IFTTTを使って新しいブログ記事を投稿したら、Twitterに自動でシェアする方法

便利ツール

新しいブログ記事を投稿した時、新着情報をTwitterにシェアしている方が少なくないと思います。

WordPressには自動でTwitterに新着情報をシェアしてくれる「WP to Twitter」というプラグインがありますが、プラグインを入れるとWordPressのシステムが重くなるため、軽量化のためにも、極力、プラグインを増やしたくないところです

そこで今回は、「IFTTT」というウェブツールを使って、新しい記事を投稿したら自動でTwitterにシェアする方法について解説します。

IFTTTでTwitterに自動投稿する手順

IFTTT連携を使って、WordPressに新しい記事を投稿したら、Twitterに自動でシェアされる方法について解説します。

Appletを作成する

以下のリンクをクリックし、IFTTTにログインします。

https://ifttt.com

アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成して下さい。IFTTTは以下いずれかの方法でアカウントを取得できます。

  • メールアドレス
  • Googleアカウント
  • Facebookアカウント

IFTTTにログインすると、管理画面の右上にアカウント名が表示されます。

アカウント名をクリックするとメニューが開きますので、「New Applet」をクリックします。

赤枠内の「+this」をクリックします。

RSS Feedをthisとして選択

「this」として接続するサービス選択画面が表示されますので、①検索窓に「rss」と入力し、②「RSS Feed」のアイコンをクリックします。

RSS Feedのトリガー設定

トリガー選択画面が表示されますので、「New feed item」を選択します。

トリガーとは、何らかの動作を開始するためのきっかけとなる命令の事です。

①WordPressサイトのFeed URLを入力し、②「Create trigger」をクリックします。

Twitterをthatとして選択

次に「+that」を選択します。

「Choose action service」でTwitterを選択します。もし、Twitterが表示されていなければ、検索窓で「Twitter」と入力すると表示されます。

Twitterのアクションを設定

Twitter側のアクション一覧が表示されますので、「Post a tweet」を選択します。

初期設定では、「タイトル」と「URL」がシェアされるようになっています。このままでも良いと思いますが、他に合わせて情報を追加したい時は、「Add ingredient」をクリックし、投稿者情報や、コンテンツ内容(一部)等を設定します。

設定後、「Create action」をクリックします。

プレビューが表示されますので、「Finish」をクリックすると設定完了です。

 

まとめ

以上、IFTTTを使って、新しい記事を投稿した時、自動でTwitterにシェアする方法について解説しました。

プラグインを使わないので、WordPressのシステムが重くならないというメリットがありますが、IFTTT側がRSSフィードを取得する間隔を調整できないため、新しい記事を投稿してからTwitterにシェアされるまで、タイムラグが発生するというデメリットもあります。

ただ、一度設定してしまえば今後、新しい記事を投稿する度に自動でシェアしてくれますので、今まで手作業でTwitterにシェアしていた方は試してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
便利ツール
クリエイトエクスプレス
トップへ戻る