収益分析に欠かせないGoogleサービス(Analytics、Search Console、Analytics、PageSpeed Insights、AdSense)を一元管理できるWordPressプラグイン「Google sitekit」

Google Analytics

ウェブサイトを分析するために色々なツールを使っていると思いますが、各ツールにアクセスし、ログインするというのも結構面倒ですよね。一ヶ所でまとめて確認する事ができれば非常に楽です。

今回は、このような問題を解決するWordPressプラグイン「Google sitekit」をご紹介します。

「Google sitekit」なら一元管理ができる

「Google sitekit」は、Google Analytics(グーグルアナリティクス)、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)、PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)、Google AdSense(グーグルアドセンス)といったGoogleが提供している4つのサービスを一元管理できる、Wordpressプラグインです。

このプラグインを使うと、ダッシュボードで各分析画面を確認する事ができます。

「Google sitekit」は現在未公開であり、利用登録を受付中

「Google sitekit」をインストールしてみたいところではあるのですが、「Google sitekit」は現在、ベータ版の利用者の登録を受け付け中であり、プラグインの公開は2019年初頭に公開されるようです。

https://sitekit.withgoogle.com/news/introducing-site-kit-by-google-for-wordpress/

ですので、いち早く使ってみたい方は、「Google sitekit」で利用登録をしておく必要があります。利用登録は無料ですので、気になる方は登録しておきましょう。

「Google sitekit」の利用登録の申し込み手順

それでは、「Google sitekit」の利用登録の申し込み方法について解説します。

「Google sitekit」公式サイトにアクセス

以下のリンクをクリックし、「Google sitekit」の公式サイトにアクセスします。

https://sitekit.withgoogle.com/

トップ画面にある「Join the bate」クリックして下さい。

以下のようなアンケートが表示されますので、「I am interested in beta-testing the plugin.(私は、プラグインのベータテストに興味があります)」を選択して「次へ」をクリックします。

アンケートの項目に入力

「Google sitekit」の利用申し込みのために、以下のアンケート項目に入力します。

入力必須項(名前、メールアドレス、URL、役職、仕様プラグイン、使用Googleサービス、NDA(秘密保持契約)、規約の同意)を入力し、「送信」ボタンをクリックします。

各入力項目の詳細は以下のとおりです。
*」は入力必須項目です。

  1. Your name*:あなたの名前
  2. Your email address*:あなたのメールアドレス
  3. Your site’s URL*:あなたが運営しているウェブサイトのURL
  4. Your role*:あなたの役割(「Webmaster(サイト管理者)」と書いておけば良いです)
  5. What describes you / your company best?:「owner / personal(オーナー)」にチェックを入れれば良いです。
  6. What is the main goal of your site?:サイトの主な目標は何ですか?(「自分のビジネスにおける商品・サービスの販売」、「広告収入」、「自分のビジネスの紹介」の中から適当に選択して下さい。)
  7. What plugins do you currently use for your WordPress site?*:現在、あなたのWordpressサイトでは、どのようなプラグインを使用しているのか。
  8. How many websites/apps do you work on?:いくつのウェブサイト/アプリで作業しているのか?(適当に「5」ぐらいを選択しておけば良いです。)
  9. What Google products do you already use for your site?*:既に使用しているGoogleサービスはどれですか?

最後に、以下のチェック項目にチェックを入れ、送信ボタンをクリックします。

以上で「Google sitekit」ベータ版の申し込みは完了です。

 

まとめ

以上、Google Analytics(グーグルアナリティクス)、Google Search Console(グーグルサーチコンソール)、PageSpeed Insights(ページスピードインサイト)、Google AdSense(グーグルアドセンス)といったGoogleが提供している4つのサービスを一元管理できる、Wordpressプラグイン「Google sitekit」の利用登録の申し込みについて解説しました。

申し込みをしてすぐに連絡は来ませんが(12月18日11時頃に申し込みました)、待っていればそのうち連絡がくると思いますので、連絡が来ましたらこの記事をアップデートしたいと思います。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました