Web集客無料メール講座

ウェブ集客に関するメール講座を期間限定で無料購読できます。

詳細はこちら

CTA(コールトゥーアクション)を設置してユーザーに見てもらいたいページに誘導しよう!

コンテンツの作りこみ

「Lightning」テーマ推奨プラグイン「VK ExUnit(VK All in One Expansion Uni)」、では、CTAを簡単に設定する事が出来ます。

CTA(コールトゥアクション)とは

CTAとは「Call To Action(コールトゥアクション)」の略で、日本語に訳すと「行動喚起」という意味です。ユーザーに取ってもらいたい行動を喚起する(呼びかける)と理解して頂ければと思います。

例えば、資料請求やサンプル請求ページへのリンクボタン、誘導するためのテキスト、オリジナルバナーなどを表示して、ユーザーを行動に導きます。

Lightning推奨プラグインにCTA機能が搭載されてます。

「Lightning」テーマ推奨プラグイン、「VK ExUnit」にはCTA機能が付いており、お好みの画像・リンクボタン・テキストを、投稿、若しくは固定ページの本文下へ表示する事が出来ます。

コンテンツの下に CTA を設置することで、ユーザーの目にとまりやすくし、行動につなげる確率をアップします。

 

CTAの設定方法

それでは、CTAの設定方法について解説していきます。
ダッシュボード>VK ExUnit>メイン設定 を選択します。

「ExUnit」の設定画面が表示されますので、「Call To Action」をクリックし、CTAの設定画面に移動します。

下記の画面でCTAの設定をするのですが、その前に、CTAを作成する必要がありますので、「CTAの一覧を表示」をクリックします。

CTAの管理画面が表示されます。CTAを新しく作成しますので、「新規追加」をクリックします。

CTAの新規作成画面が表示されますので、CTAを作成します。

CTAのタイトルを入力します。

CTAに画像を追加したい場合は「画像を追加」をクリックして、画像を追加します。

画像の位置を「右寄せ」「中央」「左寄せ」で指定できます。

ボタンの表記文言をここで指定できます。例)「ダウンロードはこちら」など

ボタンの表記文言の前後にアイコンフォントを追加できます。

ボタンのリンク先URLをここで指定します。

リンク先ターゲット

CTAに記載するテキストメッセージをここに記載します。

「下書きとして保存」をクリックすると、CTAを下書き保存できます。

「公開」ボタンをクリックすると、CTAを公開可能になります。

CTAのサンプルを作成してみます。

試しに、サンプルで下記のようなCTAを作ってみました。

上記はあくまで一例ですが、このような感じでCTAを作成しましたら、「公開」ボタンをクリックし、公開できる状態にしておいて下さい。

CTAを作成したら公開する

CTAを作成できましたら、CTAを公開します。今回は投稿に表示させるよう設定していきます。

CTAの公開はCTAの設定から行いますので、
ダッシュボード>VK ExUnit>メイン設定 を選択します。

「ExUnit」の設定画面が表示されますので、「Call To Action」をクリックし、CTAの設定画面に移動します。

「Call To Action」が表示されましたら、投稿の右側にある横にあるプルダウン(「表示しない」と記載されているところ)をクリックします。プルダウンをクリックすると、先程作成したCTAが表示されますので、作成したCTAを選択し、「変更を保存」をクリックします。

これで、全ての投稿にCTAが表示されるようになります。

試しに、適当な投稿画面を表示して、CTAが反映されるか確認してみます。

投稿の下部にきちんと表示されている事が確認できます。

様々な表示設定

上記の例では「投稿」に表示させましたが、「固定ページ」表示させる事ももちろん可能です。

その場合、「Call To Action」の設定画面で固定ページの横にあるプルダウンで表示させたいCTAを選択し、保存ボタンをクリックすると、固定ページにCTAを表示させることができます。

ランダム表示も可能

複数のCTAを作成し、プルダウンで「ランダム表示」を選択すると、複数のCTAをランダムで表示させることが可能です。

ページ毎に異なるCTAを表示させる事もできます

予め、複数のCTAを作成しておく事により、ページ毎に異なるCTAを表示させる事ができます。

例えば、記事AにはCTA1を表示させ、記事BにはCTA2を表示させるといったような表示設定が出来ます。

設定する方法は非常に簡単で、投稿、若しくは固定ページ編集画面の下部に、「CTA設定」という項目がありますので、ここで個別表示設定ができます。

記事の最後に表示されるCTAはウェブサイトに興味をもって頂いたユーザーに対して、資料請求やお問い合わせ、メールマガジンの登録を促しやすいので、是非、設置してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
コンテンツの作りこみ
クリエイトエクスプレス