ブログ記事をTwitterでシェアした際に表示されるTwitterカード情報(タイトル・アイキャッチ)を更新する方法

マーケティング

投稿した記事をTwitterでシェアすると、Twitterのタイムラインに以下のような「Twitterカード(記事タイトルとアイキャッチ画像のサムネイル)」が表示されます。

ただこのTwitterカード、一度掲載された後にブログタイトルやアイキャッチ画像を変更すると、Twitterカード側に変更が反映されません。

なので、Twitterをシェアした後に

  • タイトル・アイキャッチ画像が気に入らないから変更した
  • 誤字脱字が判明したのでタイトルを修正した

となっても、Twitterカードに掲載された情報はすぐに更新されません。

TwitterカードはブログURL、タイトル名、アイキャッチ画像をキャッシュ(一時保存データ)しているため、ブログタイトルやアイキャッチ画像を変更しても、すぐにキャッシュは更新されないのです。

Twitterカードのキャッシュは簡単に更新可能

しかし、「Twitter Developers」に用意されている「Card Validator」という機能を使う事により、Twitterカードのキャッシュを簡単に更新する事ができます。

今回は、Twitterカードのキャッシュを更新する手順について解説します。

 

Twitterのサムネイルキャッシュを削除し、更新を反映させる手順

それでは、Twitterのサムネイルキャッシュの更新方法について解説します。

Twitterの「Card validator」にアクセス

以下のリンクをクリックし、「Card validator」 にアクセスして下さい。

https://cards-dev.twitter.com/validator

更新したいブログのURLを入力

以下の画面に移動しますので、①タイトルや画像を変更したブログのURLを入力し、②「Preview card」をクリックします。

以前のTwitterカードの情報は更新され、情報が更新されたTwitterカードのサンプル画像が表示されます。

以上でTwitterカードのキャッシュ更新は完了です。簡単ですよね。

 

まとめ

以上、Twitterカードに表示されている内容を更新する方法について解説しました。

Twitterカードの内容を変更したからといって、アクセスが改善される訳ではありませんが、ブログ記事を公開した後にタイトルや画像を変更した時、Twitterカードの情報を更新しておくと親切だと思います。

Twitterカードを見てリンクをクリックしたユーザーに対し、Twitterカードに表示されているタイトルと異なるページを表示させなくて済みます。

Twitterカードの更新方法も簡単ですので、タイトルやアイキャッチを変更した後に、すぐに更新したい時はお試しください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました