Web集客無料メール講座

ウェブ集客に関するメール講座を期間限定で無料購読できます。

詳細はこちら

高機能キャプチャソフト「Screenpresso」を使って注釈を簡単に挿入。使い方と機能を解説

便利ツール

マニュアルを作成する際、文字情報だけでは伝え難い場合が多々あります。

文字だけで伝えにくい時は、画像を使ったり、画像に文字を入れたりした方がより分かりやすくなります。

そこで今回は、画面のキャプチャー、画像への注釈、動画作成までできる、Windows専用の無料ソフト、「Screenpresso(スクリーンプレッソ)」をご紹介します。

Screenpressoを使えば画像への注釈を簡単にできる

「Screenpresso(スクリーンプレッソ)」を使うと、デスクトップのキャプチャーはもちろん、キャプチャーした画像に注釈を入れる事が出来ます。

以下の画像のように、番号の挿入、矢印、囲み線、モザイク、フリーハンドによる線引き、マーカー、拡大ルーペ、吹き出し等々、非常に多くの機能を無料で使う事が出来ます。

このブログで使っている画像の殆どは、スクリーンプレッソで加工したものです。

Screenpressoとは

Screenpresso:Windows用の究極のスクリーンキャプチャツール
Screenpresso screen capture allows you to grab an image or video of what you see on your computer screen, add effects, and share with anyone.

Screenpresso(スクリーンプレッソ)は、画面のキャプチャー、画像への注釈、動画作成ができる高機能なツールです。

高機能ではあるのですが、インターフェースはシンプルですので、直感的な操作で使えます。

※ScreenpressoはWindowsのみ。

Screenpressoのダウンロード

Screenpresso(スクリーンプレッソ)のダウンロードは公式サイト経由でダウンロードできます。まずは公式サイトにアクセスします。

Screenpresso:Windows用の究極のスクリーンキャプチャツール
Screenpresso screen capture allows you to grab an image or video of what you see on your computer screen, add effects, and share with anyone.

トップページ上部メニューにある「ダウンロード」か、トップページに表示されている「スクリーンプレッサーを無料で入手」のいずれかをクリックします。

ダウンロードページに移動しますので、「Screenpressoをダウンロードする」というボタンをクリックして下さい。

画面が暗転し、メールフォームが立ち上がりますが、最新ニュースが必要なければ「スキップ」をクリックします。

以下のファイルをダウンロードしますので、インストールして下さい。

インストールの説明は割愛します。

 

Screenpressoの初期設定

基本的に、設定を変更しなくても普通に使えますが、画像の保存先などについて解説します。

保存先とか気にならないという方は飛ばして下さい。

まずはソフトを立ち上げます。スパナのようなアイコンがありますので、ここをクリックします。

小さなメニューが開きますので、「設定」をクリックします。

ワークスペースの保存先

キャプチャ画像の保存先を変更できます。初期設定では PC>ピクチャ>Screenpresso に保存されます。フォルダが若干遠いと感じる方は変更して下さい。

保存するファイル数の設定

キャプチャ画像の保存枚数を設定します。「スクリーンショット」タブを選択し、以下の場所の数字を設定します。

最大「10,000」まで変更可能です。

以上、簡単に説明しましたが、設定を変えなくても問題無く使えます。

 

Screenpressoでできる画像の注釈

Screenpressoでは、画像に以下の注釈を挿入する事ができます。

  1. 矢印の挿入
  2. 囲み線(四角の枠)
  3. 文字の挿入
  4. 吹き出し付き文字の挿入
  5. 番号付けの挿入
  6. マーカーによる強調表示
  7. 楕円の囲み線
  8. ポリゴン描画機能
  9. フリーハンドによる描画の挿入
  10. ぼかし機能
  11. 画像の挿入
  12. ルーペによる拡大表示
  13. 波括弧(なみかっこ)の挿入

矢印の挿入

8種類のデザインが用意されており、矢印の長さ・太さ、色、透過度、線の影などを自由に変更する事ができます。

囲み線(四角の枠)

5種類のデザインが用意されており、線の太さ・種類、角の丸さ、影、塗りつぶし、透過性などを自由に変更する事ができます。

文字の挿入

6種類のテキストデザインが用意されており、フォント、フォントカラー、テキストサイズ、透過性、グロー(グロー率・グローぼかし)、影などを自由に変更する事ができます。

吹き出し付き文字の挿入

6種類の吹き出しデザインが用意されており、テキストの書式(吹き出し形)、吹き出しの塗りつぶし、フォント、フォントカラー、テキストサイズ、透過性、グロー(グロー率・グローぼかし)、影などを自由に変更する事ができます。

番号付けの挿入

5種類の番号が用意されており、数字・アルファベットの選択や、開始する番号の指定、種類(矢印、ピンの形など)、塗りつぶしの色、テキストカラー、透過性、サイズ、影などを設定できます。

マーカーによる強調表示

4種類のカラーが用意されていますが、色や透過性を自由に設定できます。

楕円の囲み線

5種類のデザインが用意されており、線の太さ・種類、影、塗りつぶし、透過性、ぼかしなどを自由に変更する事ができます。

ポリゴン描画機能

5種類のポリゴンが用意されており、色、透過性、線の幅、塗りつぶし、開始ポイント、終了ポイント、線の種類・影、ぼかし等を調整できます。

フリーハンドによる描画の挿入

4種類のフリーハンド素材が用意されており、色、透過性、線の幅、Shadowを調整できます。

ぼかし機能

マウスでぼかしたい箇所を範囲指定するだけで、簡単にぼかしを入れることができます。また、ぼかしのレベルはスライダーで簡単に調整できます。

画像の挿入

53種類(執筆時点)のアイコン画像が用意されており、自由に大きさを調整する事が出来ます。また、用意した画像を挿入することもできます。

ルーペによる拡大表示

4種類のルーペデザインが用意されており、ルーペはズームレベル、塗りつぶしの色、線の幅、透過性などが調整できます。

波括弧(なみかっこ)の挿入

4方向の波括弧が用意されており、波括弧は色や種類(方向)、透過性、塗りつぶし、線の幅、角のまるみ、影などを調整できます。

 

まとめ

以上、直感的に注釈を入れる事ができるフリーソフト、「Screenpresso(スクリーンプレッソ)」について解説しました。

無料とは思えないほど高機能なので、画像に注釈を入れたい、簡単に注釈を入れる事が出来るソフトを探している方は、「Screenpresso(スクリーンプレッソ)」使ってみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
便利ツール
クリエイトエクスプレス