Web集客無料メール講座

ウェブ集客に関するメール講座を期間限定で無料購読できます。

詳細はこちら

WordPressのバックアッププラグインは「UpdraftPlus」が簡単でお勧め!設定と使い方について解説

WordPressプラグイン

ウェブサイトを公開するようになったら、小まめにデータをバックアップされる事をお勧めします。

WordPressのシステムアップデート、テーマ変更、プログラムファイルをカスタマイズなど、WordPressを構成するファイルに何かしら変更を加えるような際は、いざという時にバックアップを取っておいた方が良いです。

バックアップを取っておけば、何か問題が発生してもデータを復元するだけで元通りにできます。

「UpdraftPlus」なら簡単にウェブサイトのデータをバックアップできる

難しい方法だと小まめにバックアップするのが難しいと思いますが、「UpdraftPlus」を使えれば難しい操作を必要とせず、簡単にウェブサイトのデータをバックアップできます。

「UpdraftPlus」のインストール

ダッシュボード>プラグイン>新規追加 を選択します。

プラグイン検索窓に「UpdraftPlus」と入力するとプラグインが表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。インストール終了後「有効化」をクリックして、プラグインを有効化します。

メニューの「設定」項目をクリックすると、「UpdraftPlus Backups」という名称でプラグインが追加されたことが確認できます。

バックアップの方法

「UpdraftPlus」を使ったウェブサイトのバックアップは非常に簡単で、数回クリックするだけで、サイト全体のデータをバックアップする事ができます。

ダッシュボード>設定>UpdraftPlus Backups を選択します。

様々なメニューが表示されますが、「今すぐバックアップ」というボタンをクリックします。

ポップアップが浮き出て、バックアップを実行するか聞かれますので、「今すぐバックアップ」をクリック。

バックアップが実行されます。

これでサイトデータのバックアップは終了です。

2回クリックするだけでウェブサイトデータのバックアップが完了しました。

バックアップ済みという項目をクリックすると、バックアップデータが確認できます。

ウェブサイトを復元する方法

ウェブサイトの復元も簡単です。

「UpdraftPlus」の画面に移動し、「バックアップ済み」を選択すると、バックアップ済みのファイル一覧が表示されますので、「復元」ボタンをクリックします。

復元データの選択画面が表示されますので、①下記のようにチェックを入れ、②「復元」ボタンをクリックします。

真ん中にある「アップロードファイル」とは、メディアライブラリに格納されている画像データなので、バックアップの後に画像の追加・変更を行っていなければチェックを外して復元した方が、復元実行の速度が速いです。

これで、バックアップ時にサイトを復元する事が出来ます。

 

「UpdraftPlus」のその他の設定

基本的に設定を触らなくてもウェブサイトのデータをバックアップすることができるのですが、より便利に使うために、追加で設定される事をお勧めします。

バックアップのスケジュール設定

バックアップのスケジュールを設定する事により、自動でサイトデータをバックアップする事が可能です。

設定画面を見ると、「ファイルバックアップスケジュール」と「データベースバックアップスケジュール」と項目が2つあります。

ファイルとデータベースの違いは下記の通りです。

  • ファイル:プラグイン・テーマ・画像や動画等のファイル
  • データベース:記事(投稿・固定ページ)、カテゴリ情報、コメント、管理画面の設定情報など

ファイル、データベース、個別にバックアップスケジュールを設定する事ができますが、全体をバックアップしておいた方が余計な心配をしなくて済むと思いますので、同じように設定しておけば良いかと思います。

1.スケジュール設定

バックアップのスケジュールを設定できます。毎日書く方は1日ごとに設定しておくと良いですし、あまり頻繁に更新しなければ、2週間ごと、月ごとに設定しておくと良いかと思います。

2.バックアップ保持数

バックアップ保持数とは、バックアップデータをいくつ保存しておくか?という事です。こちらは初期設定のままの2にしておくと良いかと思います。

(あまり数を増やしてもサーバーの容量を使ってしまうため)

バックアップデータの保存先の設定

UpdraftPlusは初期設定のままだとWordPressをインストールしているサーバーにバックアップデータが保存されますが、クラウドストレージにデータを保存することができます。

これは非常に便利な機能なので、是非、設定される事をお勧めします。

サーバーにデータを保存するのも良いですが、サーバーが何らかのトラブルを起こした場合、バックアップデータも消えてしまいます(過去、大手企業が運営しているサーバーのデータが全て消えてしまったというトラブルが実際にありました)。なので、外部に保存される事をお勧めします。

ドロップボックスに自動でアップロードできる

色々なクラウドストレージにバックアップファイルをアップロードする事ができますが、今回はドロップボックスにアップロードする方法を解説していきます。

保存先選択でドロップボックスを選択します。

変更をクリックするよう求められますので、画面下にスクロールし、「変更の保存」をクリックします。

下記ウイザードが表示されますので、リンクをクリックします。

UpdraftPlusとDropboxを接続しても良いか、確認画面が表示されますので「Complete setup」をクリックします。

Dropboxの認証に数秒待たされますが、認証終了すると下記のように表示されます。

これで、ドロップボックスにバックアップデータを保存する設定が完了です。

試しに、ドロップボックスにバックアップデータをアップロードしてみます。

「今すぐバックアップ」をクリックします。

バックアップが始まり、ドロップボックスにファイルのアップロードが始まります。

バックアップ完了後、「バックアップ済み」をクリックして確認すると、ドロップボックスにデータがアップロードされた事が確認できます。

Dropboxの保存先

バックアップデータの保存先は、Dropboxの下記フォルダに格納されます。

アプリ>UpdraftPlus.Com

フォルダーは自動で作成されます。

 

まとめ

以上、WordPress構築したサイトを簡単にバックアップできるプラグインをご紹介させて頂きました。

サイトを公開したら、バックアップを取っておかないと何かあった時に復旧できなくなりますので、サイトのデータは小まめにバックアップしておくと良いです。

プラグインを使えば簡単にバックアップできますので、是非、プラグインを導入してみて下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
WordPressプラグイン
クリエイトエクスプレス