IFTTTを使って新しいブログ記事を投稿したら、Facebookページに自動で投稿する方法

便利ツール

「ブログ記事を新しく投稿した事をFacebookページで知らせたい!」と考えた際、通常、ブログタイトルとURLをコピーして、Facebookページのタイムライン投稿に貼り付けると思いますが、新しい記事を投稿するたびにコピーして貼り付けるのは結構な手間です。

自動でFacebookページのタイムラインに投稿してくれる「Social Networks Auto Poster」というプラグインを使えば自動で投稿してくれますが、プラグインが増えるとWordPressの動作が重くなるので、今回は、プラグインを使わずに、IFTTTを使ってFacebookページのタイムラインに自動投稿する方法について解説します。

IFTTTでFacebookページに自動投稿する手順

IFTTT連携を使って、WordPressに新しい記事を投稿したら、Facebookページに自動で投稿する方法について解説します。

Appletを作成する

以下のリンクをクリックし、IFTTTにログインします。

IFTTT helps your apps and devices work together
IFTTT (if this, then that) is the easy, free way to get your apps and devices working together. The internet doesn't always play nice, but we're here to help.

IFTTTにログインすると、管理画面の右上にアカウント名が表示されます。

アカウント名をクリックするとメニューが開きますので、「New Applet」をクリックします。

赤枠内の「+this」をクリックします。

RSS Feedをthisとして選択

「this」として接続するサービス選択画面が表示されますので、①検索窓に「rss」と入力し、②「RSS Feed」のアイコンをクリックします。

RSS Feedのトリガー設定

トリガー選択画面が表示されますので、「New feed item」を選択します。

トリガーとは、何らかの動作を開始するためのきっかけとなる命令の事です。

①WordPressサイトのFeed URLを入力し、②「Create trigger」をクリックします。

Facebookをthatとして選択

次に「+that」を選択します。

「Choose action service」でFacebook Pagesを選択します。もし、Facebookが表示されていなければ、検索窓で「Facebook」と入力すると表示されます。

Facebookページのアクションを設定

Facebookページのアクション一覧が表示されますので、「Create link aPost」を選択します。

以下の画面でFacebookページに投稿する内容を設定します。「Add ingredient」をクリックします。

以下の赤枠内(Massege)に記事のタイトルやURLを投稿するタグが選べますので「Entry Title」と「Entry Url」のタグを選択します。

お好みでメッセージも挿入できます。とりあえず「ブログを更新しました」というメッセージを追加しておきます。

Message内容を確認したら、「Create action」をクリックします。

プレビューが表示されますので、「Finish」をクリックすると設定完了です。

 

まとめ

以上、IFTTTを使って、新しい記事を投稿した時、自動でFacebookページに投稿する方法について解説しました。

非常に便利ですので、今まで手作業でFacebookページに投稿していた方は、是非試してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
便利ツール
クリエイトエクスプレス
トップへ戻る