人気記事を表示させるプラグイン「WordPress populer post」は初期設定のままだとサイトの表示が重くなるので注意

WordPressサイトの表示が遅くなる原因は様々ですが、原因の一つに人気記事を表示させるプラグイン「WordPress Popular Posts」があげられます。

このプラグインは非常に便利ではあるものの、サーバーに負荷がかかり、サイトの表示が遅くなってしまいます。

エックスサーバーでも下記のようにアナウンスされています。

バージョン「4.0.0」での仕様変更以降、「コンテンツ表示速度の低下」や「サーバーへの過負荷」が発生するケースを多数確認しております。

当サービスでも同プラグインをご利用のお客様が多くいらっしゃるため、コンテンツ表示速度の向上や、サーバーに対する負荷の軽減が見込める推奨設定をご案内いたします。

出典:エックスサーバー

プラグインを無効化、アンインストールしてしまえば簡単にサイトの表示は速くなりますが、人気記事はユーザーに見られやすいので、単純に無効化するよりは、設定を見直す事で表示が速くなる場合があります。

そこで今回は、「WordPress Popular Posts」の設定について解説します。

WordPress Popular Postsの設定を見直す

WordPress Popular Postsをインストールして、初期設定のまま使用してると、キャッシュやログが溜まったままになってしまいます。そうなると、サイトの運営期間が長くなればなるほど、データベースは肥大化します。

これ以上データベースを肥大化させないよう、設定の見直しとデータの削除を行い、表示が速くなるようにしましょう。

設定の変更

それでは、WordPress Popular Postsの設定の流れについて解説します。

ダッシュボード>設定>WordPress Popular Post を選択します。

ツールを選択します。

設定画面が表示されますので、下記解説に従って設定して下さい。

設定変更箇所

それでは、設定変更箇所について解説していきます。

1.閲覧を記録する対象者

ここは「人気記事をサイドバーに表示させるプラグイン「WordPress Popular Posts」設定方法と設置方法を解説」で解説しているとおり、訪問者にのみにしておいた方が良いです。

2.ログ上限

初期設定は「無効」になっています。無効にしたままにしておくとアクセスに関するデータがどんどん増えてしまいますので、データの保存期間を設定しましょう。

1日のPVが数十~数百ぐらいでしたら、1年ぐらいの長期に設定しても大丈夫だと思いますが、アクセスログを残してもあまり意味がないと感じる方は、一週間から1カ月程度に設定すると良いです(下記のように設定しておけばOKです)。

  • 週間人気記事:7日
  • 月間人気記事:31日

3.ウィジェットをAJAX化

これは「無効」のままにしておけば良いです。

4.データキャッシュ

人気記事のデータをキャッシュ(一時保存)するため、動作が軽くなります。ただ、データをキャッシュすると、更新間隔で設定した時間は人気記事のデータが変動しなくなるので、キャッシュするかしないかの判断基準はざっくりと下記の通りとなります。

アクセスが少ないサイト:キャッシュしない

アクセスが多いサイト:キャッシュする

※人気記事をリアルタイムに反映させたいような場合は「キャッシュしない」を選択するとリアルタイムでアクセスデータが反映されます。

5.キャッシュ更新時間

④で「キャッシュする」を選択するとキャッシュ更新時間が出現します。

こまめに反映させたい時は、1~2時間に設定すれば良いですし、そこまで求めていなければ3~6時間ぐらいに設定しておけば良いかと思います。

6.データサンプリング

初期設定では「無効」になっており、すべてのサイト訪問を毎回データベースへ保存するため、データベースへ連続的にデータを書き込む事となり、動作が重くなる可能性があります。

「有効」に設定するとアクセスデータの一部しか保存しなくなりますので、動作が軽くなります。

7.サンプル率

初期設定の「100」のままで問題ありません。

8.適用

全ての設定が終わりましたら、「適用」を押して設定を保存します。

過去のデータ削除

「ツール」の一番下に、「キャッシュを空にする」と「全てのデータを削除」という項目があります。

プラグインをインストールして間もなければ削除しなくても良いですが、ある程度時間が経過しているようであれば、両方をクリックして削除した方が良いです。

削除するとアクセスデータが溜まるまで人気記事は一時的に表示されませんが、データベースが軽くなるのでサイトの表示は軽くなります。

 

まとめ

以上、「WordPress Pupular Posts」をインストールして、サイトの表示が遅くなってしまった時の設定の見直しについて解説しました。

「データ保存期間」を短くし、「データサンプリング」の設定を変更するだけでも表示速度が速くなりますので、「最近、サイトの表示が遅くなってきた…」と感じたら、プラグインを外す前に設定を見直してみましょう。

Follow me!

PROFILE

瀬間 隆司
瀬間 隆司WordPress講座講師
上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法


期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」