WordPressテーマ「Lightning」のコピーライトを削除する3つの方法を解説

WordPress

「Lightningテーマ」はデザインも良く、日本語に対応しており、集客のための仕組みや機能も付いているのに無料で使えるという、本当にありがたいテーマです。

WordPress講座でもLightningテーマを使わせて頂いており、感謝の念に堪えません。ただ、このテーマ、無料とは思えないほど高機能ではあるのですが、1点だけ気になる部分があります。

それは、フッターに表示されるコピーライトです。

無料テーマの多くはフッターにコピーライトが入っている

無料で配布されているテーマの殆どは、フッターにコピーライト(テーマ作成者名)が入っています(コピーライトを非表示できる無料テーマもあります)。

例に漏れず、Lightningテーマのフッターにも下記のようなコピーライトが表示されます。

「Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. technology.」と表記されているのが確認できます。

無料で使わせて頂いているのでこれぐらいの表示は致し方ない部分もありますが、ビジネス利用の場合、他の事業者の表記はなるべくなら消したいところだと思います。

そこで、Lightningテーマのコピーライトを削除する方法について解説していきます。

 

Lightningテーマのコピーライトを削除する3つの方法

  • コピーライト削除のプラグインを購入する
  • PHPファイルを編集してコピーライトを削除する
  • CSSファイルを編集してコピーライトを削除する

上記の通りです。順を追って解説します。

 

コピーライト削除の有料プラグインを購入する

Lightningテーマの配布元である株式会社ベクトルさんが、コピーライト表記を自由に変更できるコピーライト専用のプラグイン「Lightning Copyright Customizer」を販売しています。

公式 コピーライトカスタマイザー

専用プラグインをインストールする事で、フッターのコピーライトを自由に変更することができます。

Lightning Copyright Customizer 購入サイト

プラグインをインストールして、簡単な設定を行うだけでコピーライトが削除できますので非常に楽です。

価格も1,650円(税込)程度とお手頃なので、面倒な事をしたくない方はプラグインを購入した方が良いです。

このプラグインの機能は「Lightning Pro」に含まれていますので、「Lightning Pro」をご利用の方、若しくは購入を検討している方は購入しないようご注意ください。
「Lightning Pro」は以下の記事で紹介しているので参考にして下さい。

 

PHPファイルを編集してコピーライトを削除する

「テーマの編集」から、コピーライトを出力している部分を直接編集することで、コピーライトを削除することができます。

ちなみに、Lightningテーマでは、コピーライトを削除しても問題ありません。

コピーライト削除を禁止している無料テーマが多い中、この点も太っ腹だと思います。

PHPを編集する事により、不具合が起きた場合は自己責任となります。従いまして、ご自身の判断でPHPを編集するかどうか考えてから行ってください。

footer.phpを編集

それでは、コピーライトを削除する方法を解説していきます。

ダッシュボード>外観>テーマの編集 を選択します。

Lightningテーマの編集画面が表示されますので、「テーマフッター(footer.php)」を選択します。

「テーマフッター(footer.php)」を選択後、下の方に画面をスクロールすると、56行目に

と書かれた部分がありますので、ここを書き換えてコピーライトを削除します。

コードの書き換え

先程の箇所(56行目)に記載されていたコードを下記コードに書き換えます。

書き換えましたら、「ファイルを更新」をクリックして保存して下さい。これでコピーライト削除の作業は完了です。

サイトのフッターを確認してみると、コピーライトの表示が消えている事が確認できます。

「テーマの編集」で誤ってコードを削除したりすると、サイトが真っ白になる場合がありますのでご注意ください。

CSSファイルを編集してコピーライトを削除する

  • 「テーマフッター(footer.php)」を編集するのは恐ろしい
  • 上記の通りやってみたがうまくいかなかった

という方は、footer.phpではなく、スタイルシートを編集する方法でコピーライトを削除して下さい。

style.cssを編集

スタイルシートを編集してコピーライトを削除する方法を解説していきます。

ダッシュボード>外観>テーマの編集 を選択します。

テーマの編集画面を選択すると、スタイルシート(style.css)編集画面が表示されますので、このファイルにコピーライトを非表示にするコードを追加します。

編集画面が表示されたら、以下のコードをコピーして下さい。

コードをコピーしましたら、①以下の場所に張り付け、②「ファイルを更新」をクリックして完了です。

これで、フッターのコピーライトは削除されます。

ファイルアップデートで上書き削除されるのでご注意

ファイルを編集してコピーライトを削除する方法は、テーマファイルがアップデートする度に上書き削除されてしまうので、都度、コピーライトを削除する必要があります。

テーマファイルの上書き削除を回避したいという方は、子テーマを使い、子テーマのCSSやPHPファイルを編集すると上書き削除されなくて済みます。

 

まとめ

以上、Lightningテーマのコピーライトを削除する方法について解説しました。

どのような方法で削除するかは人それぞれですが、どうしても無料でコピーライトを削除したいという方は、phpファイルやcssファイルを編集して削除すれば良いですし、

  • 何かトラブルが起きたら復旧作業が面倒
  • テーマがアップデートされる度にコードを編集するのが面倒

という方は、コピーライト削除のプラグインを購入すると良いかと思います。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました