【SEO】URLは日本語表記と英語表記(半角英字)どちらがSEOで有利?

アクセスアップ
  • WirdPressで記事を作成する際、タイトルに日本語を入力するとパーマリンクに同じ日本語のタイトルが自動で入力されるけど、URLをこのままにしても良いのかな?
  • 色々なWebサイトみると、URLは英語表記(半角英字)が多いから、やっぱり英語表記に変換した方が良いのかな?
  • URLを日本語表記にすることのメリットやデメリット、SEO対策上有利なのか不利なのか知りたいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

URLの表記は英語表記がベスト【結論】

URLの表記は結論から言うと、英語表記(半角英字)がベストです。

SEO対策上の観点から言うと、どちらか一方がSEO効果が高いという事は無いので、英語表記・日本語表記、どちらでもOKではあるのですが、長期的な目線で考えると、URLは英語表記にした方が良いです。

SEO的な観点でいうと、URLは日本語でもOK

SEO的な観点でいうと、URLは日本語表記でも英語表記でもどちらでも問題ありません。

この事について、GoogleのSyed Malik Mairaj氏は以下のように回答しています。

ベストなのは、コンテンツと同じ言語をURLでも使うことだ。
なぜなら、URLは検索結果で目に見えるし、ブラウザでも見えるからだ。
ユーザーは入力したURLのページにアクセスできる。

コンテンツと同じ言語のURLにしておけば、たとえばヒンディー語のコンテンツを提供していてURLもヒンディー語にしておけば、それはヒンディー語ユーザーにとっては優れた体験になるだろう。

だけど、現在が英語のURLで何も問題がないなら、URLが英語でコンテンツがヒンディー語という状態がランキングに(悪い)影響を与えるということではない。

ただし長い目で見ると、コンテンツと同じ言語のURLにしたほうが良いように思う。

出典:海外SEOブログ – URLを日本語にすべきか? => UXの観点から日本語のほうがいいかもしれないがSEOとは関係ない

また、「URLが日本語表記でも英語表記でも、GoogleはWebサイトをクロールし、インデックスし、ランク付けすることができる」と、Googleのウェブマスター・トレンド・アナリストのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏がSEO snippets videoの中で解答しています。

Can my URLs use non-English words? – SEO Snippets

ちなみに、クロールやインデックスに関する詳しい解説は以下の記事を参考にして下さい。

 

URLを日本語表記にするのをお勧めしない理由

Googleの中の人が、「長期的に見ればコンテンツと同じ言語の方が良い」と言っているぐらいなので、URLは日本語表記にした方が良さそうに思えますが、日本語表記にするのはお勧めできません。

なぜオススメしないのかというと、以下2つの理由があるからです。

  • SNSでシェアされにくい
  • 不具合をおこしやすい

SNSでシェアされにくい

日本語表記のURLはSNSでシェアされ難いという問題があります。

例えば、日本語表記のURLをブラウザで確認すると、以下のように日本語できちんと表示されます。

しかし、SNSでシェアする際、以下のような状態になってしまうのです。

ちなみに、TwitterやFacebookで上記URLをシェアすると、URL以降のよく分からない表示は省略されて表示されますが、見た目に分かり難いのは間違いありません。

意味不明な長いURLは見た目が怪しくてクリックされ難いのはもちろん、URLが長くなってしまい、記事内容も推察できません。

どんなに良い記事を書いてもシェアされ難いので、なるべくなら短くてシンプルなURLにした方が良いです。

不具合をおこしやすい

日本語表記のURLは、システムの環境によっては正確に表示されない事もあり、不具合を起こす事があります。

また、Webサイトやブログを長く運営するようになると、記事の統合やリライトなどでリダイレクトを使うケースが増えますが、日本語URLでリダイレクトすると、内部エラーを起こしてリダイレクトが上手くかからないことがあります。

この点からも、日本語URLはオススメしません。

 

日本語URLにも良い部分はある

デメリットの目立つ日本語URLですが、メリットが3つあります。

  • ユーザーが分かりやすい
  • 考える手間が省けるから楽
  • 日本語表記と英語表記の比較

上記の通りです。

ユーザーが分かりやすい

日本語表記のURLはブラウザで表示されるURLはもちろん、検索結果で表示されるURLも日本語で表示されますから、ユーザーは分かりやすいです。

考える手間が省けるから楽

日本語表記から英語表記に変換するのは、URLを考えるのが微妙に面倒だったりします。

最初の頃は良くても、ある程度記事が増えるようになると、URLがダブってしまう事もあります。

特に同じカテゴリの記事を沢山書くようになると、テーマが似通っているので、URLも似通ってしまい、「どんなURLにしよう?」と考える時間が必要になるので、これが意外と面倒です。

日本語表記なら考える手間を省けます。

日本語表記と英語表記の比較

日本語表記英語表記
メリット
  • ブラウザや検索結果でURLが日本語で表記されるのでユーザーは分かりやすい
  • URLを考える必要が無いから楽
  • 検索結果でハイライトされる
  • 文字化け等のエラーと無縁
デメリット
  • SNS でシェアされ難い
  • 不具合を起こす可能性が高い
  • 文字化けを起こす可能性が高い
  • コンテンツのURLを考えるのが面倒

 

まとめ《URLは英語表記にしましょう》

以上、WebサイトのURLは日本語表記と英語表記、どちらにした方がよいのか?という事について解説しました。

SEO的な観点でいうと、どちらも変わらないとGoogleの中の人がアナウンスしてはいるものの、シェアされ難いのと不具合が起こりやすいというのはいただけません。

SNSでシェアされた場合に、リンクが無効になる可能性があるURLを使い続けるメリットはありませんので、変換するのが面倒と感じても、英語で表記するようにしましょう。

ちなみに、パーマリンクを設定する際、パーマリンクの語尾に「-2」と自動で番号を付け足されてしまう事があります。

もし、自動で番号を付け足されてしまう事がありましたら、原因と対処法を以下の記事で解説していますので、参考にして下さい。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました