IFTTTを使って新しいブログ記事を投稿したら、Facebookページに自動で投稿する方法

Webツール・サービス

「ブログ記事を新しく投稿した事をFacebookページで知らせたい!」と考えた際、通常、ブログタイトルとURLをコピーして、Facebookページのタイムライン投稿に貼り付けると思いますが、新しい記事を投稿するたびにコピーして貼り付けるのは結構な手間です。

自動でFacebookページのタイムラインに投稿してくれる「Social Networks Auto Poster」というプラグインを使えば自動で投稿してくれますが、プラグインが増えるとWordPressの動作が重くなってしまいます。

そこで、この記事では、プラグインを使わずに「IFTTT」を使ってFacebookページのタイムラインに自動投稿する方法について解説します。

IFTTTでFacebookページに自動投稿する手順

IFTTT連携を使って、WordPressに新しい記事を投稿したら、Facebookページに自動で投稿する方法について解説します。

Appletを作成する

以下のリンクをクリックし、IFTTTにログインします。

https://ifttt.com/

IFTTTにログインすると、管理画面の右上にアカウント名が表示されます。

アカウント名をクリックするとメニューが開きますので、「New Applet」をクリックします。

赤枠内の「+this」をクリックします。

RSS Feedをthisとして選択

「this」として接続するサービス選択画面が表示されますので、①検索窓に「rss」と入力し、②「RSS Feed」のアイコンをクリックします。

RSS Feedのトリガー設定

トリガー選択画面が表示されますので、「New feed item」を選択します。

トリガーとは、何らかの動作を開始するためのきっかけとなる命令の事です。

①WordPressサイトのFeed URLを入力し、②「Create trigger」をクリックします。

Facebookをthatとして選択

次に「+that」を選択します。

「Choose action service」でFacebook Pagesを選択します。もし、Facebookが表示されていなければ、検索窓で「Facebook」と入力すると表示されます。

Facebookページのアクションを設定

Facebookページのアクション一覧が表示されますので、「Create link aPost」を選択します。

以下の画面でFacebookページに投稿する内容を設定します。「Add ingredient」をクリックします。

以下の赤枠内(Massege)に記事のタイトルやURLを投稿するタグが選べますので「Entry Title」と「Entry Url」のタグを選択します。

お好みでメッセージも挿入できます。とりあえず「ブログを更新しました」というメッセージを追加しておきます。

Message内容を確認したら、「Create action」をクリックします。

プレビューが表示されますので、「Finish」をクリックすると設定完了です。

 

まとめ

以上、IFTTTを使って、新しい記事を投稿した時、自動でFacebookページに投稿する方法について解説しました。

非常に便利ですので、今まで手作業でFacebookページに投稿していた方は、是非試してみて下さい。

ちなみに、Twitterも同じように自動投稿の設定ができますので、興味のある方は以下の記事を参考にして下さい。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました