Web集客無料メール講座

ウェブ集客に関するメール講座を期間限定で無料購読できます。

詳細はこちら

投稿や固定ページを一括で変更できるプラグイン「pTypeConverter」の使い方を解説

WordPressプラグイン

WordPressでコンテンツを作成する際、「投稿」と「固定ページ」という2種類のページを使い分けて作成します。

「投稿」はブログ記事を書く際に使用し、「固定ページ」は会社概要や事業内容、サービス紹介等のページを作成する際に使う事が一般的ですが、ウェブサイトやブログを運営しているうちに、投稿と固定ページを変換したいという時があります。

変換したいページ数が少なければ、コピー&ペーストすれば良いと思いますが、変換したいページ数が多いと、1ページずつコピー&ペーストするのは面倒です。

このような時は、プラグインを使って一括で変更すると非常に楽です。

投稿と固定ページを一括で変更できる「pTypeConverter」

投稿と固定ページを一括で変更できる「pTypeConverter」というプラグインを使うと、ページの変更を一括で行う事が出来ます。

  • 投稿→固定ページ
  • 固定ページ→投稿

サイト移行(引っ越し)時に「pTypeConverter」を使うと一括で変更できる

他システムからWordPressサイトに移行すると、ほとんどの場合でページのデータが「投稿」に入ってしまうので、このプラグインを使うと一括で「固定ページ」に変更できるので楽です。

pTypeConverterのインストール

それでは早速、「pTypeConverter」をインストールしていきます。

ダッシュボード>プラグイン>新規追加 を選択します。

プラグイン検索窓に「pTypeConverter」と入力するとプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。インストール終了後「有効化」をクリックして、プラグインを有効化します。

左側メニューの「ツール」を確認すると、「pTypeConverter」という項目が追加されたことが確認できます。

このプラグインは特に何か設定する必要はありませんので、インストールしたらそのまま使えます。

 

pTypeConverterの使い方

それでは、pTypeConverterを使って、投稿を固定ページに変更する手順について解説していきます。

投稿を固定ページに変換する方法

ダッシュボード>ツール>①pTypeConverter を選択し、②「Convert」タブを選択します。

下図のようにコンテンツのデータが一覧で表示されますが、③「タイプ」という項目を見ると、「post(投稿)」、「page(固定ページ)」、「attachment」というデータが表示されているのが確認できると思います。

「attachment」は、記事に使われた画像のみを表示するURLです(強制的に生成される)ようです。

「post」、「page」、「attachment」という3つのデータが混雑して、変換したいページを探し難いと思いますので、まずは「post」データだけを表示させたいと思います。

①Typeを「post」に設定し(最初から「post」になっていると思います)、②Limitの数字(10、25、50、100、ALLから選択)を設定すると、「post(投稿)」データをソートする事ができます。

下図のような感じで、「post(投稿)」データだけ抽出できます。

postを抽出したら、①固定ページに変更したいページにチェックを入れ、②変更するページを「page」に指定し、③「convert」をクリックします。

画面上部に最終確認が表示されますので、「OK」をクリックします。

タイプを確認すると、「post(投稿)」だったページが、Success!という表示と共に「page(固定ページ)」に変更されたのが確認できます。

「固定ページ一覧」を確認すると、変更したページが一覧の中に表示されている事が確認できます。

固定ページの親子関係はご自身で設定する必要がありますので、個別に修正して下さい。

固定ページを投稿に変換する方法

固定ページから投稿に変換する場合、基本操作は全く同じです。「post」と「page」の操作を逆にするだけで固定ページから投稿に変換する事ができます。

固定ページから投稿に変換した場合、カテゴリやタグを一括で設定する事ができませんので、個別に修正して下さい。

カスタム投稿タイプを投稿や固定ページに変換する場合

「pTypeConverter」を使うと、カスタム投稿タイプを投稿や固定ページに変換することもできます。

初期設定の状態では、投稿、固定ページ、画像リンク(attachment)の相互変換ぐらいしか選択肢がなく(「Lightning」テーマを使っていると、「lp」という選択肢があります)、変換対象にカスタム投稿タイプが含まれていません。

変換対象にカスタム投稿タイプを含めるには、以下のように設定する必要があります。

「Options」タブをクリックし、「Use Advanced Post Types」を「true」に変更します。

「true」に変更して良いか聞かれますので「OK」をクリックします。

これでカスタム投稿タイプを選択できるようになります。

 

まとめ

以上、投稿や固定ページを一括で変更するプラグイン「pTypeConverter」の使い方について解説しました。

「pTypeConverter」を使うとまとめてページタイプを変換できますので、記事の修正や他サイトからWordPressに移行(引っ越し)した時に、記事データが全て投稿に入ってしまった時に「pTypeConverter」を使えば楽です。

変換するページ数が多い場合、是非使ってみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
WordPressプラグイン
クリエイトエクスプレス