Web集客無料メール講座

ウェブ集客に関するメール講座を期間限定で無料購読できます。

詳細はこちら

【Googleアナリティクス】ウェブサイトへのアクセス元を確認する方法

Google Analytics

アクセスアップを考える上で、ユーザーがどのような流入経路を辿ってウェブサイトに辿り着いたのかを把握することは非常に重要なことです。

今回は、Googleアナリティクスでアクセス元を調べる方法を解説します。

アクセス元とは?

アクセス元とは、ユーザーがどのような経路を辿ってあなたのウェブサイトに辿り着いたのか?ということを確認できます。

ちなみに、アクセス元は、「流入元」、「参照元」とも呼ばれています。

ユーザーはGoogle、Yahoo、Bing等といった検索エンジンはもちろん、Twitter・フェイスブック等のSNS、ブラウザのブックマーク、RSSリーダー、ウェブメールのリンクをクリックする等、様々な経路からウェブサイトにアクセスしてきます。

Googleアナリティクスでは、ユーザーのアクセス元を確認する事ができます。

 

Googleアナリティクスでアクセス元を確認する

それでは、Googleアナリティクスでアクセス元を確認する方法について、解説していきます。

Googleアナリティクスの管理画面のデータをWEB上に公開すると、規約に抵触する可能性がありますので、具体的な数字は伏せております。

下記リンクをクリックし、Googleアナリティクスにログインして下さい。

Redirecting...

Googleアナリティクスにログイン後、左側メニューの

集客>概要 を選択すると集客サマリーが表示されます。

 

Googleアナリティクスで確認できる4つの流入元

Googleアナリティクスで確認できるアクセスの流入元は大きく分けて下記4つあります。

  • Organic Search:Google検索やYahoo検索、Bingなど検索エンジン経由でのアクセス検索
  • Direct:特定の参照元サイトが無い場合のアクセスです。ブックマークなどからのアクセスです。
  • Referral:他サイトからのアクセス
  • Social:FacebookやTwitterなどのソーシャルメディア

集客サマリーの画面に表示されている「上位のチャネル」の円グラフを見ると、当サイトは検索エンジンからの流入の割合が最も多いことが確認できます。

円グラフの下を見ると、アクセスの多い順に「Organic Search」
、「Direct」、「Referral」、「Social」という4つのリンクが表示されていますが、リンクをクリックすると、さらに詳細なデータを確認する事が出来ます。

 

Organic Searchの確認方法

Organic Search(オーガニック検索:自然検索の意味)とは、検索結果画面に表示されるURLのリストのうち、広告枠を含まない検索結果の部分をさし、どのようなキーワードで検索されて辿り着いたのか、確認する事ができます。

それでは、「Organic Search」をクリックしてみます。

(not provided)と表示されているだけでキーワードが表示されませんね。

キーワードが表示されず、(not provide)と表示される原因

「not provided」とは、検索エンジンがユーザーの検索キーワードをGoogleアナリティクスに提供しなかった場合に表示されるものです。

Googleが2013年9月からはじめたSSL(暗号化通信)への対応ですが、SSL化によって、検索キーワードの殆どが「not provided」となってしまったのです。暗号化される事により、キーワードが取得できなくなったということです。

ちなみにYahoo!は、2015年8月にSSL化を発表しており、現在は常時SSL化されています。

検索キーワードは確認できないの?

検索キーワードを調べようとしても、Googleアナリティクスでは「not provided」と表示されてしまいますが、Googleサーチコンソールを使えば、検索キーワードを確認することができます。

どの検索エンジンから流入の多いのか、参照元を確認すれば分かる

「参照元」をクリックすると、どの検索エンジンからの流入が多いのか確認することができます。当サイトの例でいえば、google検索が最も多く、次にYahoo、Bing、askとなっている事が分かります。

参照元データは、広告出稿先の判断に役立ちます。

広告を出稿してウェブサイト・ページへのアクセスを増やそうと考えた際、参照元データを元にGoogle、Yahoo、どちらに広告を出稿した方が効果が見込めるのか?という判断に役立ちます。

当サイトの例でいえば、Googleからの検索流入が圧倒的に多いので、Google広告に出稿した方が効果が高いという判断ができるようになります。

 

Directの確認方法

Directとは、特定の参照元サイトが無い場合のアクセスのことをいい、URLを直接入力した場合や、ブックマーク等からのアクセスです。

「Direct」をクリックすると確認できます。

下記のように、上位10ページのダイレクトアクセスのあったページを確認できます。

 

Referralの確認方法

Referralとは、他サイトからのアクセスです。GmailやYahooメール等のウェブメールをクリックした場合もここにカウントされます。

「Referral」をクリックすると確認できます。

下記のように、上位10ページの他サイトからのアクセスのあったページを確認できます。流入元はURLで表示されます。

 

Socialの確認方法

Socialとは、Facebook、Twitter、Google+、Pocket、Pinterest、Hatena Bookmark、Naver、YouTube等といったソーシャルメディア経由でのアクセスです。

「Social」をクリックすると確認できます。

下記のように、どのソーシャルメディアからアクセスが多かったのか、確認することができます。

 

まとめ

以上、Googleアナリティクスでアクセス元を確認する方法を説明しました。アクセス元を確認する事により、広告出稿の判断や、反応の良いSNSなどが分かるようになりますので、ある程度記事数が増えてきたら、小まめに確認される事をお勧めします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
無料メール講座
集客に強いWordPressを活用してあなたのファンを引き寄せる「Web集客無料メール講座」

今なら無料で下記ノウハウが手に入ります。

WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル
売り込まなくても楽に売れるWeb集客ノウハウ
あなたの商品・サービスを必要としている人に届ける方法

期間限定2大プレゼント「WordPressでビジネスサイトを構築するマニュアル」&「Web集客無料メール講座」

PROFILE
この記事を書いた人
瀬間 隆司

上野を拠点に中小企業の資金繰り・事業再生コンサルタントとして活動しています。
最近は自分でウェブサイトを作りたいという企業や、独立された方、独立を考えている方等にWordPressを活用したウェブサイト作り方をレクチャーしています。

他にも、チャットボットを作ったり、業務効率化のためにRPAを研究したり、目新しいものに飛びつく傾向があります。

フォローする
Google Analytics
クリエイトエクスプレス