WordPressのユーザー権限の種類とできること。ユーザーの追加・変更の方法を解説

ブログ運営ノウハウ

WordPressサイトを複数人で運営している方もいると思います。

例えば、会社であれば、記事作成の担当者やデザインの担当社がいたり、外注スタッフに記事を書いて貰っているケースも少なくないと思います。

このような場合、各担当ごとにログインIDとパスワードを発行できるユーザー設定機能があります。

ユーザーの権限は5段階に分かれており、記事の下書きだけできるユーザーや、下書き・公開・編集・削除ができるユーザーなど、ユーザー設定によって、権限を管理する事ができます。

今回は、WordPressの権限の種類、編集権限を付与する方法と手順を解説していきます。

WordPressのユーザー権限の種類

ユーザー権限の一覧表

WordPressのユーザー権限、最も権限の低い順に「購読者、寄稿者、投稿者、編集者、管理者」5種類の権限があります。

各ユーザー権限のできる事は以下の通りです。

権限購読者寄稿者投稿者編集者管理者
プロフィールの確認・記事の閲覧
記事の下書き・編集×
記事の公開・削除
(ユーザー自身が書いた記事のみ)
××
全ての記事の編集×××
ワードプレスの全ての設定××××

各権限でできること、できないことについて、順番に解説していきます。

購読者

「購読者」権限は、管理画面にログインしても「自分のプロフィール・個人設定」しか確認することができません。ほとんど使わない権限と言えます。

左側メニューも寂しいものです。

寄稿者

「寄稿者」権限は、記事の下書きと自分で書いた記事の編集ができるようになります。ただし、メディアのアップロードはできないので、画像を記事内に挿入する事はできません。

「寄稿者」権限で記事を公開することはできません。

あくまで、テキストを編集する事できる権限です。

投稿者

「投稿者」権限は、投稿者権限を付与されたユーザー自身が書いた記事のみ、「公開、編集、削除」をすることができます。また、メディアのアップロードもできますので、記事内に画像を挿入する事も出来ます。

「投稿者」権限はユーザー自身が書いた記事のみ編集する事ができます、他の投稿者が書いた記事を編集する事はできません。

編集者

「編集者」権限は、他の投稿者が書いた記事を管理する事ができる権限を持っています。そのため、社内のスタッフや、外注さんが書いた記事を管理する人をチェックできるような方に付与する場合に有効です。

プラグインの追加、テーマカスタマイズ・編集など、ブログデザインに関する編集はできません。あくまで全ての記事を管理する権限のみ付与されます。

管理者

「管理者」権限はいわゆるオーナー権限ですから、WordPressの全ての機能を管理できます。ほとんどの場合で、自分だけが持つ権限になると思います。

自分以外に「管理者」権限を付与する場合、ウィジェットやサイトデザインを編集する際にわたすような形になります。

 

WordPressのユーザー権限を付与する方法と手順

それでは、WordPressのユーザー権限を付与する方法と手順を解説します。サンプルとして「購読者」を追加します。

WordPressの管理画面にログインし、

ダッシュボード>ユーザー>新規追加 を選択します。

追加するユーザーの情報を登録します。

  1. ユーザー名:半角英数字で入力します。
  2. メールアドレス:追加するユーザーのメールアドレスを入力します。
  3. パスワード:ユーザー登録後にユーザー自身が変更できますので、このままでOKです。
  4. 権限グループ:付与する権限を選択します。
  5. 新規ユーザーを追加:全て入力したら追加ボタンをクリックします。

新規ユーザー追加時に入力したメールアドレスに以下のようなメールが送信されますので、赤枠内のURLをクリックします。

ログイン画面に移動し、新規パスワードの設定画面が表示されますので、①任意のパスワードに変更し(自動作成されたパスワードでも良ければコピーして保存します)、②パスワードをリセットをクリックします。

パスワードがリセットされますので、ログインをクリックし、再度ログイン画面を表示し、ユーザー名と先程設定したパスワードを入力します。

これでログインできました。

以上で、選択した権限を付与したユーザーの追加は完了です。

今回は「購読者」を追加しましたが、必要に応じて記事を書いて貰うスタッフなどに権限を与えてサイトを管理しましょう。

既に追加しているユーザーの管理権限を変更する方法

既に追加してユーザーについては後からでも権限を変更することが可能です。

ダッシュボード>ユーザー>ユーザー一覧 を選択します。

ユーザー一覧の中から、権限を変更したいユーザー名をクリックします。

ユーザー名をクリックすると個人設定の画面が表示されますので、「権限グループ」という項目で変更する権限を選択し、画面下にある「ユーザーを更新」をクリックします。

以上で権限を変更する事ができます。

ユーザーを削除する方法

前述の管理権限変更で、権限自体をなくすこともできますが、ユーザーを削除することも可能です。

ダッシュボード>ユーザー>ユーザー一覧 を選択します。

ユーザー一覧が表示されますので、削除したいユーザーのユーザー名にマウスカーソルを合わせると「削除」の項目が表示されますので、削除をクリックします。

ユーザーの削除の最終確認が表示されますので、「削除を実行」をクリックするとユーザーを削除できます。

 

まとめ

以上、WordPressのユーザー権限の種類や、既に追加しているユーザーの権限変更、ユーザー削除方法について解説しました。

一人で運営している間は使わない機能ではありますが、外注さんに記事を書いて貰ったり、社内のスタッフに記事を書いて貰うような場合、権限を付与する事により、サイト運営の効率は上がりますので、効率よく運営するためにも、WordPressのユーザー管理権限付与を活用していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
ブログ運営ノウハウ
クリエイトエクスプレス
トップへ戻る