新着記事をGoogleの検索エンジンに素早くインデックスしてくれるプラグイン「PubSubHubbub」

WordPress

新着記事を素早くGoogleの検索エンジンにインデックスしてくれるプラグインがあります。

通常、Googleの検索エンジンにWebページをインデックスされるには、「サイトマップ(sitemap.xml)」を登録する事で、検索エンジンのクローラー(ロボット)がページの情報を読み取る事により、検索結果に表示されることになります。

ただ、検索エンジンのクローラーは定期的に巡回している訳では無いので、記事を公開しても、すぐにインデックスされません。

インデックスを促すプラグイン「PubSubHubbub」

「PubSubHubbub(パブサブハバブ)」というプラグインを利用することで、記事を公開した直後にGoogleにインデックスされるようになります。

このプラグイン、面倒な設定もなく、基本的にインストールするだけで使う事が出来るので、非常に便利です。

「PubSubHubbub」を使うメリット

「PubSubHubbub」を使うと以下2つのメリットがあります。

  • Googleの検索エンジンに素早くインデックスしてくれる
  • 素早くインデックスされることで、コピーコンテンツ(重複コンテンツ)のペナルティを受け難くなる

Googleの検索エンジンに素早くインデックスしてくれる

記事を公開した後、なるべくなら早く記事を読んでもらいたいと思います。トレンドサイト(ブログ)を運営しているような方であれば、尚更だと思います。

こうした時に「PubSubHubbub」を導入すると素早くインデックスされるので、すぐに検索結果に反映されるようになります。

素早くインデックスされることで、コピーコンテンツ(重複コンテンツ)のペナルティを受け難くなる

Googleの検索エンジンに素早くインデックスされるという事は、記事を盗用(パクられる)されるリスクを回避する事ができます。

例えば、あなたが書いた記事が他サイトに丸ごとコピーされたとします。記事を書いたのはあなたが早く書いたと思いますが、丸ごとコピーした他サイトの方がインデックスが早かった場合、Google検索はどちらのサイトがコピー(パクリ)したと疑うでしょうか。

このような場合、インデックスが遅いあなたのページがコピーしたと疑われてしまう可能性がありますので、こうしたリスクを少しでも排除するために、記事を公開したらすぐにインデックスした方が良いのです。

「PubSubHubbub」のインストール

それでは早速、「PubSubHubbub」をインストールしていきます。

ダッシュボード>プラグイン>新規追加 を選択します。

プラグイン検索窓に「PubSubHubbub」と入力するとプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。インストール終了後「有効化」をクリックして、プラグインを有効化します。

設定項目の確認

「PubSubHubbub」は有効化すると特に設定する必要が無く、そのまま使う事ができます。

一応、通知先のURLを追加・編集する事ができるので、一応確認してみます。

ダッシュボード>設定>PubSubHubbub を選択します。

「PubSubHubbub」の設定画面が表示されます。ここで通知先URLを追加・編集する事が出来ます。

初期設定では、上記2つのURLが設定されています。

「https://pubsubhubbub.appspot.com」はGoogleが運営するハブサーバーで、「https://pubsubhubbub.superfeedr.com」はSuperfeedrが運営するハブサーバーです。

検索エンジンはGoogle(Yahoo!の検索エンジンはGoogle検索です)を使っている方が多いので、特に追加する必要は無いと思います。

 

まとめ

以上、新着記事を素早くインデックスしてくれるプラグイン、「PubSubHubbub」の使い方について解説しました。

素早くインデックスされる事により、検索結果にすぐに表示されるだけではなく、コピーコンテンツ(重複コンテンツ)によるペナルティを受け難くなるというメリットもありますので、是非、使ってみて下さい。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました