【ブログ】記事を書くだけで楽に集客できるなんて、幻想ですよ【メンテナンス多過ぎ】

ブログ集客
  • 「ブログで集客する秘訣は記事を投稿すること」と聞いて頻繁に記事を投稿しているけど、アクセス数がなかなか伸びないよ。
  • 実際にブログで集客している人に「どうすればアクセスが増えるの?」と質問しても同じ答えが返ってくるよ。
  • 実は他にもやることがあったりするのかな?

この記事では、こういった疑問にお答えします。

ブログは記事を書いてからがスタート

ブログで集客するには、継続して記事を書くという事が大前提ではありますが、記事を書くだけで集客できる程、簡単ではありません。

数年前であれば、闇雲に記事を書くだけでも集客できた時期もありましたが、現在は検索エンジンも進化しており、闇雲に書いた記事で集客できるほど簡単ではありません。

「SEOライティング」と呼ばれる検索エンジンに好まれる記事の書き方で記事を書き、一度書いた記事は定期的にメンテナンスすることで、順位を上げる事ができるようになるのです。

一度書いた記事は定期的なメンテナンスが必要

よくあるケースが記事を書いたらそのまま放置。というケースです。

筆者も数年前まで書いた記事を放置していましたが、一度書いた記事は定期的にメンテナンスしないと順位はどんどん落ちていきます。

ブログで集客しているというと、「記事を書くだけで簡単に集客できる」と思われがちですが、メンテナンスの手間が結構かかるのです。

 

記事を書いた後のメンテナンスは大きく3種類

一度書いた記事は、時流に合わせて記事内容を修正したり、情報を追加するのはもちろん必要ですが、それ以外にも以下3種類のメンテナンスが必要になります。

  • 内部対策
  • 外部対策
  • 定期的にアクセス解析を行う

上記の通りです。

内部対策

内部対策とは、サイト内部を最適化する施策のことを言います。具体的な項目は以下の通りです。

  • 読みやすさの向上(文字装飾や画像の挿入など)
  • 記事タイトルの最適化
  • 見出しの最適化(階層構造を整える)
  • meta description(メタディスクリプション)の最適化
  • 画像の最適化
  • 内部リンクの最適化
  • 表示チェック(表示スピードチェック)

記事を書いた後は、内部対策がきちんと施されているのか確認は必要です。

ちなみに、上記であげた内部対策の具体的な施策について、「【初心者向け】SEO対策入門【基礎知識から外部対策・内部対策まで】」で全て詳しく紹介していますので、参考にして下さい。

外部対策

外部対策とは、サイト外の対策、つまり被リンク対策の事を言います。具体的な項目は以下の通りです。

  • スパムリンクチェック(サーチコンソール)
  • 被リンク対策(被リンクを増やす施策)

外部対策はそこまで頻繁にチェックする必要はないですが、定期的にサーチコンソールでサイトの被リンク状況をチェックしておいた方が良いです。

定期的にスパムリンクチェックを行いましょう

サイトを運営していると、「あなたの記事が役に立ちました!」という良い被リンクを受ける事がある一方で、海外のスパムサイトからスパムリンクを受ける事があります。

スパムリンクを放置すると検索順位に悪影響を及ぼし、最悪、検索エンジンからペナルティを受ける可能性もあります。

自分で自作自演リンクを貼って、ペナルティを受ける分には納得がいくと思いますが、嫌がらせやいたずらで貼られたリンクで圏外に飛ばされたら悲しいですよね。

なので、定期的にスパムリンクを貼られたりしていないか、チェックした方が良いです。

ペナルティを受ける原因は「Google検索のペナルティを受ける原因や確認・解除方法について解説」で詳しく解説していますので、参考にして下さい。

定期的なアクセス解析

記事を公開した後は、定期的にアクセス解析を行う必要があります。

定期的にアクセス解析を行い、以下の事を把握しておく必要があります。

  • どの記事がどれだけアクセスがあるのか
  • どれぐらい読まれているのか(滞在時間や離脱率など)
  • どこからアクセスしてきたのか(検索エンジン、SNS、リンク等)

これらのデータを元に、今後、どのページを改善していけば良いのか、そしてどのようなコンテンツを増やすべきなのか?という方針を立てることになりますので、アクセス解析は必要です。

Googleアナリティクスは多機能で色々なデータを確認できますが、「【Googleアナリティクス】アクセスの全体像を掴むために見るべき6つのポイント」でも解説しているとおり、6か所のデータだけ確認しておけばOKです。

 

やることが多くて楽じゃないけど継続すれば集客できる

ブログは記事を書いた後、「記事を書いた後のメンテナンスは大きく3種類」で解説しているとおり、メンテナンスが必要になります。

同じようなアクセス数がある2つの記事で試してみると分かりますが、メンテナンスを施した記事と、何もしていない記事を比較すると、その後の伸びが大きく変わります。

新しく記事を書きつつ、過去の記事をメンテナンスするのは手間に感じると思いますが、メンテナンスすることで記事の検索順位が上がり、アクセス数が伸びるようになり、その結果、ブログから集客できるようになりますので、手間を惜しまず、一度書いた記事はメンテナンスするようにしましょう。

 

まとめ

以上、ブログ集客は記事を書くだけで楽に集客できるなんて、幻想ですよ、ということについて解説しました。

ブログは記事を書くだけで集客できると思われがちですが、メンテナンスの手間が多く、簡単ではありません。

でも、継続して取り組めば結果は出ますので、記事を書いた後も定期的にメンテナンスするようにしましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました