【SEO】ブログ記事の文字数はどれぐらい必要?多い方が良い?

ブログ集客
  • ネットでブログの文字数について調べると「文字数が多い方がSEOに有利」という情報が目に入るけど、実際問題、何文字以上で記事を書くと良いのかな?
  • 「1,000~2,000文字以上」という意見もあれば、「500~600文字でもOK」という意見もあるよ…
  • 1記事あたりどれぐらいの文字数が必要か詳しく教えて欲しいよ。

この記事では、こういった疑問にお答えします。

検索ユーザーの検索意図に関連していれば何文字でもOK

ブログ記事の文字数は、何文字ぐらいあるとSEO的に有利なのか、ブログを運営していれば非常に気になるところだと思いますが、結論から言うと、記事の内容がユーザーの検索意図を満たしているか、あるいは関連していれば文字数はあまり関係ありません

実際のところ、500~800文字前後の記事でも上位表示されている記事を見かけることはよくあります。

ただ、あまりに文字数が少ないと情報不足になってしまうので問題だと思いますが、ユーザーの検索意図を満たしてる・関連していれば、文字数は少なくてもOKだと思います。

検索意図に関する詳しい解説は「SEOにおける検索意図の重要性と、記事の書き方について解説」を参考にして下さい。

Googleも文字数と上位表示は無関係と言っている

検索結果の表示順位を決定する検索アルゴリズムには、文字数を評価して検索順位が変化するというアルゴリズムがありません

この事は、Googleのウェブマスター・トレンド・アナリストのJohn Mueller(ジョン・ミューラー)氏が以下のように発言しています。

Googleには、例えば「100語以下じゃダメ、200から500語ならOK、500語以上で画像も多ければ最高」みたいな、そんなアルゴリズムはない。Googleはそのようには見ていないんだ。

Googleはページ全体を見て、それが本当に他より優れていてユーザの検索意図にかなったものかを評価している。そんなページでさえあれば、文章の長短、画像の量などは好きにしていい。

出典(YouTube):Google Webmasters Hangout

ジョン・ミューラー氏の発言内容を見る限り、文字数を順位評価に加えるようなアルゴリズムはそもそも存在しない、という事が分かると思います。

Google検索のアルゴリズムについては「【SEO】検索アルゴリズムとは?概要から上位表示に取り組むポイントについて解説」でも詳しく解説していますので、参考にして下さい。

重要なのは文字数よりもユーザーが満足するかどうか

ここまでの話の流れをまとめると、

  • ユーザーの検索意図を満たしている・関連していればOK
  • 文字数と検索順位は無関係

という事になりますので、長文を頑張って書いても、検索順位とは無関係という事になります。

 

上位表示されている記事の多くはなぜ文字数が多いのか

そうはいっても、検索で何か調べたりしていると、上位表示されている記事の殆どが、文字数が多いページだったりしますよね。

Googleのジョン・ミューラー氏は「文字数を順位評価のアルゴリズムに加えていない」と言っているのに、実際の検索結果はなぜ、文字数が多いページばかりが表示されてしまうのでしょうか。

検索意図を満たそうとすると、自然と文章は長くなりがち

ユーザーの検索意図を満たすような記事を書こうとすると、文章は自然と長くなってしまいがちです。

例えば、以下2つの検索キーワードで考えてみましょう。

  • 東京オリンピック 開催場所
  • 銀行融資 決算 ポイント

前者の場合、検索ユーザーは東京オリンピックの開催場所を調べているだけだと推察されますので、開催場所の所在地や、最寄り駅、アクセス方法を記載することで、ユーザーの検索意図を満たす事ができると思います。

しかし、後者の場合、検索ユーザーは銀行融資に関する豊富な情報を求めていることが容易に推察されますので、こうした記事は情報量が多い方が、ユーザーの悩みを解決できる確率が高くなりますので、必然的に文字数は多くなります。

結果として文字数が多いページが上位に表示されることに

検索ユーザーの検索意図を満たすことを念頭に記事を書くと、必然的に以下のような流れになってしまいます。

  1. 検索ユーザーの検索意図を満たす記事を書く事を考えると必然的に情報量が増える
  2. 情報量が増えれば文字数が増えてしまう
  3. 情報量が多い記事が上位表示される!

つまり、単純に文字を増やせば検索上位に上がるという事ではなく、検索ユーザーの検索意図を満たすことで上位表示が可能となる。という訳です。

 

結局、長い方が良いの?短くても良いの?

これまでの説明をまとめると以下のようになります。

「検索ユーザーの検索意図を満たした・関連するコンテンツを提供することを念頭に記事を書く」という事を意識して記事を書けば、〇千文字以上等といった文字数を気にする必要は無い。

いくら文字数が多くても、内容が伴っていなければ意味がありません。

検索ユーザーの検索意図を満たした・関連してた記事を書けば文字数は関係無いという事です。

 

まとめ

以上、ブログ記事の文字数は1記事あたりどれぐらい必要か?多い方がSEOに有利か?ということについて解説しました。

記事の文字数が多いと検索上位に表示されるという事はありません。あくまで内容が重要ですので、検索ユーザーの検索意図を満たす記事を書く事に集中しましょう!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました