Web集客無料メール講座

ウェブ集客に関するメール講座を期間限定で無料購読できます。

詳細はこちら

ウェブマーケティングに必須の「ランディングページ(LP)」とは?ランディングページの基礎知識を解説

マーケティング

ウェブマーケティングに欠かすことのできない「ランディングページ(LP)」というのがあります。

インターネット検索やSNSの広告をクリックすると、縦長のページが表示されると思いますが、見た事ありませんか?あの、縦長のページがランディングページなのです。

ランディングページは、商品・サービスの販売や、メールマガジンの登録や資料請求を促したり、ページに訪問したユーザーに対して何らかの提案(オファー)をする場合に非常に有効なページです。

ランディングページの出来次第で売上が大きく左右されますので、ランディングページはウェブマーケティングを行ううえで欠かす事が出来ません。

今回は、ウェブマーケティングに必須のランディングページについて解説していきます。

ランディングページとは

ランディングページ(LP)は英語で「Landing Page」と書き、直訳すると、Landing(上陸、着陸) Page(ページ)と言った意味です。

要するに、「ユーザーが外部からWebサイトに最初に訪問(着陸)したページ」がランディングページという事になります。

なぜ、ランディングページが必要なのか

そもそも、なぜ、ランディングページが必要なのでしょうか。ウェブサイトやブログではダメなのでしょうか。商品やサービスの案内、イベントの案内する文章を書くだけであれば、ブログ記事の1つとして書くことも当然可能です。

でも、なぜ、わざわざ時間とお金をかけて、ランディングページを作らなければならないのでしょうか?

 

ランディングページを作る目的

ランディングページを作る目的はただ一つ、「ユーザーにアクションを起こしてもらう」ことです。

  • メールアドレスの取得
  • 資料請求をしてもらう
  • 商品販売
  • イベントに参加してもらう

など、

色々な種類のランディングページがありますが、目的は全て同じで、ユーザーにアクションを起こしてもらうためにランディングページを作成するのです。

ランディングページが縦長の理由

ランディングページはなぜ縦長なのでしょうか、それは、ユーザーを迷わせないために、ページが縦長になっているのです。

ランディングページを作る目的は、「ユーザーにアクションを起こしてもらう」ことですが、余計なリンクを全て排除する事により、ユーザーを迷わせないようにしているのです。

通常、ウェブサイトやブログに訪問したユーザーの行動パターンは明確に定まったものではありません。

例えば、ブログに訪問したユーザーであれば、

  • 記事を読んだり、
  • 関連記事を読んだり、
  • 人気記事を読んだり、

といった行動をとると思います。

ウエブサイトであれば、

  • 事業内容や会社概要のページを見る
  • 代表者のプロフィールを見る

等といった感じです。

上記に共通しているのは、色々なページに移動できるリンクがあるため、ユーザーは自由に見たいページを選択でき、自由にページを移動できるという事です。

他のページに移動できるようになると、その分集中力が途切れますし、興味が他のところに行ってしまう可能性もあります。

ランディングページはユーザーの行動が制限できる

一方、ランディングページでユーザーが取る行動というのは2つしかありません。

  1. アクションを起こす(申し込む)
  2. ページから立ち去る(申し込まない)

という、2択しかありません。

これは、メールマガジンの申し込みや資料請求用のランディングページでも、商品・サービス販売用ランディングページでも全く同じです。

選択肢が2択しかないので、ユーザーが迷う必要がありません。

 

これは、ウェブ上に限った事では無いのですが、人は複数の選択肢があると、行動に迷いが生じてしまいます。

ウェブサイトやブログはページを移動できるリンクがあちこちにあるので、ユーザーからしたら沢山の選択肢があり、迷ってしまいます。このことは、広告を出稿する時に重要なポイントとなります。

選択肢を2つしか与えない事により、ユーザーを迷わせないようにし、購入するかしないか、登録するかしないか、ページ内で完結できるよう縦長になっているのです。

 

ランディングページを作る3つの方法

ランディングページを制作会社に作って貰うと、だいたい20~30万円ぐらいの費用がかかります(5〜10万円で作ってくれる制作会社ところもあります)。

本格的に作ろうとすると50~80万円、機能によっては100万円を超えることも珍しくありません。ランディングページは売上に直結する部分なので、それだけ手間がかかるからです。

とはいえ、この費用を新しいプロモーションや新商品が出るたびに負担していたら結構な負担になると思います。

そのため、自分・自社で作るというのも1つの方法です。

数年前であれば、HTMLやCSSといったスキルや、デザインセンスも必要だったため、素人が作るのは結構ハードルが高かったですが、最近では色々なツールがあるため、頑張れば自分でも作れるようになってきています。

そこで、ランディングページを自作する方法をご紹介します。

ウェブをビジネスに活用しようと思うと、ランディングページは欠かせませんので、何か1つ自分で作れるという手段を持っておくと、後々便利になると思います。

ランディングページ作成ウェブツールを使う

ランディングページを作成するウェブツールがいくつか提供されています。提供されているツールの殆どが無料で使う事ができます(無料の場合、ページ数や機能の制限あり)。

ウェブツールはHTML、CSSが分からない人でも扱えるようになっており、画像等の素材を選んで、文章を書き込むだけでランディングページを作る事ができます。

関連 おしゃれで見栄えの良いランディングページが無料で作成できる!ウェブツール4選

WordPressのテーマに付いてる機能を使う

WordPressのテーマにランディングページ作成機能が付いているものがあり(Lightningテーマにも作成機能があります)、テーマに付いている機能を使ってランディングページを作る方法も考えられます。

新規でドメインを取得する必要がなく、ウェブサイト・ブログと同じドメインでランディングページを作る事になるので、サイトのSEO効果の恩恵を受ける事が出来ます。

ただ、ランディングページの作成が難しいというデメリットがあります。

ランディングページ(LP)作成ツールを使う

ランディングページ作成ツールを購入して、ランディングページを作る方法です。

「Colorful(カラフル)」というWordPressでランディングページを作る事ができるテーマがありますが、1万円を切る価格でかなりクオリティの高いモノが作れます。

1つ買っておけば何個でもランディングページが作れるので、個人的にはお勧めです(私も買って使ってます)。

使い方に関するマニュアルも充実しており、初心者の方でもランディングページが作れるようになっています。ただ、フォームの設置などは初心者には難しいと思いますので、人によっては難しくて作れない可能性もあります。

関連 WordPressテンプレート「Colorful」があればランディングページ(LP)が簡単に作成できる!

 

まとめ

今回はランディングページの基礎知識について解説しました。本格的にビジネスにウェブを活用するのであれば欠かすことのできないものです。

もしまだランディングページを持っていないのであれば、今後活用することになるので、ぜひ存在自体は知っておくとよいかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
マーケティング
クリエイトエクスプレス