ブログ・ウェブサイトのアクセスを増やすために、キーワード検索数・キーワードサジェストを調べる方法

ウェブサイトやブログを作っても、アクセスを増やさなければ誰にも見て貰えません。そこで、アクセスアップの施策を行う必要があるのですが、実際にどのような施策を行えばよいか、解説していきます。

キーワード選定

ウェブサイトやブログにアクセスを増やすには、キーワード選定が重要な施策となります。

キーワード選定とは、ウェブサイトのタイトルや、ブログの記事等にどのような言葉(キーワード)を使うか選ぶことを言います。

キーワード選定のポイントは、「ユーザーに探して欲しいキーワード」ではなく、「ユーザーが探しているキーワード」をいかに捉えるかがポイントです。

全く検索されていないキーワードを使い続けても、ユーザーがウェブサイトに訪れる可能性は非常に低いですが、検索数が数百件あるようなキーワードをタイトルや本文に入れた記事をたくさん書いた方が、あなたのウェブサイトやブログにユーザーがアクセスする確率は上がります。

ツールを使ってキーワードを効率よく調べよう

よく検索されているキーワードを調べる事により、インターネットユーザーがどのようなキーワードで情報を探しているか参考にできますし、ブログで何をテーマに書けばよいのか悩んだ際、キーワードの情報が記事を書くうえでデータが参考になります。

それでは、実際、どのようにキーワードを調べたら良いのか説明していきます。

 

キーワードプランナーを使って検索数を調べよう

キーワードプランナーとは、Googleアドワーズというインターネット上に広告を出すための、Googleのサービスです。

このサービスは広告出稿者向けのツールではありますが、実際に広告を出さなくてもアドワーズにユーザー登録すれば無料で利用することができます。

キーワードプランナーで調べられること

キーワードプランナーを使用すると、下記の事を調べる事が出来ます。

  • 一定の期間(期間を選択できます)、対象となるキーワードの検索数
  • デバイス別のキーワード検索の割合数
  • キーワードのトレンドデータから、商品の需要が多い時期はいつか?
  • 自社サイトと関連性の高いキーワードが何か?
  • 広告出稿するにあたり、競合の少ないキーワードを調べる事が出来る
  • 広告を表示させた場合、どれぐらいの費用がかかるか(シミュレーション)

キーワードプランナーを使うと、対象となるキーワードが月間、若しくは1年間、どのくらい検索されたが分かるようになります。それでは、早速使ってみましょう。

 

Googleキーワードプランナーを使う方法

Googleのアカウントをお持ちの方は、アドワーズの登録をするだけですぐに使う事ができます。(Gmailをお持ちでない方は、Gmailのアカウントを作成して下さい。)

アカウントをお持ちの方は、Googleアドワーズにログインして下さい。

https://www.google.co.jp/adwords

メールアドレスとウェブサイトURLの入力項目が出てきますので、入力して「続行」をクリックします。

次に、「広告を作成」をクリックします。

広告の目標を選択という画面で表示されますので、ウェブサイトでの操作をクリックし、「目標を選択」をクリックします。

ターゲットユーザーの所在地は適当で良いので「次へ」を選択します。

※後で変更できます。

商品またはサービスを設定は、こちらも後で変更できますので、適当で問題ありません。「次へ」をクリックします。

広告の作成画面が表示されます。後で変更できますので、適当に入力して「次へ」をクリックします。

ここはスルーしてもよいので、「次へ」をクリック。

予算の設定については、一番左にスライドさせておいた方が良いです(予算が低くなるので)。なので、一番左にスライドさせたら、「次へ」をクリックします。

このページは広告の確認画面ですので、「次へ」をクリックします。

カード情報を入力するのですが、その際、広告費の支払い方法は「後払い」を選択して下さい。「手動支払い」を選択すると、入力した金額が決済されてしまいますので(デポジット)、後払いにした方が良いです。

カード情報を入力し、規約にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

※カード情報を入力すると、いったん200円決済されますが、数分後に戻ってきますのでご安心ください。

これでアカウント開設は終了です。「ダッシュボードに移動」をクリックして下さい。

アドワーズキーワードプランナーにアクセスする

アカウントを作成しましたら、キーワードプランナーにアクセスします。

https://adwords.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

アクセスすると、下記画面が表示されますので「ご利用開始」をクリックします。

「開始」をクリックします。

画面右上のスパナのマークをクリックすると、メニューが開きますので、左側にある「キーワードプランナー」をクリックします。

キーワード入力欄が出てきますので、調べたいキーワードを入力します。

試しにキーワードを入力し、「開始する」をクリックしてみます。

下記のように検索ボリュームが表示されます。

上記は、直近1年間で「ワードプレス」、「WordPress」というキーワードで、どれぐらい検索されたのか、検索ボリュームとワンクリック当たりの広告単価が表示されます。キーワードや期間は自由に変更できます。

詳細な数値は広告費を使わないと見れないです

このように、非常に便利なキーワードプランナーですが、データをよく見ると検索ボリュームの数字がかなりアバウトな印象を受けると思います。

これは、2016年の夏以降、Google AdWordsの広告を出稿している広告主のアカウントのみ詳細データを見る事ができるよう、仕様変更となってしまいました。

従いまして、Google AdWordsで実際に広告費を使ってないアカウントで検索ボリュームを調べると、上記のように検索ボリュームの幅が非常に広く表示されてしまうのです。

数百円でも広告を出稿すると、詳細データが見れる

しかし、数百円でも良いので、作成したアカウントで広告を出稿すると、詳細な検索ボリュームが表示されるようになります。

なので、もっと詳しいデータを見たいという方は、数百円でも使った方が良いです(使用料と割り切って下さい)。

 

キーワードプランナーのようなツールは他にある?

残念ながら、他のツールでキーワードプランナーと全く同じ調査をする事はできません。ただ、キーワードプランナーの一部の機能を抜き出したようなツールがありますのでご紹介します。

いずれも、無料で使用する事が出来ます。

キーワード検索数 チェックツール|無料SEOツール aramakijake.jp

http://aramakijake.jp/

aramakijake.jpは、検索順位別に検索数を調べることができる、キーワード検索数調査・予測ツールです。

Googleトレンド

https://trends.google.co.jp/trends/

Googleトレンドを使うと、どの時期に、どの地域でキーワードの検索ボリュームが増えるのか、調べる事ができます。また、関連キーワード、関連トピックも表示されます。

サンプルで「ワードプレス」というキーワードで調べたら、上記のような結果が出ました。

グーグルサジェスト キーワード一括ダウンロードツール

http://www.gskw.net/

ユーザーがどのような組み合わせでキーワード検索しているのか?ということを調べることができます。メインキーワードを1つ入れてみてください。サジェスト検索結果をまとめて調べる事が出来ます。

※こちらは検索数まではわかりません。

試しに、「ワードプレス」という単語を入力してみます。

995件も候補が出てきました。これらのデータはCSVで一括ダウンロードできますので、かなり便利です。

Follow me!

PROFILE

瀬間 隆司
上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

はじめてのWordPressサイト作成講座:1日でできるサイト制作

誰でも簡単にプロが作ったようなウェブサイトを作る事が出来ます。

この講座では1人1台パソコンを使用し、WordPressを使用したスマホ対応のウェブサイトを作成します。WordPressのシンプルな決まった型(デザインテーマ)を使用しますので、初心者の方でもプロが作ったようなウェブサイトを作る事ができます。