記事を書いて広告収入を稼げる「アフィリエイト」の仕組みと始め方【超初心者向け】

アフィリエイト
  • アフィリエイトってよく聞くけど、具体的にどんな仕組みなの?
  • アフィリエイトのメリットやデメリットを知りたい
  • アフィリエイトはどうやって始めればいいの?

この記事では、こういった疑問にお答えします。

アフィリエイトの仕組み

「アフィリエイト」とは成果報酬型の広告のことで、具体的な仕組みは、

  1. あなたが運営している媒体(Webサイト・ブログ、メルマガ、SNS等)で広告主の商品・サービスの広告を掲載し、
  2. それを見たユーザーがその広告をクリックして商品・サービスの購入、申し込み等のアクションを起こすと、
  3. アフィリエイターに成果報酬が手に入る。

という仕組みになります。

アフィリエイト広告は広告主である企業にとって取り組みやすい仕組み

アフィリエイト広告は成果報酬制ですから、売れた分だけ広告費を払えば良いので広告主の負担は少ないです。また、広告の成果を測定できるというメリットがあります。

成果報酬制なので売れた分だけ広告費(紹介料)を負担すれば良い

例えば、企業がテレビ・ラジオのCM、新聞の広告欄・折込チラシ、地域情報誌、看板などといった媒体で広告を出稿すると、最初に多額の広告費を払う必要があります。

このような広告は不特定多数にアプローチできますが、広告を出して実際に売上げが上がるかどうかは出稿してみないと全く分かりません。売れれば良いですが、売れなければ広告費の分だけ損失が出ます。

しかし、アフィリエイト広告は成果報酬制なので、最初にかかる費用もシステム利用料ぐらいで済んでしまい、商品・サービスが売れたらそれに対する紹介料を払うだけで済みます。

広告の成果を測定しやすい

通常の広告媒体は、どの広告からどれぐらい売上が上がったのかという効果測定ができませんが、アフィリエイト広告は、商品・サービスの販売ページにどれぐらいアクセスがあり、どれぐらい購入されたかという効果測定ができるため、細かい分析を行う事が出来ます。

そのため、広告主は収支計画を立てやすいというメリットがあります。

 

アフィリエイトの報酬形態は2つ

アフィリエイトの報酬体系は主に2つあります。

  • クリック報酬型:広告がクリックされた時点で報酬を獲得できるタイプ
  • 成果報酬型:広告がクリックされ、商品・サービスの購入に至った時(資料請求などがあった時)に報酬を獲得できるタイプ

扱う広告によって条件は異なりますが、一般的に成果報酬型は報酬が高く、クリック報酬型は報酬が低いです(数十円~数百円)。

以下の記事で広告の種類を解説していますので、こちらも参考にして下さい。

 

アフィリエイトのメリットとデメリット(2つの視点から解説)

アフィリエイトにはどのようなメリット・デメリットがあるのか、「アフィリエイター」と「広告主」、2つの視点から解説します。

アフィリエイターのメリット

初期費用が殆どかからない

アフィリエイトを始めるのに初期費用は殆どかかりません。数千円程度あればスタートできます。

基本的にWebサイト・ブログ、SNSアカウントを用意するだけなので、初期費用は殆どかかりません。

具体的な金額は「アフィリエイトを始める際に必要となる5つの初期費用」で解説しています。

在庫リスクがゼロ

アフィリエイトは商品や原材料等といった仕入が発生しませんので、在庫リスクはありません。

個人で複数の商品を扱う事が出来る

仕入が発生しないので、紹介したい商品・サービスをいくつでも紹介する事が出来ます。

場所を問わずに取り組める

ネットに接続できる環境であれば、どこにいても取り組む事ができますので場所は問いません。カフェはもちろん、移動中や旅行先など、いつでもどこでも好きな場所で取り組む事ができます。

手間がかからない(自動化が可能)

出稿する広告を選んで紹介記事を投稿してしまえば、その後にやる事は殆どありません。あったとしても、たまに記事のリライトを行うぐらいです。

アクセス数が増えれば大きく稼ぐことができる

アフィリエイトはアクセス数に比例して売上が伸びますので、アクセス数が増えれば大きく稼ぐ事ができます。

Webマーケティングのスキルが身につく

アフィリエイトを継続して取り組むと、アクセスを集める(SEO)スキルや、セールススキル、リサーチスキル、コピーライティング(広告文章)スキル、データ分析力等といたウェブマーケティングに必要なスキルが身に付きます。

アフィリエイターのデメリット

成果がゼロだと報酬もゼロ

成果報酬なので成果がなければ当然、報酬はありません。

成果が出るのに時間がかかる

アフィリエイトで成果を出すのは時間がかかります。

ある程度アクセス数があるサイトを運営している方がアフィリエイトに取り組むということであれば、比較的短期間で成果を出せますが、初心者の方がゼロから始めるとアクセスがない状態から始める必要があるので当然時間がかかります。

モチベーションを維持するのが難しい

記事を書いて、すぐに成果がモチベーションを維持する事ができると思いますが、最初のうちはほとんど成果が出ないので、モチベーション維持するのが難しいです。

3カ月~6カ月ぐらい取り組んで成果を得られず、モチベーションが下がってしまい、撤退する方が後を絶ちません。

Googleのアルゴリズムの変更による影響をモロに受ける

アフィリエイトはアクセス数によって売上が左右されますので、Google のアルゴリズムの変更による影響をモロに受けます。

アルゴリズムが変更しても検索結果が変わらなければ売上が大きくぶれるような事は少ないと思いますが、Googleのアルゴリズムの変更によって、ある日突然、検索結果からサイトが飛んでしまえば売上はゼロになるという可能性もあります。

アルゴリズムの言葉や概要について、「【SEO】検索アルゴリズムとは?概要から上位表示に取り組むポイントについて解説」で詳しく解説していますので、参考にして下さい。

いきなり広告単価が下がる場合がある

広告主の予算の都合で広告単価が下がることがあります。広告単価が下がれば収益は減ります。

社会的な評価が低い

アフィリエイターという職業は認知度が低いせいか、社会的な評価は高くありません。

これは言い方一つなのでしょうが、「 Webの広告代理店」といえば評価は良いのですが、「アフィリエイター」と名乗った途端、あまり良い評価を得られない傾向があります。中身はあまり変わらないんですけどね。

こうした状況も時代の変化とともに、状況は変わるのではないかと思います。そもそも個人の広告代理店がアフィリエイターという横文字に変わっただけですしね。

広告主のメリット

売れた商品数に応じて広告費を払えば良い

通常、広告を出稿して露出を増やせば広告費がかかりますが、アフィリエイトの場合、売れた商品数に応じて広告費が発生しますので、露出しただけでは広告費が発生することはありません。

不特定多数のアフィリエイターに広告を依頼できる

広告を出稿してくれるアフィリエイター集めは、「ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)」が集めてくれますから、広告主がアフィリエイターを集める必要はありません。

ASPに広告出稿の相談をすれば、ASPが不特定手数のアフィリエイターに広告を出稿するよう依頼してくれます。

自社商品の販売に繋がる経路が分かる

どの媒体から商品が販売されたというのが分かりますので、顧客層を分析しやすいです。

広告主のデメリット

初期費用と月額費用(システム利用料)がかかる

企業がアフィリエイト広告を出稿する際、初期費用と毎月のシステム利用料がかかるケースがほとんどです。

利益率の高い商品でないと販売が難しい

商品やサービスが売れた際、アフィリエイターに支払う広告費が発生します。 そのため、利益率の低い商品の場合、利益が殆ど出なかったり、赤字になることも考えられますので、利益率の高い商品でないとアフィリエイト広告による販売は難しいです。

成果報酬を適切に設定しないとアフィリエイターが興味を示さない

利益率が低い商品だからといって成果報酬を低く設定すると、アフィリエイターが興味を示さないため、商品を紹介してくれません。

紹介する手間はほとんど変わらないのに、一方では1万円の商品に対し紹介料が5%、もう一方では1万円の商品に対して紹介料が20%であれば、ほとんどのアフィリエイターが後者を選択します。

 

アフィリエイトは売れやすい商材を売るのが基本

アフィリエイトは売りやすい商材を扱うのが基本です。売りにくい商材に力を入れるより、売りやすい商材の紹介に力を入れた方が成果を出しやすいです。

アフィリエイトで売れやすい商材

売れやすい商材の代表的なものは、ダイエット系、美容系、コンプレックス系(脱毛、育毛、口臭、体臭など)、金融系、求人系、投資系、ゲーム系など、結構いろいろあります。

アフィリエイトで売れにくい商材

アフィリエイトで売れにくいものは、人気の無い商材や、そもそもニーズが殆どないような商材です。他には、場所に縛られるような商材も売れにくいです。

 

アフィリエイトをはじめる手順はたったの3ステップ

アフィリエイトを始める手順は非常にシンプルで、3ステップではじめることができます。

Webサイト・ブログを作る

アフィリエイトをはじめるには、最初にWebサイト・ブログを作る必要があります。サイトの作成はWordPressで作る事をお勧めします。

具体的な作成方法は以下のページで解説しています。

無料Webサイト・無料ブログで始めたいという方もいるかもしれませんが、正直、お勧めできません。大きな費用はかかりませんので、WordPressで作る事をお勧めします。

ASPに登録する

サイトを用意したら、アフィリエイト広告を扱っている「ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)」に登録して、紹介する商品を選びます。

ちなみに、ASPの登録には審査がありますので、早めに登録しておくと良いです。

記事を書く

Webサイト・ブログを用意して、ASPに登録して紹介する商品が決まったら、あとは記事を書くだけです。

記事を書かないとアクセス流入は見込めませんから、最初は記事を書く事に集中した方が良いです。

ちなみに、以下の記事では、記事を書く時に意識するべき事を詳しく解説していますので、これからチャレンジされる方は参考にして下さい。

「自分で記事を書くのは面倒だし、書くのが苦手だからライターさんに記事執筆を外注したい」と思う方もいるかもしれませんが、初心者の方にはお勧めできません。

その理由は以下の記事で詳しく解説していますので、参考にして下さい。

まずは自分で記事を書きましょう!

 

まとめ

以上、アフィリエイトの仕組みやメリット・デメリット、アフィリエイトの始め方など、初心者向けの解説でした。

アフィリエイトに少しでも興味をお持ちでしたら、是非、チャレンジしてみて下さい。

最後に、オマケのような意味合いを込めて、登録するだけで簡単に報酬を獲得する方法の記事を貼っておきます。

無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

アフィリエイト
クリエイトエクスプレス
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました