Web集客無料メール講座

ウェブ集客に関するメール講座を期間限定で無料購読できます。

詳細はこちら

【FTP】無料で使えるFTPソフト、Filezillaを使ってサーバーにファイルをアップロードする方法を解説

便利ツール

サーバーにファイルをアップロードするには、FTPクライアントソフトを使う必要があります。

FTPクライアントソフトは色々ありますが、その中でも、ファイル転送速度が速く、日本語に対応している「FileZilla(ファイルジラ)」がおススメです。

今回は、FileZillaを使ってサーバーにファイルをアップロードする方法について、解説したいと思います。

FTPソフト「FileZilla(ファイルジラ)」とは

FTPクライアントソフト(FTPソフト)とは、サーバーとパソコンを接続し、パソコンにあるファイルをサーバーにアップロードしたり、サーバーからパソコンにダウンロードしたりする、ファイル転送ソフトです。

FileZillaとは


FileZillaは並列通信による高速転送機能により、アップロードが早い事に定評があります。4GBを超えるファイル転送が可能で、レジュームにも対応しています。

また、フォルダに対してパーミッションを設定する際、サブディレクトリも含めた全てのファイル・フォルダをまとめて設定することが出来たり、無料にもかかわらず、非常に優れたソフトです。

FileZillaのダウンロード

FileZillaの公式サイトから、FileZillaをダウンロードできます。まずは公式サイトにアクセスします。

FileZilla - The free FTP solution
FileZilla - The free FTP solution for both client and server. Filezilla is open source software distributed free of charge.

「Download FileZilla Client」をクリックします。

次に、「Show additional download options」というリンクをクリックします。

インストールするパソコンのOSを選択する画面に移動しますので、使用しているパソコンのWindowsのシステムの種類(32bit/64bit)に合うものを選択します。

選択するとダウロードファイル保存先の選択画面が開きます。保存場所を選択し、「保存」をクリックするとソフトのダウンロードが始まります。

FileZillaをダウンロード完了後、インストールして下さい。

FileZillaのインストール手順については割愛します(ひたすら「Next」をクリックするだけで、特に操作するような事がないため)。

インストールが完了すると、FileZillaが立ち上がります。

画面の見方ですが、

  1. 左側の【ローカルサイト】は、使用しているパソコンの中のファイルやフォルダを表示しています。
    このうち、上半分はパソコンの中のフォルダ全体の様子が表示され、下半分は上で選択したフォルダの中身が表示されます。
  2. 右側の【リモートサイト】には、サーバーの中のファイルやフォルダ(ディレクトリとも言います)を表示しますが、まだサーバーに接続していないので何も表示されていません。

左は殆ど使わないので、詳しく覚える必要はないです。

FileZillaの初期設定

それでは、「パソコン」と「サーバー」を接続するためにFileZillaの設定を行います。

FileZillaの左上にあるアイコンをクリックします。

ファイル>サイトマネージャー でも開きます。

サイトマネージャーが開きますので、「新しいサイト」をクリックします。

「新規サイト」が作成されますので、管理しやすいように名前を変更しておきます。

後で変更も出来るのでこだわる必要はありませんが、サーバー名やサイト名を付けるのが一般的です。ちなみに私は「エックスサーバー」にしました。

名称を変更したら、FTP情報の入力を行います。

FTP情報の入力

FTP情報を入力し、サーバーと接続できるよう設定します。右側の部分にサーバー情報を入力していきます。

設定の方法は下記の通りです。

設定内容
①プロトコル「FTP-ファイル転送プロトコル」を選択して下さい。
②ホスト下記で解説します。
③暗号化「明示的なFTP over TLSが必要」を選択して下さい。
④ログインタイプ「通常」を選択すると、⑤ユーザーと、⑥パスワードが出現します。
⑤ユーザー下記で解説します。
⑥パスワード下記で解説します。

FTP情報の確認方法

FTP情報の確認方法は、エックスサーバーを申し込んだ際に届いたメールサーバーパネルの「FTPアカウント設定」から確認できます。

エックスサーバーを申し込んだ際に届いたメール

サーバーを申し込んだ際に届いたメールに、下記のようにFTP情報が記載されています。こちらの情報を元に入力します。

サーバーパネル

サーバーパネルの「FTPアカウント設定」から、FTP情報を確認できます。

FTP情報を入力したら接続

FTP情報を入力しましたら、「接続」をクリックします。

「不明な証明書」というウィンドウが表示された場合には、「今後もこの証明書を常に信用する」にチェックを入れて「OK」をクリックしましょう。

これで、サーバーに接続されます。

サーバーへファイルをアップロード

サーバーに接続したら、任意の場所にファイルをアップロードします。方法は非常に簡単で、サーバーにアップしたいファイルをFileZillaにドラッグするだけです。

試しに、このサイトのフォルダーにファイルをアップロードしてみます。

FileZillaに接続後、アップロード先のドメインを選択します。

次に、「Public_html」を選択します。

ドメイン直下のフォルダーが開きますので、アップロードしたいファイルをサーバー側にドラッグすると、ファイルがアップロードされます。

 

まとめ

以上、無料で使えるソフト「FileZilla」のダウンロード、設定、ファイルのアップロード方法など解説しました。

通常、FTPソフトを使う事は殆どないかもしれませんが、WordPressサイトに不具合が起きた際、システムファイルを上書きしたり、カスタマイズする時などにFTPソフトを使ったりします。

また、複数の画像ファイルを一括でアップロードしたい時など、FTPソフトでアップロードすると早いです。使用頻度は低いと思いますが、もし、FTPソフトを使うシーンがありましたら、FileZillaを使ってみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
便利ツール
クリエイトエクスプレス