Googleキーワードプランナーの使い方について解説【初心者向け】

アクセスアップ

Googleのキーワード調査ツール、「Googleキーワードプランナー(旧キーワードツール)」は、SEO対策を実践するうえで重要な「キーワード」選定を行う事が出来るキーワードツールです。

Googleキーワードプランナーで検索数を調べよう

Googleキーワードプランナーは、Google Adwords(広告)を利用する広告出稿者向けのツールではありますが、実際に広告を出稿しなくても無料で利用する事ができます。

Googleキーワードプランナーで調べられること

Googleキーワードプランナーを使用すると、下記の事を調べる事が出来ます。

  • 一定の期間(期間を選択できます)、対象となるキーワードの検索数
  • デバイス別のキーワード検索の割合数
  • キーワードのトレンドデータから、商品の需要が多い時期はいつか?
  • 自社サイトと関連性の高いキーワードが何か?
  • 広告出稿するにあたり、競合の少ないキーワードを調べる事が出来る
  • 広告を表示させた場合、どれぐらいの費用がかかるか(シミュレーション)

キーワードプランナーを使うと、対象となるキーワードが月間、若しくは1年間、どのくらい検索されたが分かるようになります。

それでは、早速使ってみましょう。

 

Googleキーワードプランナーを使う方法

Googleのアカウントをお持ちの方は、アドワーズの登録をするだけですぐに使う事ができます(Gmailをお持ちでない方は、Gmailのアカウントを作成して下さい)。

アカウントをお持ちの方は、Googleアドワーズにログインして下さい。

https://www.google.co.jp/adwords

メールアドレスとウェブサイトURLの入力項目が出てきますので、入力して「続行」をクリックします。

次に、「広告を作成」をクリックします。

広告の目標を選択という画面で表示されますので、ウェブサイトでの操作をクリックし、「目標を選択」をクリックします。

ターゲットユーザーの所在地は適当で良いので「次へ」を選択します。

後で変更できます。

商品またはサービスを設定は、こちらも後で変更できますので、適当で問題ありません。「次へ」をクリックします。

広告の作成画面が表示されます。後で変更できますので、適当に入力して「次へ」をクリックします。

ここはスルーしてもよいので、「次へ」をクリック。

予算の設定については、一番左にスライドさせておいた方が良いです(予算が低くなるので)。なので、一番左にスライドさせたら、「次へ」をクリックします。

このページは広告の確認画面ですので、「次へ」をクリックします。

カード情報を入力するのですが、その際、広告費の支払い方法は「後払い」を選択して下さい。「手動支払い」を選択すると、入力した金額が決済されてしまいますので(デポジット)、後払いにした方が良いです。

カード情報を入力し、規約にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

カード情報を入力すると、いったん200円決済されますが、数分後に戻ってきますのでご安心ください。

これでアカウント開設は終了です。「ダッシュボードに移動」をクリックして下さい。

アドワーズキーワードプランナーにアクセスする

アカウントを作成しましたら、キーワードプランナーにアクセスします。

https://adwords.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

アクセスすると、下記画面が表示されますので「ご利用開始」をクリックします。

「開始」をクリックします。

画面右上のスパナのマークをクリックすると、メニューが開きますので、左側にある「キーワードプランナー」をクリックします。

キーワード入力欄が出てきますので、調べたいキーワードを入力します。

試しにキーワードを入力し、「開始する」をクリックしてみます。

ワードプレス WordPress
検索

下記のように検索ボリュームが表示されます。

上記は、直近1年間で「ワードプレス」、「WordPress」というキーワードで、どれぐらい検索されたのか、検索ボリュームとワンクリック当たりの広告単価が表示されます。キーワードや期間は自由に変更できます。

詳細な数値は広告費を使わないと見れないです

このように、非常に便利なキーワードプランナーですが、データをよく見ると検索ボリュームの数字がかなりアバウトな印象を受けると思います。

これは、2016年の夏以降、Google AdWordsの広告を出稿している広告主のアカウントのみ詳細データを見る事ができるよう、仕様変更となってしまいました。

従いまして、Google AdWordsで実際に広告費を使ってないアカウントで検索ボリュームを調べると、上記のように検索ボリュームの幅が非常に広く表示されてしまうのです。

数百円でも広告を出稿すると、詳細データが見れる

しかし、数百円でも良いので、作成したアカウントで広告を出稿すると、詳細な検索ボリュームが表示されるようになります。

なので、もっと詳しいデータを見たいという方は、数百円でも使った方が良いです(使用料と割り切って下さい)。

 

キーワードプランナーのようなツールは他にある?

残念ながら、他のツールでキーワードプランナーと全く同じ調査をする事はできません。

ただ、キーワードプランナーの一部の機能を抜き出したようなツールは沢山あります。以下のページでご紹介していますので、興味のある方はご参照ください。

 

まとめ

以上、Googleのキーワード抽出ツール、「キーワードプランナー」の使い方について解説しました。

広告を出稿しなくても無料でキーワード調査ができますので、新規コンテンツの作成や、記事をリライトする際に活用してみて下さい。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました