MailChimp(メールチンプ)でステップメールを作成する手順について解説

MailChimpでステップメールを作る方法マーケティング

MailChimpは無料プランでもステップメールを配信する事ができます。

この記事では、MailChimpでステップメールを作成する手順について解説します。

MailChimpのメールアドレス管理は、「List」から「audience(オーディエンス)」に名称変更しました。キャプチャ画像は「List」と表示されたままになっていますが、実際は「audience」なので、その旨ご了承ください。

※本記事の解説文は「audience」と名称を修正して解説しています。

MailChimp(メールチンプ)でステップメールを作成する手順

それでは早速、MailChimpでステップメールを作成する手順について解説していきます。

MailChimp(メールチンプ)にログインする

MailChimp にログインし、管理画面に移動します。下記リンクをクリックしてログインして下さい。

「MailChimp(メールチンプ)」の公式サイトはコチラ

ログインしましたら、上部メニューにある「Lists」「audience」を選択して下さい。

次に、ステップメールを送信するリストを選択します。

グループを作成する

リストを選択すると下記画面が表示されますので、「Manage Contacts」タブの「Groups」を選択します。

リスト内のグループを作成する画面が表示されますので、新しいグループを作成します。

①メールの登録画面でどのようにしてグループを分けるか選択します。選択肢を作る必要瀬性は今のところありませんので、一番下の「Don’t show these groups on my signup form」を選択します

  • As checkboxes:チェックボックスでグループ分けする
  • As radio buttons:ラジオボタンでグループ分けする
  • As a dropdown:ドロップダウンメニューでグループ分けする
  • Don’t show these groups on my signup form:選択肢を表示しない

次に、②「見込み客」というグループカテゴリーを作り、③「WordPressサイト作成マニュアル」というグループ名を作成します。一通り入力したら④「Save」をクリックします。

グループを作成すると確認画面が表示されますので、「Done For Now」をクリックして下さい。

以上でステップメールを送信するグループの作成は完了です。

 

ステップメールを作成する(新しいキャンペーンの作成)

先程作成した見込み客グループへ送信するステップメールを作成していきます。

新しいCampaign(キャンペーン)の作成

新しいキャンペーンを作成しますので、①画面上部メニューの「Campaign」を選択し、②「Create Campaign」をクリックして下さい。

キャンペーンタイプの選択

「Create Campaign」をクリックするとポップアップでキャンペーンタイプの選択肢が出現しますので、「Email」を選択します。

どのようなタイプのメールを作成するか選択します。

①「Automated」タブを選択し、次のタブでは②「Subscriber Activity」を選択。③最後に「Respond to subscriber updatesを選択して下さい。

「Welcome new subscribers」と「Respond to subscriber updates」との違い

「Welcome new subscribers」と「Respond to subscriber updates」は下記のような違いがあります。

  • Welcome new subscribers:読者が新しくリストに入るとステップメールが送信される。
  • Respond to subscriber updates:読者グループが更新されるとステップメールが送信される。

これは、メールチンプのリストとグループの違いを理解していないと分かり難いかもしれませんが、初めてリストに登録があった時にグループ情報が更新されれば、読者が新しくリストに入った場合でも「Respond to subscriber updates」を選択しておくとステップメールが送信されます。

キャンペーンの名前をつけてリストを選択する

「Campaign Name」を入力するのですが、これは読者に見えてしまうので、見られても問題無い名称に設定しておいた方が良いです。

①「Campaign Name」にキャンペーン名を入力し、下にあるドロップダウンメニューからリストを選択します。②「Begin」をクリックして保存します。

以上でキャンペーンの作成は完了です。

 

ステップメールの送信スケジュールの設定

新しいキャンペーンを作成すると、初期設定では2通のメールが用意されていますが、いずれも登録後1日経ってから送信されるよう設定されていますので、1通目を即時返信に変更します(2通目は必要に応じて変更して下さい)。

赤枠内の「Edit」をクリックして下さい。

ステップメールの送信スケジュールが設定できますので、登録後、すぐに送信されるよう設定します。

  1. Delay:登録されてからどれぐらい時間が経ってからメールを配信するのか選択します。「immediately:すぐに」、「hour(s):時」、「day(s):日」、「week(s):週」の4つの中から選択できます。登録後すぐに送りたいので、「immediately」を選択します。
  2. Settings:グループ情報を選択します。先ほど「Lists」「audience」で作ったグループ名を選択します。
  3. Update Trigger:設定が終わったらクリックします。

以上で送信スケジュールの設定は完了です。

2通目は「1日後」で設定されていますので、送信スケジュールを変更したい時は、2通目のところの「Edit」をクリックして送信スケジュールを変更して下さい。

また、3通目のメールを作成したい時は、画面中央下にある「Add Email」をクリックするとメールが増えます。

 

ステップメールの件名、送信者、送信アドレスを設定する

ステップメールの件名、送信者、送信アドレスを設定します。「Design Email」をクリックします。

メールの名称や件名、送信者、送信アドレスの設定を行う事ができます。試しに、下記のように設定してみます。

  1. Name your email:自分しか見えないので、管理しやすいメールの名前
  2. Email subject:メールの件名を入力します
  3. Preview text:件名の後に表示される文章を入力します(プレビューが必要無ければ空白でもOKです)
  4. From name:送信者名
  5. From email address:送信者アドレス
  6. 「Next」:全て入力後、「Next」をクリックします。

この後は、メールのテンプレートを選択し、メールを書いていくという流れになります。

メールの編集方法は以下の記事で解説していますので、参考にして下さい。

※リンクをクリックすると、メール編集画面を確認できます。

 

ちなみに、以下の記事でシナリオ分岐のステップメールの作り方を解説していますので、興味のある方は以下の記事もご確認下さい。

 

また、以下の記事で動きのある登録フォームを設置できるプラグインを紹介していますので、登録者数を増やしたい方はこちらも参考にして下さい。

 

まとめ

以上、MailChimpでステップメールを作成する手順について解説しました。

MailChimpは管理画面が英語なので、とっつき難さがあると思いますが、分からない箇所はブラウザの翻訳機能を使えば日本語化できますので、使っているうちに慣れてくると思います。

高機能な分析機能を使う事ができ、WordPressとの連携もスムーズにできますので、使いこなせるようになれば、マーケティングオートメーションを実現できます。

マーケティング活動を自動化したい方は、MailChimpをうまく活用していきましょう。

 

ちなみに、MailChimp以外のMAツールに興味のある方は以下の記事を参考にして下さい。

 

以下のボタンをクリックすると、MailChimpの使い方を網羅したまとめ記事に移動できます。
MailChimp(メールチンプ)の使い方マニュアル

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました