Web集客無料メール講座

ウェブ集客に関するメール講座を期間限定で無料購読できます。

詳細はこちら

FC2ブログからWordPressへ移行(引っ越し)する時の手順と注意点を解説

サイトの引っ越し

FC2ブログからWordPressに移行する方法について解説します。

移行先のWordPressを用意してある前提で解説していきます。

もし、まだWordPressをインストールしていなければ、インストールしておいて下さい。

FC2ブログからWordPressに移行する流れ

それでは、FC2ブログからWordPressに移行する流れについて解説します。大まかな流れについては以下の通りとなります。

  1. 記事データの移行
  2. FC2ブログから記事データをエクスポート
  3. WordPressにインポートする前に記事の行間を修正する
  4. インポートプラグインに行間を引き継ぐカスタマイズ
  5. インポートツールのカスタマイズ
  6. 記事データをWordPressへインポート
  7. インポート時に挿入されるタグを削除する
  8. 記事内容を一括で置換できるプラグイン「Search Regex」
  9. 記事内容を「Search Regex」で置換
  10. 画像データの移行
  11. FC2ブログから画像データをエクスポート
  12. 画像データをWordPressにアップロードする

 

記事データを移行する手順

最初に、FC2ブログに入っている記事データをWordPressに移行します。

FC2ブログから記事データをエクスポート

FC2ブログの管理画面に移動し、「ツール」から「データバックアップ」を選択します。

ログイン FC2 - 無料ホームページ アクセス解析 ブログ レンタルサーバー SEO 対策 等 -
無料レンタル アクセス解析

データバックアップの画面が表示されますので、「全ての記事」の項目のダウンロードをクリックします。

デスクトップ等に記事データを保存したら、記事データのエクスポートは完了です。

WordPressにインポートする前に記事の行間を修正する

FC2ブログから記事データをエクスポートしたら、データをWordPressにインポートするのですが、インポートする前にWordPress側で設定する必要があります。

エクスポートしたデータをそのままWordPressにインポートすると、改行が1つなくなってしまい、行間が詰まってしまいます。

インポート前に<br><br>と改行していた文章が、<br>が一つ消えてしまう為、文章が詰まってしまうのです。

この現象を修正するために、WordPressのインポートプラグインをカスタマイズします。

インポートプラグインに行間を引き継ぐカスタマイズ

まずはインポート用プラグインをインストールします。

ダッシュボード>ツール>インポート を選択します。

インポート設定画面の「Movable Type と TypePad」にある「今すぐインストール」をクリックします。

インストールすると、「インポーターを実行」と表示されますが、まだ実行しないで下さい。

インポートツールのカスタマイズ

以下の場所にあるファイルをカスタマイズします。

wp-content>plugins>movabletype-importer というフォルダ内に、「movabletype-importer.php」という名称のファイルがあります。

このファイルを以下のようにカスタマイズしていきます。

455~456行目に、以下のように記述されているコードを、

以下のように変更して下さい。

元々記述されているコードの前に「/(スラッシュ)」を2つ挿入してコメントアウト(無効化)し、上記のコードを下に張り付けて下さい。

ファイルを変更したら上書き保存して、サーバーへアップロードして下さい。以上でインポートツールのカスタマイズは完了です。

記事データをWordPressへインポート

カスタマイズが終了したら、FC2ブログの記事データをWordPressにインポートします。

ダッシュボード>ツール>インポート を選択します。

インポート画面が表示されますので、「インポーターの実行」をクリックします。

①ファイルを選択をクリックし、FC2ブログからエクスポートしたデータを選択し、②「ファイルをアップロードしてインポート」をクリックします。

投稿者名変更の設定画面が表示されますので、①「admin(メインユーザー名)」を選択し、②「実行」ボタンをクリックします。

これで、FC2ブログの記事データをWordPressに移行する事ができました。投稿一覧画面から、FC2ブログの記事データが反映されたか確認してみて下さい。

インポート時に挿入されるタグを削除する

記事をインポートすると、全ての記事の文末に以下のタグが挿入されてしまいます。

全ての記事の文末に入ってしまうので、プラグインを使って一括で削除したいと思います。

記事内容を一括で置換できるプラグイン「Search Regex」

「Search Regex」というプラグインを使うと、一括で記事内容を置換できますので、記事数が多い方は「Search Regex」を使います。

ダッシュボード>プラグイン>新規追加 を選択します。

プラグイン検索窓に「Search Regex」と入力するとプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。インストール終了後「有効化」をクリックして、プラグインを有効化します。

記事内容を「Search Regex」で置換

ダッシュボード>ツール>Search Regex を選択します。

「Search Regex」の設定画面が表示されますので、以下のように設定します。

  1. Serch pattern:「|<br>\n<!--more-->\n<br>|」と入力
  2. Regex:チェックを入れて下さい
  3. Replace & Save:実行ボタンをクリックします。

これで、全ての記事から余計なタグを削除する事ができます。

 

画像データを移行する手順

記事データをWordPressにインポートしたら、FC2ブログからWordPressに画像データを移行します。

FC2ブログから画像データをエクスポート

先程記事データをエクスポートした画面の下部に「ファイルバックアップ」という項目があり、その中に「画像ファイル」というメニューがありますので、「リストを開く」をクリックして下さい。

解説で使用している画面は画像が16件しか無いので、上記のような表示になっていますが、100件以上あると、「ページ1、ページ2…」というように、100件づつ表示されますので、画像ファイルのページを全て保存して下さい。

リストを開くと、画像ファイルが一覧で表示されます(1ページ100枚が上限)。

画像ファイルをまとめて保存するために、ブラウザ上で画像に被らないよう、「右クリック」して「名前を付けてページを保存」をクリックします。

保存形式の選択画面が表示されますので、一番下の「ファイルの種類」を「ウェブページ、完全」を選択して保存します。

すると、以下のように画像データがパソコン上に保存されます。この時、「sh_help_icon.gif」というデータが保存されてしまいますが、必要ないので削除しておいて下さい。

以上で画像ファイルの保存作業は完了です。

画像が100枚以上ある方は、この作業をページ分繰り返して下さい。

画像データをWordPressにアップロード

保存した画像データをWordPrssのサーバーにアップロードします。

ダッシュボード>メディア を選択します。

FC2から保存した画像データをWordPressにアップロードします。

フォルダからドラッグするだけで簡単にアップロードできます。

画像データをWordPressにアップロードできました。

これで画像データの移行は完了です。

記事内の画像リンクを修正

画像をWordPressにアップロードしたら、記事内の画像リンクを修正します。

記事をインポートすると、画像込みで記事が表示されると思いますが、この時の画像はFC2ブログのサーバーからデータを読み込んで記事内に表示しています。

そのため、記事内の画像リンクを修正しないと、FC2ブログのアカウントを削除した時に画像が表示されなくなります。

WordPressをインストールしているサーバーから画像を読み込むために、画像リンクを修正する必要があるのです。

インポートした記事を開き、「ビジュアルエディタ」から「テキスト」で表示に変更すると、画像のリンクを確認する事ができます。

blog-imgs-●●.fc2.com/▲/▲/▲/FC2ブログのID/

FC2ブログの画像URLは固定ではありません。画像データが多いと、「●●」の部分が複数存在している事があります。

▲の部分、及びブログIDはアカウントで固定されています。

従って、画像データが多い方はSearch Regexを使って「/▲/▲/▲/FC2ブログのID/」というように検索をかけ、●●の部分が異なるURLが存在しないか調べる必要があります。

上記のURLを「Search Regex」を使い、WordPressサイトにアップロードした画像のURLに変更します。

ツール>Search Regex を選択し、以下のように画像のURLを変更します。

  1. Search pattern:画像のURLを入力します「blog-imgs-●●.fc2.com/▲/▲/▲/FC2ブログのID/」
  2. Replace pattern:WordPressサイトのURLパスを入力します「ドメイン名/wp-content/uploads/2018/12/」
  3. Replace& Save:URLを入力したらクリックします。
WordPressサイトのURLパスの最後に、年月の表示がありますが、作業時の日時に合わせて変更が必要となります(2019年1月に作業した場合、「/2019/01/」となります)。

画像リンクがキチンと修正されたか、記事を確認してみます。先程、画像URLを確認した記事を開いてみます。

以下のように画像URLが変更された事が確認できます。

  • 旧画像URL:blog-imgs-124.fc2.com/t/a/k/FC2ブログのID/
  • 変更後画像URL:/wp-content/uploads/2018/12/

以上で画像データの移行作業は完了です。

 

その他の修正点

記事データと画像データの移行は完了しましたが、必要に応じて以下の項目を修正される事をおすすめします(修正しないと日本語のままになってしまいます)。

  • 投稿のパーマリンク修正
  • カテゴリ・タグのスラッグの修正

全て修正しましたら、FC2ブログから移行先となるWordPressサイトにリダイレクトさせ、移行(引っ越し)完了です。

 

まとめ

以上、FC2ブログからWordPressサイトへの移行(引っ越し)方法について解説しました。

インポートツールのカスタマイズが若干難しいと感じるかもしれませんが、解説通りに進めれば移行できますので、FC2ブログからWordPressの移行を検討されている方は参考にして下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
サイトの引っ越し
クリエイトエクスプレス