Googleが提供している解析ツールの全てのタグを一元管理できる「Googleタグマネージャー」の使い方について解説

Google Analytics

Webサイトのアクセス解析を行ううえで、「Google Analytics(アナリティクス)」は欠かせないツールの一つです。

GoogleアナリティクスでWebサイトのアクセス解析を行う場合や、広告の正確な効果測定をするためには、「広告タグ」をWebサイトに埋め込む必要があります。なぜなら、タグを設置しないと効果測定を行う事が出来ないからです。

しかし、この「タグ」ですが、1つだけ設置するなら管理する必要はありませんが、こうした「タグ」は様々なマーケティング施策を行うたびにどんどん増えてしまい、タグの管理が煩雑になってしまいます。

そこで、お勧めするのが、タグを一元管理できる「Google Tag Manager(タグマネージャー)」です。

「Google Tag Manager(タグマネージャー)」とは?

Googleタグマネージャーとは、Googleが無料で提供している複数のタグをひとつのタグを介して一元管理できるツールです。

Googleタグマネージャーで発行されたタグをWebサイトに設置する事により、管理画面で様々なタグを管理・設定することができます。

Googleタグマネージャーを導入するメリット

Googleタグマネージャーで発行されたひとつのタグをWebウェブサイト設置するだけで複数のタグを動かせるようになることが大きなメリットです。

Googleタグマネージャーの管理画面で、

  • 各タグの稼働状況を確認できる
  • 各タグの設定変更を反映する前に確認ができる

等といったことができるようになります。

Googleタグマネージャーで管理できるタグ

管理できるタグは、Googleアナリティクスのタグはもちろん、

  • Google Adwords(アドワーズ)のタグ
  • SNS(Twitter・Facebook等)のプラグインを動作させるために必要なタグ
  • アフィリエイトリンク(Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイトなど)のタグ

こうしたタグをすべて一元管理できます。

 

Google タグマネージャーを設定する手順

それでは、GoogleタグマネージャーをWebサイトに設置する手順について解説していきます。

Googleタグマネージャーの利用登録

Googleタグマネージャーを利用するには、利用登録を行い必要がありますので、まずは以下の公式サイトにアクセスして下さい。

ウェブとモバイル用のタグ管理ソリューション - Google タグ マネージャー
Google タグ マネージャーは、すべてのウェブサイト タグを 1 か所で実装できるタグ管理ソリューションを中小企業に提供し、シンプルで使いやすく、信頼性の高いタグ管理を実現できるようサポートします。

トップページの「無料で利用する」をクリックします。

Googleタグマネージャーにログインするアカウントの選択画面が表示されますので、任意のアカウントでログインします。

新規アカウントの作成

Googleタグマネージャーの新規アカウントを作成します。

①任意のアカウントネーム(管理しやすい名称)を入力して、②Countryは「日本」を選択し、③「CONTINUE」をクリックします。

④任意のコンテナ名(タグを使用するサイト名を入れておくと管理しやすいです)を入力し、⑤タグを使用するデバイスを選択します。⑥全ての項目を入力したら「CREATE」をクリックします。

Googleタグマネージャーの利用規約が表示されますので、規約の一番下にあるチェックボックスにチェックを入れ、画面右上にある「YES」ボタンをクリックします。

Googleタグマネージャの解析コードを取得

規約に同意すると、Googleタグマネージャーの解析タグが発行されますので、以下のタグをWordPressサイトの<head>内と、<body>内に貼り付けます。

WordPressサイトにタグを貼り付ける前にタグの画面を消してしまった場合、以下の場所にあるID(GoogleタグマネージャーID)をクリックすると再度タグを表示させる事ができます。

 

GoogleタグマネージャのコードをWebサイトに設置

発行されたタグをWordPressサイトに設置するよう求められますが、設置方法は以下2通りの方法があります。

  • プラグインを使って設置する(簡単!)
  • テーマファイル(「テーマヘッダー(header.php)」)に直接貼り付ける

初心者の方はテーマファイルに直接貼り付けるのはハードルが高いので、プラグインを使って設置する方法を解説していきます。

テーマファイルに設置できる方は、<head>と<body>の二か所にタグを貼り付けて下さい。

 

プラグインを使ってGoogleタグマネージャーを設置する手順

それでは、プラグインを使ってGoogleタグマネージャーを設置する方法を解説します。

「DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress」をインストール

ダッシュボード>プラグイン>新規追加 を選択します。

プラグイン検索窓に「Google Tag Manager」と入力するとプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。インストール終了後「有効化」をクリックして、プラグインを有効化します。

Google Tagマネージャの設置方法

ダッシュボード>設定>Google Tag Manager を選択すると、Googleタグマネージャーの設定画面が表示されますので、ここに①Googleタグマネージャーで発行された「Google Tag Manager ID」を入力し、②「変更を保存」をクリックします。

以上でGoogleタグマネージャーのタグの設置は完了です。

「Google Tag Manager ID」の画面を消してしまい、どこにあるか分からない場合

タグが発行された画面から移動してしまい、どこを見たら良いか分からなくなってしまった場合は、一度ログアウトして、再度ログインすると下図のような管理画面が表示されますので、「コンテナID」という項目で確認できます。

コンテナIDとは、「Google Tag Manager ID」の事を指します。

 

まとめ

以上、Googleタグマネージャーの使い方や、設置方法などについて解説しました。

Googleタグマネージャーを使う事により、複数のタグを一元管理でき、「どのようなタグ」が、「どこに設置してあるのか」という事も管理できるようになります。

Googleアナリティクスの設定も楽になりますので、ウェブサイトの詳しく分析したい方や、タグの管理が増えて面倒だと感じている方は、タグマネージャを入れて設定してみてください。

具体的な設定方法は以下の記事を参考にして下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
Google Analytics
クリエイトエクスプレス
トップへ戻る