインすると、下記画面が表示されます。画面右上(名前の部分)をクリックするとメニューが開きますので、「Account」を選択します。

「Settings」をクリックするとメニューが開きますので、「Verified Domains」を選択します。

「Verified Domains」というページに移動したら、赤枠部分の「View setup instructions」をクリックします。

「Domain Authentication」というポップアップが表示され、DKIM情報と、SPFレコードの情報が表示されます。表示されたDKIM情報とSPFレコードはコピーして使いますので、このポップアップを開いたまま、次の手順に進みます。

エックスサーバーでDNSレコードの設定

先程確認したDKIM情報とSPFレコードをエックスサーバーのDNSレコードに追加していきます。

エックスサーバーのサーバーパネルにログインして下さい。

サーバーパネル - ログイン | レンタルサーバー【エックスサーバー】
メールアドレスの作成などサーバーの設定を行う管理ツールです。

サーバーパネルの右上にある「DNSレコード設定」をクリックします。

ドメイン選択画面が表示されますので、DNSを設定するドメインの「選択する」をクリックして下さい。

「DNSレコード設定」という画面が表示されますので、「DNSレコードの一覧」というタブをクリックすると、ドメインのDNS情報が表示されます。

ここに、先程メールチンプで表示されたDKIM情報とSPFレコードを追加していきます。

SPFレコードを追加する

最初に、SPFレコードを追加します。「DNSレコードの追加」タブを選択して下さい。

設定画面が表示されますので、SPFレコードを追加していきます。

  1. ホスト名:空白
  2. 種別:「TXT」を選択
  3. 内容:v=spf1 +ip4:xxx.xx.xxx.xx include:servers.mcsv.net ~all
  4. 優先度:「0」のままでOK
  5. 入力しましたら、「DNSレコードの追加」をクリックします。

内容の「xxx.xx.xxx.xx」の部分について

内容に「xxx.xxx.xxx.xxx」という部分がありますが、これはあなたのサーバーのIPアドレスを入力してください。

これは、サーバーパネルの「サーバー情報」から確認できます。

IPアドレスが、「123.45.678.90」の場合、内容を追加する時は下記のようになります。

内容をきちんと設定したら先に進みましょう

内容をきちんと設定できましたら、確定ボタンをクリックします。

これで、SPFレコードの追加は完了です。次に、DKIM情報を追加してきます。

DKIMの追加

次に、DKIM情報を追加します。SPFレコードを追加した時と同じで、「DNSレコードの追加」から行います。

  1. ホスト名:「k1._domainkey」と入力
  2. 種別:「CNAME」を選択
  3. 内容:dkim.mcsv.net
  4. 優先度:「0」のままでOK
  5. 入力しましたら、「DNSレコードの追加」をクリックします。

ホスト名につきまして

ホスト名は異なる可能性がありますので(私は「k1._domainkey」でしたが、人によっては違う可能性があります)、下記部分を確認して下さい。

設定したら確定する

DKIM情報を入力し、「DNS情報の追加(確認)」をクリックすると、確認画面が表示されますので、設定に問題なければ「確定」をクリックして下さい。

これで、DKIM情報とSPFレコードの追加は完了です。

メールチンプに戻って認証ボタンをクリック

SPFレコードとDKIM情報が表示されたポップアップの「Authenticate Domain」をクリックすると、SPFとDKIMの認証が始まります。

認証が完了すると、「Verified Domains」の画面に戻ります。

「Authenticate」の部分がグリーンに変化していれば設定完了です。

DNS情報を追加して間もないと、「Authenticate Domain」をクリックした後に赤枠で注意書きが表示されます。内容は、「DNS情報が浸透するまで24~48時間かかる時があるので、ある程度時間が経ってから認証を押して欲しい」というようなものです。

もし、赤枠の注意書きが表示されたら何時間か間を空けて「Authenticate Domain」をクリックして下さい。

 

まとめ

以上、メールチンプのSPFレコードとDKIM認証の設定方法について解説しました。手順通り行えば設定できますし、設定にかかる時間も10分~15分程度できます(DNS情報が浸透するまでは時間がかかる事があります)。

メールチンプを使ってメール配信する方は、迷惑メール判定のリスクを少しでも排除するために、必ず設定するようにしましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
マーケティング
クリエイトエクスプレス