Web集客無料メール講座

ウェブ集客に関するメール講座を期間限定で無料購読できます。

詳細はこちら

WordPressサイトにGoogle analyticis(アナリティクス)を設置する方法

Google Analytics

ウェブサイトのアクセスをアップさせるには、ユーザーの行動の分析が欠かせません。ユーザーの行動を分析するには、ウェブサイトにアクセス解析を設置する必要があります。

アクセス解析に最もお勧めのツールは「Googleアナリティクス」です。

Googleアナリティクスは無料ながら高機能なアクセス解析ツールです。今回は、トラッキングIDの取得方法から、WordPressサイトにGoogleアナリティクスを設置する方法について解説します。

高機能アクセス解析ツール「Googoleアナリティクス」

Googleアナリティクスは、Googleが提供している高機能なアクセス解析ツールです。

Googleアナリティクスを設置する事により、どのような経路(検索経由、SNS経由、ダイレクトにアクセスなど)といった事から、何人の人がサイトを見たか?(ユーザー数、ページを見た(PV)数など)といった情報を解析する事ができます。

この他にも、

  • どこの地域からアクセスされているのか
  • どの端末からアクセスされているのか(スマートフォン、パソコン)
  • どのOS・ブラウザからのアクセスが多いのか
  • 過去のアクセスの推移
  • Webサイトに訪れて人がどれくらいの時間滞在いるのか?
  • どんなキーワードでサイトに訪問したのか
  • どのページがよく見られているのか

などなど、非常に多くの事を調べる事が出来ます。

アクセス解析を行う事により、ウェブサイトのアクセス状況が把握できますので、今後、どのように改善すればアクセスアップするのか「ヒント(課題)」を見つけることができますl。このヒントをもとに、ウェブサイトを改善していくのです。

ウェブサイト分析結果の見方については、追々このサイトで解説していきます。

 

GoogleアナリティクスをWordPressサイトに設置する手順

それでは早速、WordPressサイトにGoogleアナリティクスを設置していきます。設置にはGoogleアナリティクスのIDが必要になるので、最初にGoogleアナリティクスの登録を行います。

Googleアナリティクスの登録にはGoogleアカウントが必要になります。

Googleアカウントがある状態で説明していきます。

Googleアナリティクスの登録

Googleアナリティクスの利用は、「Googleアナリティクスのアカウント」を作成する必要がありますので、始めに、Googleアナリティクスへアクセスします。

下記リンクをクリックし、Googleアナリティクスの登録画面にアクセスします。

Redirecting...

画面右側にある「お申込み」をクリックします。

この時、Googleアカウントにログインしていなければログインを求められます。ログイン済みで「お申し込み」クリックすると、下記のように画面上部に「完了しました」という利用登録完了が表示されます。

表示された画面で、すぐにウェブサイトの情報を入力できるようになっています。

ウェブサイトの情報を入力

アクセス解析の対象となるウェブサイトの情報を入力していきます。

  1. トラッキングの対象:ウェブサイト
  2. アカウント名:わかりやすい名前を入力しましょう。後から変更可能です。
  3. ウェブサイト名:アクセス解析の対象となるウェブサイト名を入力します。
  4. ウェブサイトのURL:アクセス解析の対象となるウェブサイトのURLを入力します。
  5. 業種:導入サイトの内容に沿う業種を選択します。選択した業種によって、目標設定のテンプレートが変わります
  6. レポートのタイムゾーン:「日本」にしておきましょう

入力項目の下に移動すると、「データ共有設定」という項目がありますが、特にチェックを外すような事はありませんので、画面下の「トラキングIDを取得」をクリックします。

Googlアナリティクスの利用規約が表示されますので、2か所あるチェック項目にチェックを入れて「同意する」ボタンをクリックします。

トラッキングIDを取得

規約に同意するとトラッキングIDが発行されました。

発行されたトラッキングIDを解析対象となるウェブサイトに貼り付けます。

 

トラッキングIDをウェブサイトに設置する

発行されたトラッキングIDをウェブサイトに設置します。テーマによっては、トラッキングIDを設置する項目が予め用意されていますが、項目が用意されていないテーマもあります。そこで今回は、Lightningテーマと他のテーマに設置する2つの方法を解説していきます。

Lightningテーマに設置する方法

LightningテーマにトラッキングIDを設置する方法について解説します。

ダッシュボード>VK ExUnit>メイン設定 を選択します。

VK ExUnitの設定画面が開きますので、「Google Analytics設定」に移動します。移動後、先程取得したトラッキングIDを入力します。

  1. トラッキングID入力項目:トラッキングIDを入力します。
  2. アナリティクスコードの種類:ユニバーサルアナリティクスのコードのままでOKです。
  3. 変更を保存:トラッキングID入力後に設定を保存します。
トラッキングIDの数字のみ入力して下さい。「UA」まで入力するとカウントされませんのでご注意ください。

トラッキングIDは下記赤枠内の数字です。

他テーマの場合(入力項目が用意されていないテーマの場合)

テーマにトラッキングIDを設置する項目が用意されていない場合、直接、ソースコードを張り付けることになります。

ダッシュボード>外観>テーマの編集 を選択します。

テーマのソース編集画面が表示されますので、右側にあるファイル一覧から「ヘッダー(header.php)」を選択します。これで、ヘッダーファイルを編集することができます。

「ヘッダー(header.php)」を開きましたら、先程取得トラッキングIDが表示されている画面からソースコードを取得します。下記赤枠内のソースコードをコピーします。

コピーしたら、「ヘッダー(header.php)」に貼り付けます。貼り付ける部分は、<head>~</head>タグ内に貼り付けます。下記画像のように、</head>の上に張り付けた方が分かりやすいと思います。

トラッキングコードを貼り付けたら、「ファイルを更新」ボタンをクリックして保存します。これで設置完了です。

 

レポートの確認(きちんと設置されたかどうか確認する)

トラッキングコードを設置したら、正しく設置されたかどうか確認します。①「テストトラフィックを送信」をクリックし、その後、②画面左わきにある時計のアイコンをクリックします。

時計のアイコンをクリックするとリアルタイムレポートが表示されます。これで、正常に動いているかどうか確認できます。

ソースの部分を確認して頂き、「analytics.test」からのアクセスが確認できればOKです。

以上でWordPressサイトにGoogleアナリティクスを設置する作業は完了です。

 

まとめ

以上、WordPressサイトにGoogleアナリティクスを設置する方法について解説しました。ウェブサイトやブログを集客のメインに考えている方は、サイト開設後、必ず設置しましょう。

アクセス解析をしないとサイトの現状分析ができませんし、アクセスアップの方向性も検討しようがありません。毎日アクセスをチェックする必要はありませんが、定期的にアクセス数をチェックし、サイトの現状分析をしっかり行いましょう。

Googleアナリティクス設置後、正確なデータを取得するために自分のアクセスを除外するための設定も忘れずに行っておきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
Google Analytics
クリエイトエクスプレス