おしゃれで見栄えの良いランディングページが無料で作成できる!ウェブツール5選

マーケティング

商品・サービスの販売や、メールマガジンの登録や資料請求を促したり、ページに訪問したユーザーに対して何らかの提案(オファー)をする場合にランディングページは欠かすことができません。

ランディングページの詳しい解説は「Web集客に必須の「ランディングページ(LP)」とは?基礎知識や作り方を解説」で解説していますので参考にして下さい。

ランディングページを業者に作って貰うと時間とコストがかかります。すでに結果が出ているビジネスならコストもかけられると思いますが、テスト的に作りたい時や、スタートアップ時はあまりコストをかけられないと思います。

そこで今回は、おしゃれで見栄えの良いランディングページを専門知識が無くても作る事が出来る無料のツールを5つご紹介します。

無料で作れるランディングページ作成ツール5選

ペライチ

「ペライチ」の無料登録はコチラ

「ペライチ」は、日本のベンチャー企業が開発した、国産のランディングページ作成サービスです。

ランディングページを作成する事に特化しているサービスなので、使い方もシンプルで非常に扱いやすいです。レスポンシブデザインのテンプレートも多数用意されており、ページの編集はドラッグ&ドロップによる操作ができるため、ページの構成も簡単に編集できます。

また、動画マニュアルも用意されてますので、初心者でも迷うことなくランディングページを作成する事が出来ます。

無料プランはランディングページ1ページの作成、月間10,000PVアクセスという制限がありますが、誰でもランディングページを簡単に作れるのでお勧めのサービスです。

  • 無料で使える(無料プランはクレジットが表示される)
  • 動画マニュアルがあるので初心者でも使える
  • 編集画面はドラッグ&ドロップによる操作が可能なため、自由度が高い
  • 無料プランは機能の制限あり(1ページしか作れない)

Wix(ウィックス)

「Wix(ウィックス)」の無料登録はコチラ

「Wix」は、海外のサービス(イスラエルの企業が開発)ですが、「ja.wix.com」は日本語版のサービスなので、国内のサービスと同じような感覚で使えます。

Wixを利用している総ユーザー数は全世界で1億4千万人(2018年3Q決算発表時点)で、Webサイト作成Webツールの中で1位となっています。

Wixは基本的にホームページ作成サービスですが、ランディングページ用テンプレートが豊富に揃っており、また、テンプレートは業種ごとにカテゴリー分けされているため、業種にあった様々なデザインのテンプレートを使用する事が出来ます。

レスポンシブデザインに対応しており、ページの編集画面もドラッグ&ドロップによる操作が可能なため、HTMLの知識がなくても直感的な操作でページを作成する事が出来ます。

  • 無料で使える(無料プランは「Wix」の1行広告が表示される)
  • 業種ごとにカテゴリ分けされたランディングページ用テンプレートが豊富
  • 編集画面はドラッグ&ドロップによる操作が可能なため、自由度が高い
  • 有料版でも安い(月額650円で使える)

weebly(ウィーブリー)

「weebly(ウィーブリー)」の無料登録はコチラ

「weebly」は、海外のサービス(米国(サンフランシスコ)企業が開発)ですが、日本語対応しているため、国内のサービスと同じような感覚で使えます。

weeblyの総ユーザー数は全世界で4千万人以上で、Wixに次ぐ第2位です。

  • 無料で使える(無料プランは「POWERD by weebly 」と若干大きめに広告が表示される)
  • 業種ごとにカテゴリ分けされた100種類以上のテンプレートを用意
  • 編集画面はドラッグ&ドロップによる操作が可能なため、自由度が高い
  • 有料プランは月額5ドルから(20ドル相当のドメインが無料)
  • ECサイトの運営にも利用可
  • Eメールマーケティングにも対応

Instapage(インスタページ)

「Instapage(インスタページ)」の無料登録はコチラ

「Instapage」は、海外のランディングページ作成サービスです。サイトの言語は全て英語です。

Instapageは無料プランが用意されていないため、有料プランしかありません。14日間限定で無料で使う事が出来ますが(試用期間)、以降は有料となります。

英語のサイトですが、直感的に操作できるユーザーインターフェースを備えてますので、知っておいて損はありません。お試しでランディングページを作ってみたいという方にはおすすめしたいサービスの1つです。

ランディングページのテンプレートは100種類以上用意されており、その全てがカスタマイズ可能です。

  • 直感的な操作ができるので、自由度が高い
  • ランディングページ向けのテンプレートが豊富
  • A/Bテスト(スプリットテスト)機能が付いている(有料)
  • 料金は高め(月額$79)

strikingly(ストライキングリー)

「strikingly(ストライキングリー)」の14日間の無料試用はコチラ

「strikingly」は、海外のサービスではありますが、ユーザーインターフェースが日本語化されていますので、Instapageと比較すると言語に関するハードルは低いと思います。

おしゃれで見栄えの良いランディングページのテンプレートが多数用意されていますので、見た目の良いランディングページをすぐに作りたいという方にはお勧めのサービスです。

レスポンシブデザインに対応しており、簡単で使いやすいエディタ機能も搭載されているので、基本的な機能も充実しています。ただ、元々海外向けのサービスなので、日本語フォントは少ないです。

  • 無料で使える(無料プランは「strikingly」のロゴが表示されます)
  • レスポンシブデザインに対応したおしゃれんばランディングページテンプレートが多数あり
  • 海外のサービスだけど、ユーザーインターフェースは日本語化されているので扱いやすい(一部日本語化されていない部分もあります)
  • 日本語フォントは殆どない

 

まとめ

以上、おしゃれで見栄えの良いランディングページを簡単に作成できるツールをご紹介しました。

ツールを使えば専門知識が無くてもランディングページを作る事が出来ますので、「ランディングページを作りたいけど、あまりコストをかけたくない」という方は、ツールを活用されると良いかと思います。

今回、5つのサービスをご紹介させて頂きましたが、どのサービスを使うかは実際に色々試してみると良いです(ランディングページのテンプレート数、操作性、カスタマイズ性など、各サービスで異なるので)。

無料プランを活用しながら、自分(自社)に合ったツールを見つけて下さいね。

WordPressを使ってランディングページを自作したいという方は、以下の記事でランディングページを作れるテーマを紹介していますので、参考にして下さい。

また、以下の記事でランディングページのセールスライティングを学べる書籍を紹介していますので、こちらも併せて参考にして下さい。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました