画像のSEO対策「代替テキスト(alt属性)」とは?設定の意味・方法を解説

アクセスアップ

ウェブページを作成したりブログを書く際、画像を挿入する事があると思いますが、画像を挿入する時に、

  • タイトル
  • キャプション
  • 代替テキスト
  • 説明

という項目が表示されます。

この項目がよく分からない方は、空白のまま画像を挿入していると思いますが、アクセスアップを狙うなら、多少面倒でもきちんと設定してから画像を挿入される事をお勧めします。

「代替テキスト(alt属性)」を設定するとSEO対策になる

画像を挿入する際、「タイトル」、「キャプション」、「代替テキスト」、「説明」という4つの項目がありますが、全て設定する必要はありません。

ただ、このうちの「代替テキスト」だけはキチンと設定される事をお勧めします。

「代替テキスト」とは

「代替テキスト」とは、ウェブページに挿入された画像がどのような画像なのかを表現するテキストの事を言います。「alt属性」などとも呼ばれます。

画像に代替テキスト設定する事により、Googleの検索エンジンに「この画像はこういった内容の画像です」という事を伝える事が出来、検索エンジンに認識されるようになります。

画像もGoogle検索の評価対象になる

Googleの検索エンジンは、「クローラー」と呼ばれる自動巡回プログラムがWebサイトやブログを巡回してWebページの情報を収集しています。

クローラーの仕組みは「検索エンジンの仕組みや上位表示を獲得する最適化方法について解説」を参考にして下さい。

このクローラーですが、ひと昔前まではテキスト情報しか認識できず、画像の内容を正確に認識するのは困難でした。

しかし、Googleの検索エンジンは常に進化しており、現在では画像の内容をAIが分析し、何が写っているのかを検出する事ができます。

画像に写りこんだ文字情報はもちろん、どのような物が写っているのか、人であれば喜怒哀楽といった感情まで認識できるのです。

現在のGoogle検索エンジンは画像の内容をほぼ特定可能

このことは、2016年2月に公開された、Google Cloud Platform Japan Blogの「ついに Google Cloud Vision API のベータ版リリース!」という記事に公開されています。

記事によると、「スポーツカー」や「寿司」等といった日常的な物から、画像に写っているテキストや製品ロゴまで、画像に含まれるさまざまな要素を検出する事ができるとの事です。

以下の画像はブログ記事に掲載された画像ですが、女性が手にしているホワイトボードのテキストを認識していることはもちろん、女性の感情まで検出しています。

出典:Google Cloud Platform Japan Blog

上記の画像から喜怒哀楽のうち、「joyLikelihood(喜び)」を検知し、6段階の感情の度合いのうち「VERY_LIKELY(非常に高い)」を検知したという意味です。

この記事は2年以上前に公開された記事なので、現在ではどのような進化を遂げているのかは未知数ですが、AI技術の急速な成長もあり、さらなる進化を遂げているのは間違いありません。

画像の内容をほぼ特定できるけど、より正確な情報を伝えてあげる

ただ、いくら画像の内容をほぼ特定できるとはいえ、ページのテキスト情報と、画像内容の関連性や画像の意味などについて、検索エンジンが正しく理解する訳ではありません。

そこで、より正確な情報を検索エンジンに伝えるために、代替テキストを設定し、ページのテキスト情報と画像の関連性や画像の意味を伝える必要があるのです。

代替テキストを設定する事で、ユーザーが画像検索を行った時に「この画像に近い情報を検索しているユーザーがいる」とGoogleが認識し、ユーザーに必要な情報を提供できる可能性が高くなりますので、SEOに良い影響を与えること繋がります。

 

「代替テキスト(alt属性)」の設定方法

「代替テキスト(alt属性)」を設定する際、画像の意図・意味を正しく表現するキーワードを適切に使用して、ページの内容に沿ったキーワードを入れるようにしましょう。

その際、キーワードを羅列したりすると、スパム判定を受ける可能性が高まりますので、代替テキストを設定する際は、簡潔なキーワードを設定される事をお勧めします。

「代替テキスト(alt属性)」の設定例

代替テキストの設定方法について、具体例を解説します。

例えば、以下のような画像をWebサイトやブログで使用したとします。

この場合、最も良い代替テキストは「葡萄畑でワインを飲もうとする女性」といったテキストになります。

参考までに、良い例と悪い例をあげておきます。

  • 悪い例(代替テキストがない):<img src=”Vineyards-women.jpg” alt=”” />
  • 悪い例(キーワードの乱用):<img src=”Vineyards-women.jpg” alt=”葡萄畑,ブドウ畑,ワイングラス,綺麗な女性,可愛い女性,赤いジャケット,赤ワイン,ボルドー” />
  • 良い例:<img src=”Vineyards-women.jpg” alt=”葡萄畑に立つ女性” />
  • 最も良い例:<img src=”Vineyards-women.jpg” alt=”葡萄畑でワインを飲もうとする女性” />

上記の例から分かる通り、画像を挿入する際は画像の内容に沿った、簡潔で正しい代替テキストを設定しましょう。

キーワードの乱用にご注意

悪い例(キーワードの乱用)で挙げたような、代替テキストにキーワードを羅列するとスパム判定を受ける可能性が高くなり、結果として検索エンジンにマイナス評価を与えてしまうことになってしまいます。

そのため、代替テキストを設定する際は、画像の意図・意味を正しく表現するキーワードを簡潔に設定するよう心掛けましょう。

Search Console ヘルプ:Google 画像検索に関するおすすめの方法

 

まとめ

以上、Webサイトやブログ記事に挿入した画像に「代替テキスト(alt属性)」を設定する事により、SEO対策になるという事について解説しました。

画像を挿入する度に「代替テキスト(alt属性)」は設定するのは手間だと思いますが、設定しておけば検索エンジンの評価が上がる可能性があります。

画像を挿入する都度、代替テキストを設定するのは面倒と思っても、なるべく設定するようにしましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました